デジタル(パソコン)でイラストを始めるために必要なものと費用

Pocket

2019.10.21⇅

イラスト、絵を描いていてデジタルに切り替えたい、またはこれからデジ絵描いてみたい!と思っても何をどう揃えれば良いのか?どう選べばいいのか?費用はどのくらいなの?ってわかんないですよね?

なので色々試してみてわかったことをまとめてみます。

これからデジ絵やりたいって方の参考になれば幸いです。

デジ絵始めよう!w

Humanoid B
〜〜目次〜〜〜〜〜〜〜〜〜

0、デジ絵で必要な機材・環境

1、まずはPC

*1-1、デジ絵PC購入にあたっての注意点

*1-2、CPUパワー・メモリ・本体ストレージ容量

*1-3、モニターチェック

2、ペイントソフト・アプリケーション

3、ペンタブ
(*とりあえず低価格で始めたいなら
*CLIP STUDIOを使いたいなら)

4、トータル価格はどのくらいかかるの?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

♥0、デジ絵で必要な機材・環境

まずはざっと必要なものを並べてみます。

  • PC、またはタブレットPC等
  • ペイントソフト(イラストを描くためのソフト・アプリケーション)
  • ペンタブまたはスタイラスペンなど
  • 描いたものを保存するHDD等

などです。

0からデジ絵を始めるための最初の選択肢としては、

  • PC&ペンタブ(液タブ含む)&ペイントソフト

か、

  • タブレットPCタイプ&ペン&ペイントソフト

になる。。。

タブレットPCタイプ&ペイントソフトは、1から揃えるなら選択肢が結構増えちゃう上に現地点ではまだ単体だけでは不自由な面もあったりします。

なので今回は初歩的な

パソコン(以下PC)&ペンタブ&ペイントソフトで話を進めていきます。

♥1、まずはPC

現在PCがあるのならまずはそこから始めてみてどうか?でいいと思う。

ただ、これからPCも購入したい、という方は、どうせならちゃんと長く使えるものを選択したいですよね。

そしてどちらにしてもPCスペック知識はあった方がいい。

*1-1、デジ絵PC購入にあたっての注意点

チェックしなければならないことは、

  • CPUパワー
  • メモリ
  • 本体ストレージ容量
  • モニター力
    (グラフィックス)

です

*1-2、CPUパワー・メモリ・本体ストレージ容量・グラフィックス

実際私が使っている中で感じる必要スペックは……

あ、ちなみにあーた誰?となるかもなので一応書きますが、
Photoshop歴:12年・Illustratore歴:6年・Clip Studio Paint歴:2年で、
Windows XP〜10(計4台)、Mac OS Snow Leopard〜Mojava(計4台)と使用してきています。

その経験を経ての体感数値として記載します。

  • CPU:i5以上2.5GHz以上
  • メモリ:8GB以上
  • 本体ストレージ:256GB以上

大雑把な書き方ですが、板タブでもこのくらいは最低欲しいところかなと。。

この基準はやり方で変わる部分もあるけど、実際私が使ってみての最低基準に感じたスペックです。

これでも大きなファイルサイズ・解像度にはしないで、アイコンイラスト、ちょっとしたお絵かきとかだと結構いけるにはいけるけど….)

今私は、

  • CPU :2.7GHz Intel Core i7、
  • メモリ:16GB、
  • グラフィックス:Radeon Pro 460 4096 MB/
    Intel HD Graphics 530 1536 MB

を使っています。

ある程度対応できるサイズ・解像度で描くには、これ以下にならない方がいいかなと…

特に、『液タブ』を扱う場合は、『描画での遅延』にも繋がりやすいので、上記以上が理想かなと、、、、

そして本体ストレージは、SSDの方が断然良いです。HDDだとadobe CCシリーズ立ち上がりややトロいです 笑
(CLIP STUDIOはサクサクでだけど..)

