【ペンタブ・液タブの用語集】性能とか仕様項目の内容チェック!

Pocket

ペンタブ・液タブを選ぶとき、その仕様を見ても

その仕様・性能の用語・単語の意味自体が専門用語でわからんわ!

ってなりませんか?…笑

なので、

◆ 『ペンタブ・液タブ関連の用語集』

作ってみました。

調べたり実際にメーカーさんに訊いたり、お店での会話などで知ったことなどのまとめです。。

気付いたらまた足していきます!

ペンタブ 液タブ 用語集
〜〜目次〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、筆圧最高レベル

❤︎2、傾き検知

❤︎3、読取分解能・ペン解像度・読取解像度・ディスプレイ効果(mm / lpi )

❤︎4、応答速度・読取速度・反応速度・レポートレート(ms/PPS/RPS)

❤︎5、読取精度

❤︎6、パッシブペン・アクティブぺン

❤︎7、読取高さ

❤︎8、色域(sRGB・adobeRGB・NTSC)

❤︎9、画面解像度

❤︎10、視野角

❤︎11、アンチグレア

❤︎12、IPS液晶・VA液晶・TN液晶 (LCD/TFT)

❤︎13、視差・ダイレクトボンディング

❤︎14、コントラスト比

❤︎15、画素ピッチ

❤︎16、エクスプレスキー・ファンクションキー

❤︎17、HDとFHD(フルHD)の違い

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

❤︎1、筆圧最高レベル

『筆圧最高レベル』とは、

筆圧の反映力・感度・性能』を段階的に数値で表したもので、
その機種での最大値』を表す。

『筆圧』とは、描画するときの力加減、圧力みたいなもの。

使うソフトで対応されてないものや設定でその最大値までフル活用できない場合もあるのでそこは注意点。

デジタルで絵を描く上でアナログに近い感覚で描く、より表情豊かに描くために欠かせない機能部分といっていい。

筆圧のレベル段階は、

  • 256
  • 512
  • 1024
  • 2048
  • 4096
  • 8192

となっていて、数値が大きいほど性能が高くなる

絵を描くペンタブ・液タブでは、以前までは2048レベルが高い方だったけど、その一般的な性能の数値はどんどん上がってきていて、

現在では2048レベルのものが絵を描く最低ラインになりつつある印象。

さらに、8192レベルという最高レベルのものでも中華製のペンタブでは当たり前の性能のように低価格でもほとんど8192レベルになってたりする。。。。。

❤︎2、傾き検知

傾き検知とは、

ペンの傾きを感知してくれる機能部分

ペンの傾きを認識してくれることにより、塗りの表現の濃淡なども楽に反映させることができる。

傾き検知機能がなくとも、ブラシの濃度調整など、やり方によってはカバーできる部分でもあるけど、この機能があることによってより自然に簡単に表現の幅を広げることができるので、繊細な絵の表現を楽にするにはあった方がいい機能

性能の表示としては、

  • 『±60°』等の角度を数値で明確にしているもの
  • 『傾き検知あり』的な表現のもの

とがある

そして傾き検知機能も、対応されたソフトでないと無効になる、また、設定しないと反映されない・フル活用できない場合があるのでそこも注意点。

❤︎3、読取分解能・ペン解像度・読取解像度・ディスプレイ効果(mm / lpi )

読取分解能とは

ペン先がタブレット上を通過するときの検知ポイントの間隔
(読取速度の性能にも結果は影響してくる)
→ これはWacomさん表記で、『mm』表記

  • mm』記載の場合、値が小さいければ小さいほどより細かくキャッチでき、性能がいい

ペン解像度・読取解像度・ディスプレイ効果 等とは、

これも上記と同じようなもので、間隔と言うよりか、密度、『LPI』で表記したもの。

lpiとは、lines per inchの略
1インチあたりの網点の密度。
スクリーン線数(線数)の単位で、長さあたりの網点の密度的なもの。

  • lpi 』記載の場合、数値が大きいほど密度が高く性能がいい

主に、Wacomでは『読取分解能』『mmで記載されていて、HUIONやXP-Penなどのメーカーでは、『ペン解像度』や、『読取解像度』などとして、『lpiで記載されていたり、液タブでは『ディスプレイ効果』で『lpi』となってたり様々w

例えば
Wacomの場合は『読取分解能』表記で、
Intuos:最高0.01mm、
Intuos Pro:0.005mm 、
Cintiq Pro:最高0.005mmなど。

