クリスタEXにできる具体的なこと(Proにはない機能)の詳細

Pocket

クリスタEX
(CLIP STUDIO PAINT EX)は、

まず、クリスタPRO(CLIP STUDIO PAINT PRO)でできることは全部できます。

デジタルイラストを描くことも、PROでできることは全部備わってる。

それプラス、どんなことができるのか?

そこって沢山あって把握しづらかったりしますよね。。。

なので、今回は、

◆クリスタEXにできる具体的なこと
◆EX特有の機能

『複数ページ管理機能』や、そのほか
『PROにはない機能部分を網羅して』具体的に、

・『どんなことができて』
・『どのように便利か』

がわかるようにまとめてみました。
(※やり方自体の詳細ページリンクもあり)

クリスタPROとEXの違い・トータル的な比較、選択のポイントなどは下記のページも参照ください↓

▶︎クリスタPROとEXの違いを比較(選択のポイントはココ!)

このページはこの部分、
『クリスタEXにしかない機能での できること網羅内容』、です↓

EXにできること_EXの機能
クリスタEXにできること_EXの機能

全部一覧で並べるとこんなにあるよ!笑
でも使う人によっては
なきゃ困る、必須機能』でもある…

〜クリスタEXにしかできないことの機能一覧〜〜〜〜〜〜〜

▼マンガ描く・複数ページモノ制作に関わる機能たち↓

(クリックすると詳細内容に飛べます飛べます)

❤︎1、複数ページ管理機能

1-1、複数ページの一括設定

1-2、ノンブルの一括設定

1-3、セリフの一括管理
【ストーリーエディター機能】

1-4、ページの順番変更・追加・削除

1-5、見開きページ結合・分割・トンボ合わせ

1-6、複数ページの一括書き出し・一括印刷

1-7、同人誌/電子書籍フォーマットでの書き出し

1-8、作品情報の管理

1-9、製本3Dプレビュー

1-10、ページファイルの整列管理

1-11、PDF入出力機能

1-12、共同作業の管理

▼マンガ描くことだけでなく
イラスト描くとかアニメーションにも関わる部分たち↓

❤︎2、画像・3D素材を線画とトーンに変換できる

2-1、2DLTレンダリング機能

2-2、3DLTレンダリング機能


❤︎3、特殊プラグインの取り込み
【フィルタプラグイン対応】

❤︎4、4面パレット表示での3D素材レイアウト

❤︎5、本格的長尺アニメーションの制作

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、複数ページ管理機能

◆マンガ描く・複数ページモノ制作に関わる機能たち

そう、この『複数ページ管理機能』は、特にマンガ描くなら避けて通れない作業を効率化してくれるEX特有の機能でもあって、

マンガ描くならクリスタEX』と謳われるメイン部分でもある。

ページモノを作るにはこの機能がないとキツイ!という部分です。。。。

1-1、複数ページの一括設定

*複数ページの設定や製本設定などを一括で設定しておける

マンガ原稿の仕上がりサイズとか、ページ数、表紙の有無、や作品情報などなど最初にまとめてざっと設定しておけて、

後からも調整できるので、ネームなども素早く作れる。
(あとあとの変更や編集にも強い。)