更に本格的に描きたいならグラボはそれ用にある方が本当は良いけれど、とりあえず描いてみたいというのなら、

  • CPUはi5以上2.5GHz以上
  • メモリ8GB以上
  • 本体ストレージ500GB以上(最低でも256GB以上)

が最低ラインになってくると思う。

メモリは4GBだとかなり、かなり厳しいと思った方がいい(作業途中で固まったり落ちたりする)

印刷にも耐えうるデジ絵を描きたいなら、最低上記のスペックを検討してみてください。

できればメモリは8GB以上で、しかも増設できるものが良い。

スペック低いものを購入しちゃっても後悔する可能性が高い。

できるだけPCのスペックは高めにしておいた方がいいってことです。
(※
あくまでもこれを機に揃える場合の話しです。PCがすでにあるならまずそれを活用してソフトやペンタブでやってみてどうかを感覚で試すのが良いと思う。
そのPCでの環境・作業重度などによって個人差もあるので……)

どの程度のものを描く予定なのかによっても変わってくると思いますが、デジタルで絵を描く最大のメリットでもあるレイヤーで重ねて描けることをある程度生かせるためにも、最低限のCPUパワーは欲しいところです。

レイヤーって何?という方は下記のページを参照ください↓

▶︎デジ絵、デジ画像でのレイヤーとは?わかっておくと便利なこと

ということで、できるだけ低価格で高スペックにする工夫も必要。

PC購入を考えてる方は、『BTOパソコン』がお得に高スペックが狙えるので、合理的に考えられる方はチェック&検討してみるのをおすすめします。

BTOパソコンとは、『受注生産』のパソコンで、出来上がったパソコンを購入するのではなく、用途に合わせてパーツをカスタマイズ選択できるので合理的です。

ドスパラ』なんかが有名で、クリエイター向けとかイラスト制作向けのにカスタマイズできたりします

っていうか…..

高スペックなのを圧倒的に安く入手できるのでヤバイというか、色々Macで頑張ってる身としてはなんだか馬鹿らしくなってきて虚しくなってきます 笑↓

BTOパソコン▶︎『ドスパラ』クリエイター向け

▲目次へ戻る

それと、グラフィックスについてですが、

『CPU内蔵型』(オンボードグラフィック)と、『単体GPU』(グラフィックボード)というものが存在します。

普通にイラストを描くだけの場合、オンボードグラフィックで問題ない場合が多いですが、

  • AdobeCCを駆使して制作する
  • 高度な動画編集もする
  • 制作の過程で3D素材もかなり使う
  • 3DCG制作もする

などの場合は『単体GPU』(グラフィックボード)があった方が良い場合がほとんどです。

それについては別のページで書いてますので、参照ください↓

また、私のようにMac好き、合理的に考えられない 笑
という方は、おすすめにはあまり思わないけど笑 下記のページを参照ください↓
▶︎Macを安く買うならApple『認定整備済製品』!購入前に知っておくべきことは?の巻

*1-3、モニターチェック

あと、豆知識として知っておきたいこととして、

  • それぞれのモニター(画面)で色味はかなり変わる、印刷物に掲載するならかなり変わる
  • “自分がモニターしている色味は自分の環境でしか再現できない”

ということを頭に入れておくことが必要かなと……..。

色を統一させるためのツールもありますが、それですら全く同じ色で出せる環境は作れないのが現状です。
(違う場所、違うPC、違う時間帯、違う端末、などではかなり見え方が変わってしまいます。それによって思ってもみなかった色で印刷されてしまったりします笑)

最終的にはノートPCではなく、ちゃんと色バランスを合わせられるモニターでやった方がいいのですが、すぐにそんな環境は難しいですよね。

なので、とりあえず上記のことを念頭に、複数のモニター(複数のPC)でチェックしてみることが大事。

購入するPCの色味表現をチェックする方法はグラフィックの表現力を数値的にわかる方がいいけど、結構難しい笑

で、まず、

簡単にPCの色味表現をチェックする方法の1つとして

  • 普段見慣れている画像(写真やイラスト、自分で描いたもの、撮ったものなど)をtwitterとかブログとかなんでもいいけどWeb上に上げといて、お店のPCで表示させてチェックしてみるのがいい
  • それで、『え!?こんな色だったっけ!?』という違和感のなるべく少ないものがよい。