国外製品の場合は『ペン解像度』や『読取解像度』『ディスプレイ効果』などの表記で、
5080 lpi などになっています。

この場合比較がよくわからないですよね 笑

で、

よく見ていくと、Wacom Intuosの記載で、最高0.01mmの欄が、2540lpiになってるのがありました。↓

Wacom Intuos 読取分解能 lpi表記

▶︎https://www.wacom.com/ja-jp/products/pen-tablets/wacom-intuos#Specifications
仕様の『さらに表示』を開くと出てきます。

つまり、最高0.01mmに値するのが、2540lpiってことになる。

で、Intuos Proには lpi 記載がないんですが、0.005mmなので、その倍、5080lpiなのではないかと…..

比較して色々見ていくと、ハイスペックなものはだいたい5080lpiなのでこれが理想の値かなと….

ただ、Intuosはとても描き味が良いので、こだわりすぎる必要もないかなと。。。

❤︎4、応答速度・読取速度・反応速度・レポートレート
(ms/PPS/RPS)

項目としての記載は、各メーカーマチマチですが共に、

描画の反映速度に関わる部分

この部分の性能が低いと、描画の際の『遅延』・『タイムラグ』につながってくる部分。

『応答速度』とは

画面上でのある色からある色へ変化するまでの時間を指し、単位は『ms』で表されている。つまりペンタブでは『液晶タブレット』で記載されてる項目。

応答速度が短ければ短いほど(この数値が小さければ小さいほど画面上での移り変わりが速くなり、なめらかになる。

絵を描く時の遅延・違和感なくするには、『25ms以下の数値』が理想とされているけど、その人の描き方によっても体感速度・許容範囲は変わる

そして重要なのが、この速度が速くとも、

  • それを動かすPC本体のスペック(CPUパワー等)
  • 描画する原稿サイズ・原稿ボードの解像度

この部分も描画反映速度に大きく影響するので、そこも念頭に入れておかないとな注意点です。

絵を描くためのパソコンスペックなどについては下記の内容参照↓

▶︎デジタル(パソコン)でイラストを始めるために必要なものと費用

『読取速度』とは

ワコムの板タブメインに記載されてる項目で、
上記の『読取分解能の検知ポイント』で、1秒間の移動に対する反応速度

→133ポイント/秒とか、133ppsなどで表され値が大きいほど反応は良くなる
(上記の『読取分解能の性能』にも結果は当然関係してくる)

PPSって?
基本的には、packets per second パケット毎秒の略
→1秒あたり処理できるパケット数(情報の伝送単位で一定の容量に区切ったまとまりのこと)を表す単位。
→主にWacom/Huionなどの記載で使われてる。

『反応速度・レポートレート・ペン解像度・ディスプレイ効果』』とは、

HUIONやXP-Penなどの海外ペンタブメーカーなどでよく記載されてる項目
上記の読取速度と同じようなものです。

→266RPSとか、≧220RPS、266PPSなどで表され値が大きいほど反応は良くなる

RPSって?
revolutions / rotations per second 回毎秒 / 回転毎秒の略
→回転などの周期的現象が1秒間に繰り返される回数を示す単位。
→主にXP-Penなどの記載で使われてる。
→HUION機種では、反応速度やレポートレートなどの項目でppsで記載されている。

または、『ディスプレイ効果』で『LPI』表記とか、
更に、反応速度14ms、ペン解像度5080lpi など両方ちゃんと記載がある場合もあったり。。。

各メーカーをまたがった比較をする場合非常にわかりづらいですよね。。。

PPSとRPSの数値を全く同じ土台として解釈できるのか?というとメーカーでの製造の仕方、根底の構造の違いもあるので、全体のバランスで見ていく必要があるように思う。

基準として上げてみると、

Wacom板タブの場合でですが、反応速度、133ppsで問題は感じませんでした。
ただ、共に266pps、266rps で高速!というような機種が海外製で多いのも事実です。

そしてこれは環境(他の機能の数値)例えば読取分解能や、PCスペックなどなどによっても変動する部分でもあるし、性能全体のバランスで体感は変動する部分でもあるかなと。。。。