特に❹複数ページ設定、❻ページ番号(ノンブル)設定は超便利↓

01_マンガ制作新規ファイル設定

これが設定できないと、単ページごとにやる必要があって、あとで変更するときなどはまたページ毎に変更ってことになっちゃう。。。。

EXならそういった複数ページにまたがる必要な設定を最初に一括で指定しておけて、あとで変更するのにも、設定し直せば一括連動で処理してくれます。

ページ管理設定のやり方自体はこちらを参照↓

▶︎▷クリスタEX複数ページ設定の基礎【複数ページ管理 Vol.1】

▲機能一覧に戻る

1-2、ノンブルの一括設定

マンガや複数ページものを製本するとき、『ノンブル』というページ番号情報などが必要になってきます。

また、ページを記載しないようなデザインの場合、『隠しノンブル』というのも必要になってくる。。。。

それら、必要な情報を一括で全ページに一瞬で設定したり、編集もできる

(※ノンブル:印刷物のページごとに打つページ順番を示す数字)を一括で打つことができる↓

01_ページ情報_ノンブル

ノンブル(ページ番号)設定で全ページ自動記載↓

ノンブル
ノンブル

隠しノンブル…..
これは、実際には見えなくなる部分に打つページ番号で、ガイドページ番号見たいなもの。コレも一括↓

隠しノンブル
隠しノンブル

ページ毎に手動でやる必要がなく、変更したくなったら設定で変更すれば一括で連動してくれるw

やり方自体の詳しくは下記のページ参照↓

▶︎▷クリスタEXのノンブル設定ってなに?使い方は?の巻【複数ページ管理 Vol.2】

▲機能一覧に戻る

1-3、セリフの一括管理
【ストーリーエディター機能】

マンガには『セリフ』が必要ですよね、

それを『ストーリーエディター』というので一括入力ができ、管理することができる。

セリフってざっとでも何かに書いておきますよね、、、

そのまま全体を把握しながらページ枠に写し書きもできるし、

またそれをメモ帳かなんかにデジタル保存しておけばコピペ一発で流しこみできます。

下図のように、ストーリーエディターは、

ページ単位にブロックが別れていて、ページ最初の枠にそのページのセリフをコピペすれば一発でセリフ(テキスト)の流し込みができる。↓

04_ストーリーエディター

下図のように原稿の右上ザーッと流し込んでくれます↓

ネーム流し込み

一気にでき、セリフのみの羅列でもチェックできるので便利。

そこから全体を見ながら書体を変更したり、自動検索したり、ある文字だけ一括で変更とかもできる。

検索と置換もサクッとできるw↓

05_文字検索と置換

これってマンガだけでなく、複数ページにまたがる制作物でのテキスト管理が一括でできるってこと。

『ストーリーエディター』でできることの詳細、もっと詳しくは下記のページ参照↓

▶︎▷クリスタEXのストーリーエディタでできること【複数ページ管理 Vol.3】

▲機能一覧に戻る

1-4、ページの順番変更・追加・削除

EXには、『ページ管理ウィンドウ』というのがあって、ページ全体の編集ができる。

ページの順番を変えたり追加したり、削除したりなどもラクにできるということ。

下図のように、前後にページ追加や置き換えなども簡単で、ページ管理メニューから指定するだけでできる↓

06_ページ管理メニューで編集

順番の変更もドラッグするだけ↓

05_ページ管理ウィンドウ

変更してもそれに合わせてページ全体の情報を自動で連動してくれるのです!

実際のやり方の詳しくはこちらを参照↓

▶︎▷クリスタEXはページの順番変更・削除・追加が超簡単【複数ページ管理 Vol.4】

▲機能一覧に戻る

1-5、見開きページ結合・分割・トンボ合わせ

見開きで大胆に表現』したい、やっぱり『単ページに戻したい』とかもなどもサクッといけますってこと。。。。

EXの場合なら、作り直さなくとも、

そのまま作ったページで指定するだけで簡単に統合分割ができ、

それにともなってその複数ページ全体の情報も自動的に直してくれる

見開きに変更を選択すれば左右のページが統合される↓

01_見開きに統合

やっぱり単ページにする!なんてのも、単ページに変更をクリックするだけ↓

01_単ページに分割

         ↓

03_ページ分割完了

やり方自体の詳しくはこちらを参照↓

▶︎▷クリスタEXでページの結合・分割【複数ページ管理 Vol.5】

▲機能一覧に戻る

1-6、複数ページの一括書き出し・一括印刷

  • 複数のページをまとめて読みこむ
  • まとめて保存する
  • 一括でファイル形式を指定して書き出す
  • 一括で印刷する

などもできます。

(※iPad版では直接印刷はできない)

例えばページ管理ウィンドウのページを全選択して保存すれば一括で保存ができ、

編集した単ページのみ上書きもできる。

そして、 フォトショ形式(PSD)や、jpg形式、PNG、TIFFなど、指定して一括で書き出すこともできる↓

04_一括書き出しファイル形式

デジタルで制作していると、紙媒体での事前チェックも必須になってきますが、これも複数のページを一括でプリントアウトすることができる。
(もちろん単ページも印刷できる。)

全選択して、ファイル>印刷↓

複数ページの一括印刷

         ↓

ページを『すべて』にすればOK ↓

複数ページの一括印刷_02

これ、ほんと1ページづつ何ページも一回一回印刷するとなるとかなり消耗しますよね….