低コストのPCなんかはモニターがひどいのが結構ある。。。

比較的Windows系は青っぽく、濃度が薄く、メーカーなどによってや、そのPCの設定によって全然全く色が違ってくる

MacはWinより結構濃度が濃いめだけど、Mac同士での色味の方向性はそんなにバラけてはいない印象です(もちろん違うけど笑)

お店や友人のPC、スマホなどでいろいろチェックしてみてくださいw

もし、本格的な環境を作りたいんだ、プロ志向だし、という場合なら、

カラーキャリブレーション』という専用の機器を使ってモニター表示カラーをある程度一定にさせる(規格の色に近づける)『色合わせ』が必要になってきます。

『キャリブレーション』はどのモニターを使うかなどによっても使えるものが変わってきますが、

Wacom系だとコレ↓

▶︎Amazon▶︎WacomカラーManager (eodis3-dcwa)

他色々あります↓

▶︎Amazon▶︎X-Rite 日本語対応版 X-rite i1 DISPLAY PRO 『並行輸入品』

▲目次へ戻る

♥2、ペイントソフト・アプリケーション

次にイラストを描けるソフト、アプリが必要になる。

2019年現在ではClip Studio Paint , Photoshop, Illustrator, などが主流かなと…

で、私は全部使ってますが、『イラストを描く・低コスト』にスポットするとやはり“クリスタ” が本命に思う。。。

ただし、値段は公式サイトからのDL版がお得です。

パッケージ版などもあり、それぞれの環境やどう進めていきたいかによっても適正は変わってきます。

その辺りについてはこちらに書きましたので参照ください↓

CLIP STUDIO PAINT PROイラストを描くのに特化したソフト

まさにイラストを描くための機能が超充実している
(描くことを補助できる素材なども満載です)

サポートサイトも充実しているので使い方なども検索すればわかります

とにかくクリスタを安く欲しいなら公式サイトのDL版がお得です!

 ▶︎CLIP STUDIO PAINT PRO

clip studio paint pro DL版

これがあればWeb上にアップするのも簡単だし、手軽に高解像度のデジタルイラストを作成できるようになる

私はアナログからデジ絵に転換して

  • 画材にお金がかからなくなった
  • いつでも何度でも部分的にやり直さないで修正&編集できるのでどんどんガンガン描けるようになった
  • 3Dモデルを参考に描けるのでかなり練習になる
  • 描く中で無駄なやり直しがなくなった
  • デザインの仕事に取り入れられるようになった

これらは本当に私の中では大きいです。

デジタルイラストのメリット・デメリットについても参照ください

背景素材の充実、3Dモデルの充実、筆圧も個人に自動で合わせられる機能付き、さらに、色レベル補正なんかもフォトショ的にできちゃったりします

主旨は変わるけど単純にサイトやブログのアイキャッチ画像を作りたいや、フライヤー作るとかもできちゃうのです

png, jpg, bmp,はもちろん、フォトショで開いたり編集したりできるファイル形式で保存することも可能

詳しくは

クリスタ(CLIP STUDIO PRO)でできることも参照ください

そして

CLIP STUDIO PAINT EX は、コミック、漫画を描くのに特化しているソフト
上記のPROの機能プラス、コマ割りや吹き出し文字などもささっと出来、コミック、漫画などのページものもラクラクできる機能が充実してる

$これも公式サイトDL版がお得
▶︎CLIP STUDIO PAINT EX

clip studio paint ex DL版

PROとEXの違いについての細かいことはこちらにまとめてますので迷ってる方は参照ください↓

他、上記にもありますが、フォトショやイラレってどうなの?って思ってる方も多いと思う

でも、単純にイラストを描きたい、マンガ描きたいのであればフォトショやイラレでなければならないかというとそうでもない。。。

クリスタも超オススメに思います。

フォトショやイラレはイラストを描くための機能、マンガを描くための機能、イラストを描くことのそれに特化してるってものとはまたちょっと違うかなと….