❤︎5、読取精度

読取精度とは、

ペンを置いたときの位置情報の誤差の最大値

→パネルボードの端に行けば行くほど誤差が出やすい
(値が小さければ小さいほど誤差は少なく、±0.25mmなどの表記

これは板タブにも液タブにもだいたい記載がありますが、記載がない機種もある。

記載は中央部分の誤差表示が多い。
『端で描くと結構ズレる』というレビューなんかもよくありますよね。。。

❤︎6、パッシブペン・アクティブペン

スタイラスペンには、『パッシブ方式』『アクティブ方式』があり、

単純に言えば、

  • 『パッシブ方式』は充電・電池がいらない仕組みになってるもの。
  • 『アクティブ方式』は充電・電池が必要なもの。

で、基本的には『アクティブ方式』の方がパワーや感度が良く、操作的には安定しやすい。

ただ、Wacom社では充電しないでも精密に描画できる方式を独自に開発し、Wacomではそれが当たり前の機能・性能になっていて、ユーザーにも支持されている。

そして、充電が必要な『アクティブ方式』は、中国製のペンタブ・液タブでは主流だったが、『充電のストレス』により、そこも比較され、Wacomのペンタブが一枚上と認識されていた。

んが、

現在では中国製のペンタブ・液タブでもほとんど『パッシブ方式』が採用されるようになった。

Appleのスタイラスペンは、描き味が素晴らしいと絶賛されているけど、充電が必要な方式を貫いてるからでもあるように思う。

ただ、定期的に充電しなければ使えないのはやはりストレスだし、そのせいでApple Pencilは細い形状のペンしかないんだと思う。

個人的には開発されて充電不要になっていくのでは?とも思うけどどうなんだろう?

❤︎7、読取高さ

これは読んで字の如しですが、要するに

ペンタブレットとペンを近づけた時の反応し始める距離、検知エリアの高さ。

5mmとか7mmなどですね。。。

❤︎8、色域(sRGB/adobeRGB/NTSC)

まずデジタル機器での色域とは?ですが、画面上の色セットみたいなもの。

基本的に機器によってそのセットは様々なので色の見え方は全く違ってきますよね。

で、そのままだとあまりにもギャップがありすぎて色の再現が成り立たないので、基準ってあります。

基準は主に3つ↓

  • 国際基準規格では『sRGB

これは、IEC(国際電気標準会議)が作成した国際規格で、グラフィック界でも基本的にはこれが標準規格、基準とされてきました。

  • adobe規格『adobeRGB

これはadobeによって定義された規格で、sRGBより表現幅が広い。
現代ではデジタル機器全体の性能が上がってきたので、sRGB規格では表現仕切れない鮮やかな色域表現が可能なものが増えてきたので、adobe規格の『adobeRGB』が持ち上げられるようになり、現在の主流になりつつあるというか、よく目にします。

  • アナログTVの色域規格『NTSC

これはアメリカテレビ方式委員会が作成したカラーテレビの色域規格。

つまり、

ペンタブ系で言えば、

  • 液タブ』のモニターの基準としてる色域カバー率

が、ここの項目に記載されてます。

adobeRGB 80% などの記載の場合、adobeRGB規格での色表現なら80%くらいまでは『色合わせ』したら再現できる能力がありますよ。ということ。

sRGB 80% なら、sRGB規格での色表現の80%くらいまでは『色合わせ』したら再現できる能力がありますよ。ということ。

ここで注意点は、

基本的には工場出荷時にある程度その基準に色合わせしてあるようですが(Wacomさんではしてるとのこと)これって環境によって見え方が変わるし、そもそも合わせた環境が違うので、そのままでは自分の環境で基準値に近い色、カバー率にかなった色で表示されることは期待できない部分でもあり、

なおかつ、モニターの色って狂ってきます。

正しい基準値に近い色で表示させたい・カバー率を最大限活用したいなら、定期的にカラーキャリブレーション等の専門機器で、自分の環境での『色合わせ』が本当は必要

なので、ちゃんと色合わせする必要が出てきたときに対応できそうか?のチェックになってくる。

模写、既存のキャラの再現などの仕事をする場合には特に重要なポイントの1つになってくると思う。。。。

ただ、、色合わせ云々以前に、機器によって、そのままの色でもギャップがあまりなく描きやすい、とか、色のギャップがありすぎて描けないなどのレビュー等様々なので、その辺りは製造時期や梱包された時期、メーカー、運などによっても変わってくるのかなと……