一括でやれば、その場に張り付いてなくていいのでその間他の作業、制作してられます。。

これもかなり自分の持ち時間の節約になる部分。。。

設定内容ややり方などの詳細は下記のページ参照↓

▶︎▷クリスタEXで複数ページ一括書き出し・一括印刷【複数ページ管理 Vol.6】

▲機能一覧に戻る

1-7、同人誌/電子書籍フォーマットでの書き出し

  • BOOK LINER相当の同人誌入稿支援機能
    (BOOK LINER:本格的な同人誌が作れる同人誌の入稿に特化したアプリケーション)
  • Kindleフォーマット出力機能
    (※Windows版のみ対応)
  • EPUB出力機能
    (EPUB/イーパブ:国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が定めたオープンフォーマットの電子書籍ファイルフォーマット規格

などなど、

書籍フォーマットでの書き出し一括でスムーズにできます。

複数ページの書き出しのメニューに様々な書き出し指定ができるようになっています↓

03_複数ページの書き出し_一括書き出し

EPUBデータ出力とかKindleデータ出力とかも指定できる↓

01_EPUPデータ出力

Macの場合、Kindle出力は、『EPUB詳細設定』で『Kindleフォーマット向け出力』からになる↓

クリスタと Macで Kuindleフォーマットの書き出し_02

同人誌印刷チェックでマズイとこが明らかな場合、アラートが出るようにもできる↓

13_同人誌印刷チェック

さらに、『作品基本設定』を変更して、『同人誌用印刷所を指定設定』して、書き出しもできる↓

04_印刷所を選択設定

印刷屋さんに合わせた設定がしやすいし、各印刷所のサイトURLも表示され、印刷所の規定チェックなども素早くできる、すごいユーザビリティ溢るる仕様になってます。

書籍フォーマット書き出しの全容(同人誌・Kindke・EPUB)詳細についてはこちらを参照ください↓

▶︎▷クリスタEXで同人誌/電子書籍フォーマットの書き出し【ページ管理機能 Vol.7】

▲機能一覧に戻る

1-8、作品情報の管理

作った作品の管理、上記での書籍書き出し形式で保存した作品情報の管理、

出力した内容の確認、どの形式で書き出したかなどもわかりやすく簡単に引っ張り出せるようになってる。

一回書き出すと、クリスタの起動画面の『作品管理』に保存されてます。↓

01_クリスタ作品の管理

また、ここからも作品を選択し、電子書籍用や同人誌用印刷データなどに出力できる。↑

作品情報を書きこんでおくこともできる。↓

03_作本情報の管理

1-9、製本3Dプレビュー

制作した複数ページを製本したらどんなイメージになるのか、

それを『3Dプレビュー画面』で見ることができるってヤツ。

複数ページのマンガや、ページモノ制作が大体完成したら、

ファイル>複数ページ書き出し>製本3Dプレビュー

たったこれだけで3Dプレビューできちゃう。

下の動画は、イラスト冊子的な複数のページを実験的に3Dプレビューしてみたものです↓

これはただ楽しむためのものではなく、(楽しいけどねw)

実際に製本したらどのような仕上がりになるか、仕上がりイメージをリアルに確認することができるってこと。

背表紙の感じや、綴じたノド側は見えづらくなっていないかなどもこれを見れば修正すべき箇所がわかったりします。

マンガコミックだけに限らず、ポートフォリオ冊子や、絵本的なものなんかもイメージしやすくなる。

▲機能一覧に戻る

1-10、ページファイルの整列管理

複数ページは、まとまった『コミックファイル』として保存されますが、

どのページがどのファイルなのかわかるようページ番号で順に『整列して保存』されてます。

そして編集をする際に、

ページを追加したり削除したり置き換えたりした場合でも、

それが連動して変更され、ページ順に格納しくれるw

ページファイル名の整列

1-11、PDF入出力機能

クリスタEX対応のPDFプラグインを購入することで利用可能になる

対応できるようにはできるってことですね。

ただ、購入しないと使えません。

(※iPad版の場合『出力』はできる)

1-12、共同作業の管理

複数のページ作品に対して、複数の人たち(例えばアシスタントさん)と共同で作業することができる。
(※iPad版ではできない)