それと、表記のされ方も各メーカーで、そしてメーカー内でも結構マチマチだったり。。。

『カバー率〇〇%』とはっきり記載されてるものと、『〇〇%sRGBとか、〇〇%adobeRGB』などなど。。。。。

『カバー率』と『面積比』というのがあるらしく、『面積比』の場合は更にその表現力のズレは結構あるようです。

後者のが『面積比』でのものなのか記載されてはいないのでわかりませんが、

実際にその商品のレビュー評価などをチェックしてみると、色域に満足してない方が多い印象です。。。。

❤︎9、画面解像度

画面解像度とは

色情報を持つ画像を構成する最小の四角い点の縦横の数

最小の四角い点は、ピクセル・画素と表現される。
(画素=ピクセル):色情報を持つ画像を構成する最小の四角い点

解像度はよく300ppiとか350dpiとかで表現されるけど、
画面解像度の場合は単純に、縦横のピクセル数でその密度を表すので、

4K(3840×2160)とか、フルHD(1920×1080)とかの記載になる。

値が大きいほど表示領域が広くなり、情報量は多くなる。
そして記載されてるのはその最大値。

解像度は3840×2160から1920×1080などに変更することも可能。

基本的にはPC画面に合ったものがやりやすいかなと…….

❤︎10、視野角

これも液タブでの項目ですが、

液晶って正面から見たときはちゃんと見えるけど、少し横から見ると、黒く見えたりしてちゃんとモニターできる領域が機器によって差があります。

その領域、モニターできる角度の範囲

水平176°/垂直176° とか、単純に178° などの記載になってます。

より角度が広い(数値が大きい)方がもちろんいいですよね、、、、

参考として。。。

Wacomでは128°から、176°とか。

HUIONやXP-Penなどのメーカーでは178°というほとんど180°などもあり。

まぁどう使うのかにもよると思いますが、すこしモニターを立てて角度つけて描くとかはあるだろうし、

描きながら横の人に見せるとかそういうシュチュエーションが多い場合もあるでしょう。

なのでチェックはしておいた方が良いとこだし、狭すぎるとやはりストレスになる部分ではあるでしょうねぃ…..

❤︎11、アンチグレア

液晶には『アンチグレア』と『グレア』とがあり、

『アンチグレア』とは、
『ノングレア』とも言われるもので、反射や写り込みを抑えた液晶で、目に優しく、描くための液タブではこちらがメインになってくるでしょう…

対して、

『グレア』とは、
光沢液晶タイプで、反射や写り込みも生じますが、発色やパッと見はキレイ。

❤︎12、IPS液晶・VA液晶・TN液晶 (LCD/TFT)

IPS LCD とか、IPS TFTの記載がありますよね、

まず『LCD』も『TFT』も液晶ディスプレイですが、

『LCD』は、

液晶ディスプレイ(えきしょうディスプレイ、liquid crystal display、LCD)は、液晶組成物を利用する平面状で薄型の視覚表示装置をいう。それ自体発光しない液晶組成物を利用して光を変調することにより表示が行われている。

▶︎https://ja.wikipedia.org/wiki/液晶ディスプレイ

次に『TFT』は、

TFT
Thin Film Transistorの略で、アクティブマトリクス方式を利用した液晶ディスプレイの一種。利点:表示がキレイで応答速度が高く、またコントラストや広い視野角を実現可能。弱点:STNと比べて製造コストが高い。

▶︎https://www.weblio.jp/content/TFT

『TFT液晶』には、駆動方式が3つあり、

IPS液晶・VA液晶・TN液晶などがある。
(価格は、高い→比較的安価 の順に記載してみました)↓

IPS液晶
日立が出した、視野角の広さを特徴とする表示方式の液晶。
んが、応答速度は他よりやや劣る。

VA液晶
特徴としてはコントラスト比が高くメリハリのある液晶。
視野角はIPSよりは劣る。

TN液晶とは
比較的安価で、消費電力も少なくて済むが、視野角は狭い。

そして、『LCD』も『IPS』の製造を開始した。。。

どれがいいとは非常に判断しづらい感じですが、内容からすると、
絵を描く液タブでの適正を考えると『IPS TFT』が一番素敵かなと。。。

ハイスペックの『液タブ』ではTFT IPS方式が採用されてるのが多い。。。

だからその分、高額になっちゃうってことですね。。。。

❤︎13、視差・ダイレクトボンディング

『視差』とは?

ペン先を置いた場所に(直接見た通り場所に)違和感なく線が描けるってことが液タブの場合重要なポイントになってきますが、

液タブの場合そのズレを『視差』とか言う。

液タブ画面の表面の感じや、全体的な性能によって、その『ズレ(視差)』があって描きづらいということが起こる。

ちなみにWacomのCintiq Proではその『視差』がほとんどというか全く感じないで描けました。。。。↓

▶︎ワコムペンタブのおすすめは?描き味試してきた!(プチ動画あり)参照

『ダイレクトボンディング』とは

これは上記の『視差』を限りなく少なくした製品のことで、
液晶パネルとタッチパネルの隙間を埋めてはり合わせる技術のことのようですね。

ワコムではCintiq ProシリーズやMOBILE STUDIO PRO などで採用されている。

❤︎14、コントラスト比

コントラスト比とは

画面での一番明るいところ(白)と一番暗いところ(黒)の『輝度の差』を比率で表したもの。

コントラストが高いとメリハリ感があって、シマって見え、シャキッと見え、距離があっても認識しやすくなる。

逆に低いとふわっとした感じに見える。
(柔らかく見えるとも言える)

で、コントラストが高ければ高いほど良いのか?というと好みの違いもあると思うし、近くで見る・描くぶんには高コントラストだと目は疲れる。

なので実際には高コントラストにして描くよりほどほどが良いかとは思う。

ただ、『コントラスト』になると、その表現力の幅なので、高い方が高スペックと言えそう。

液タブ王のWacom Cintiq Proの上位機種では1000:1!

❤︎15、画素ピッチ

画素ピッチとは
基本的には画素の中心から隣の画素の中心までの距離で、単位は長さの単位になる。
1μm(マイクロメートル)とか、0.001mmとか。

◆画素とは
ピクセルとも言い、色情報を持つ画像を構成する最小の四角い点(正方形)のこと。

◆画素サイズはその最小の点の大きさ。

なので画素ピッチって画素サイズと基本的には同じ長さになるので、同じとして扱われてる場合も多いというか、区別して考える必要はそんなにない感じ。

注意点としては、

画素ピッチ・解像度・モニターサイズの関係で表示される文字などの大きさが変わってくるので、そこは見やすさなどに関係はしてくるかなってこと。

画素ピッチ・画素サイズの値が大きければ、同じ画素数(同じ画面解像度)でも画像は大きく見える。

例えば文字を見たとき、
大きなサイズのモニターで画素ピッチが小さいものと、
小さいサイズのモニターで画素ピッチが大きいものを見たとき、
解像度が同じでも、大きなサイズのモニターの方が文字は小さく見えてしまうなどが起こる。(私もパソコンでこれ経験あります 笑)

つまり、画像数(解像度)が同じでも、大きな画面のものに変えた場合、画面の中の画像たち(文字とかアイコンとか表示されるもの)が、これまでより小さく表示されてしまうということが起こりうる。

じゃ画素サイズ大きければいいの?となるとそうとも言えない。

それは画面の大きさとのバランスや、個人の感覚での適正な見やすい大きさのバランス、これまで使ってきたものとの慣れの感覚、視力などなどによって変わってくる。

そして画素サイズが大きく、それに伴って画素数が少なくなるとそれはつまり解像度は下がる。

なので解像度(画素数・画素ピッチ)とモニターサイズと自分の感覚のバランスを図らないとならない。。。。。

でもこれって・・・・・ですよね 笑

なのでそこが気になるのであれば、自分が見やすいと感じるパソコンなどのモニター画面のサイズ・画面解像度・画素ピッチをチェックしてみるのが良いかも。。。。

❤︎16、エクスプレスキー・ファンクションキー

エクスプレスキー・ファンクションキーとは、
動作を設定で割り当てカスタマイズできるボタン。

❤︎17、HDとFHD(フルHD)の違い

記載でよくある『FHD』…

で、『HD』もありますよね…..

これは。。。。。

画素数の違い』、つまり『画面解像度の違い

  • HD(ハイビジョン)は『1280×720』
  • FHD(フルハイビジョン)は『1920×1080』

ってこと。

とりあえずそんなところです!

ってことで、

楽しいクリエイトあれ!

しゃらんるあぁああああああ❤︎

『板タブ』『液タブ』『タブレットPC』全部含めて選ぶ際にチェックしておいた方がいいポイント・選び方についてはこちらを参照↓

ワコムのペンタブたちがすんごい描きやすく進化してる!描き味を動画含めてレビュー↓

▲目次へ戻る

\(`^`)b ( ̄v ̄)ゞ

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

関連コンテンツ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + seventeen =