サーバーや共有フォルダに、共有できる『作業フォルダ』を作り共同作業データとしてアップロードできる環境を作って編集できる。

などなど、マンガ制作の上で便利な機能が満載で効率的に作業ができる機能が充実してる。

▲機能一覧に戻る

❤︎2、画像・3D素材を線画とトーンに変換できる

◆マンガ描くことだけでなく
イラスト描くとかアニメーションにも関わる部分たち

ここからはマンガ制作だけじゃなく、

イラスト描いたりの基本的な部分にも役に立つ機能なんですよね…

2-1、2DLTレンダリング機能

撮影した写真や画像データを読み込み、輪郭線と色面を抽出できる。
(線画とトーンに自動変換

  • LT変換のLTは、
    Line(線) とTone(トーン)ってこと

下図は以前撮った写真風景を読み込んでざっと『線画とトーンにLT変換』(線と色面のトーン)してみたものです↓

元画像

        ↓

クリスタ EXで線画トーンにLT変換

更に下図は、『線画とトーンにLT変換したもの』と『元画像のカラーを編集したもの』を合成して『カラーイラストの背景用』にしてみたもの↓

LT変換&カラー補正を合成

というようなことが簡単に、変換&修正が5〜10分でできてしまいます。↑

  • 輪郭線とトーンを分けて抽出できる
    →陰影やトーン・濃度・線幅などなども好きなように編集できる
    (レイヤーを分けて抽出できるので、更に変換後も調整できる)
  • 撮ってきた写真画像資料をマンガやイラストの背景などに素早く活用できる。
    (自分の描きたいネタに使えるような写真をスマホで撮っておいてそれを素材としてサクサク使え、編集もできるのでオリジナリティあるリアル背景が瞬時にできる)

つまり、

  • マンガの背景やイラストの背景などをすぐに使える状態にできる

ということ。。。

2DLT変換のやり方の詳しくはこちらを参照ください↓

▶︎▷クリスタEXで写真をマンガなどの背景画に一瞬でするやり方【レイヤーのLT変換】

▲機能一覧に戻る

2-2、3DLTレンダリング機能

3Dモデルなどの輪郭線と色面も抽出でき、
(線画とトーンの情報に変換して書き出せる3DLT機能搭載)
それぞれ別レイヤーに変換できるので修正したり加工したりできる。

クリスタの3D素材をフル活用して背景とか作っちゃえるってこと。

       ↓

3D素材のLT変換

※これはクリスタにある3D素材を元に、変換してみたものです↑

これも上記の2DのLT変換と同じく、

  • 輪郭線とトーンを分けて抽出できる
  • 陰影やトーン・濃度・線幅などなども好きなように編集できる
    (レイヤーを分けて抽出できるので、更に変換後も編集できる)

更に3D素材からの場合、

  • 輪郭線抽出はベクターレイヤーに変換もでき、輪郭線を手書きっぽいブラシに変換したり、ベクターレイヤーならではの細かい修正もできる。

クリスタの3D素材を掛け合わせてそこから背景化することもできるし、自分で制作した3D素材からも背景化することが可能になってくる。

これについての詳細は下記のページに書いたので参照くだい↓

▶︎▷クリスタEXで3D素材からラインとトーンを抽出するやり方【3DLT変換の基礎】

▲機能一覧に戻る

❤︎3、特殊プラグインの取り込み
【フィルタプラグイン対応】

これも、

◆マンガ制作だけじゃなく、イラスト描いたりの基本的な部分にも役に立つ機能

EXではCLIP STUDIO PAINTのユーザーによって開発された、

EX用の特殊プラグイン無料でインストールして使える。
(※iPad版では使えない)

→レトロフィルタ・自動影色指定・指定色を置換・自動アニメカラー変・Layer3・放射グロー・レンズブラー・ドロップシャドウなどなどなど。。。

 イメージングプラグイン開発コンテストで受賞された、現場に役立つプラグインを使うことができる。
▶︎CLIP STUDIO PAINT プラグイン

❤︎4、【4面パレット表示】での3D素材レイアウト

これも

◆マンガ制作だけじゃなく、イラスト描いたりの基本的な部分にも役に立つ機能

同時に4方向から3D素材を確認可能(3Dレイアウト機能でPROより優れてる部分)

3D素材をレイアウトするとき、4方向から写された画面を確認しながらポーズ・構図を調整できるので、

いちいち向きを変えながら調整せずに素早く的確に調整できるようになる↓

3Dの4面パレット

※これはクリスタにあるキャラ素材をそのまま使わせていただきまして試してみています↑

3D素材のレイアウトは、慣れないうちは全然うまくポージングできません笑

なんかとんでもないポーズになってしまったり、おかしな構図になっちゃったりします。

例えば、机素材の上に本素材を乗せたつもりで1面でレイアウトしている場合、

構図を変えて見ると、『宙に浮いてた!?』なんてあるんですが 笑、

4面で確認しながらだとわかりやすく、その画面のまま宙に浮いてる面で調整できて便利。。。

3D素材を使って描きたいアングル、ポーズを元に違和感のないよりリアルなものを描きたい場合も多いと思いますが、

そんな場合も、4面図パレットを使えば素早く下準備できてやりやすくなる。

EXの素材を効率的に組み合わせて使えば参考資料の準備などに割く時間も短縮できる。。。。

誰でもEXというアシさんに気軽に好きなだけ助けてもらえるなんてすんごい時代ですよね。。。

▲機能一覧に戻る

❤︎5、本格的長尺アニメーションの制作

  • EXでは『24フレーム以上の本格的な長尺アニメーション制作ができる。

(※クリスタでは、EX以外はフレーム数24まで)

その他、

*【アニメーションセル・タイムシート出力】

→編集中のアニメーションのタイムラインパレットの内容を、タイムシートとしてCSV形式のファイルで書き出し可能

※CSV形式ファイル
色々なアプロケーションで開ける形式なので異なる環境・別のアプリケーション間でのやりとりなどによく使われる形式→Excelなどの表計算ソフトでも開ける。

*【東映アニメーションデジタルタイムシート連携機能】

→東映アニメーションが開発してる紙のタイムシート形式を受け継いだWindows用の編集ソフトで、

EXではこれと連携が可能で、このシートで確認しながら作業できるとのこと。
(※Windows版のみの対応なので、Mac版や、iPad版では使えない)

*【OpenToonz シーンファイル】

編集中のアニメーションを、OpenToonz向けのファイルで書き出し可能。
(※iPad版では使えない)

OpenToonzとは
2Dアニメーション制作ソフトウェアで、
イタリアのDigital Video社が開発し、株式会社スタジオジブリのカスタマイズを経て、ジブリ作品の制作に使われてきたソフトウェア「Toonz」が基になっている。


ドワンゴはDigital Video社とスタジオジブリの協力を得て、このOpenToonzのプロジェクトを開始。
スタジオジブリ作品で使われている。
▶︎https://opentoonz.github.io

などなど、本格的アニメーション制作対応が可能になっている。

そしてそれ以前の問題として、

PROでもアニメーション制作できますが、

フレームレート(fpt→1秒間で表示できるコマ数)は、最大24フレームまで。

で、

なめらかな動きにするには、

通常、1秒24コマが基準になってる。。。。

PROの場合フレームレートが 24までなので、滑らかなアニメーション通常基準の24でやる場合、『1秒』になる 笑。

1秒以上のを作りたい場合、1秒に使うフレームを少なくする必要が出てくる。

もちろんそういったことも実際多いし、LINEアニメーションスタンプとかならPROでも作れます。

(※LINEのアニメーションスタンプは20フレーム・4秒までなので作れます。)

ただし、基本的には、1秒に使うフレーム数を少なくすればするほど動きが大雑把になり、不自然になっていく。

そこは加減だし、逆にフレーム数多くして作って再生してみると違和感が出る動きになる場合もある。笑

ちゃんとそれなりの動きの描写を描けてないと当然なんか変になって滑らかにならない 笑

ただ、

単純に長めのアニメーション作る というのもPRO単体では基本的にできないということ。

もしくは他の媒体と併用して使うという手もあるけど、

EXだとEXのみで長尺の制作ができるので手間も省ける。

EXなら、本格的なアニメーション制作を目指せるってことですね。。。

クリスタでアニメーションの基礎的な部分で試して練習してみた内容はこちらw↓

▶︎▷クリスタでうごくイラストを描く〜パート1

▲機能一覧に戻る

これで大体全部かなと….

クリスタEXはこのページに書いてあることプラス、

イラストを描くための機能も、もちろんある

クリスタPROにできることは全部できる

複数ページにまたがる制作物、マンガ描く、長いアニメーション制作などもするとかなら、クリスタEXの機能は必要かなと….

クリスタはPCで使うなら、公式サイトからのDL版(永久ライセンス)がお得です。

セルシス公式サイト
▶︎CLIP STUDIO PAINT EX

料金形態がわからない方はこちらを参照↓

そして現在クリスタPROを持ってる人はEXにアップグレードも優待価格でできるので、制作が難航してるようだったらアップグレードしたら解決することも多いんじゃないかな思う。

アップグレードやそのやり方、優待価格などを知りたい方はこちらをどうぞ↓

クリスタPROとEXの違いの全容・比較、選択のポイントなども参照↓

ってことで

楽しいクリエイトあれ!

しゃらんるわあぁああああああ❤︎

▲機能一覧に戻る

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

関連コンテンツ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 4 =