▲目次へ戻る

もちろんフォトショやイラレでイラストをガンガン描いてる方も多く存在しますし、やり方や相性、その他の環境などによって適正って変わってくるとは思います。

そしてトータル的デザイン、Gデザイン、Webデザインもやりたいなど、複数のことに興味がある場合は必要になってきてしまうと思う。

その辺り、迷っている方は下記の内容も参照ください↓

クリスタはやっぱりリーズナブルな価格で手に入るので魅力に思うのですよね…………

最後に、総じての注意点はPCや他に使う予定のあるものとの互換性ですね、

OSのバージョンなどもしっかり確認してから導入しましょううう〜〜

クリスタOSとの互換性

Windows
Windows 7 Service Pack 1以上
Windows 8.1
Windows 10

Mac
10.10
10.11
10.12
10.13

mac OS Sierra(10.12)、High Sierra(10.13)はiCloud Driveの設定が必要
https://support.apple.com/ja-jp/HT207236参照

CLIP STUDIO PAINT動作環境|CLIP STUDIO PAINT JAPANESE

スポンサーリンク

♥3、ペンタブ

(*とりあえず低価格で始めたいなら /*CLIP STUDIOを使いたいなら)

ペンタブも無数にあって私もかなり迷いましたが………

*低価格でサクッとストレスなく始められて描き心地もいいIntuosはおすすめ↓

▶︎ワコム公式サイト▶︎Wacom Intuosシリーズ
▶︎Amazon▶︎ Wacom Intuos Small
ベーシック TCTL4100/K0
▶︎Amazon▶︎Wacom Intuos Medium
ワイヤレス クリスタ付き TCTL6100WL/K0
▶︎楽天▶︎Wacom Intuos Smallベーシック ▶︎楽天▶︎Wacom Intuosワイヤレス

Wacom Intuos シリーズはニューモデルになり、筆圧4096レベルに上がりました。

かなりおすすめに思います。

Intuos Smallベーシックで税込9,350円くらいです。

んが、Intuosシリーズには『傾き検知機能』がありません。

*一歩上のペンタブを装備したいならこれです↓

▶︎ワコム公式サイト▶︎Wacom Intuos Pro シリーズ ▶︎Amazon▶︎PTH460K0D Wacom Intuos Pro Small ▶︎楽天▶︎Wacom Intuos Pro

Wacom Intuos Proは文句なしで『板タブのエース』と言えるでしょうう。

筆圧8192レベル傾き検知±60レベルのプロ仕様。。。

Intuos Pro Small は税込で29,700円くらいです。

ペンタブも選ぶには下調べは必要です。詳しくは下記のページを参照↓

あっちこっち調べるのが面倒な方はワコム全種類のペンタブ(液タブ含む)から特徴に合ったおすすめをまとめたページを参照ください。
ペンタブの選択で表現幅は無理なく広がります。↓

▲目次へ戻る

♥4、トータル価格はどのくらいかかるの?

そして気になる価格、揃えるためのトータル費用ですが、

$まずPCがすでにある場合は、ソフトとペンタブだけなので、

  • クリスタPRO¥5,000
  • ペンタブワコム Intuos smallベーシック¥9,350
  • 合計¥14,350くらい

※現在ワコム公式ストアでIntuosとクリスタのセット購入ならもっとお買い得になります。

▶︎ワコム公式サイト▶︎Wacom Intuosシリーズ

PCも購入するなら上記プラスPC代です

  • officeなしのWindowsでよければ最低¥73,939〜

▶︎Amazon:
Lenovo ノートパソコン ideapad 320 15.6型 Core i5搭載/8GBメモリー/256GB SSD/Officeなし/ブリザードホワイト 81BG00CUJP

WindowsならLenovoのThinkPadあたりはカスタマイズしてもお得だと思う
セールもあるし,,,

Lenovo公式サイト▶︎Lenovo

カスタマイズして必要スペックをお得に揃えたいのならやはり『BTOパソコン通販サイト』が現代の賢い買い方でしょうう。。。

▶︎BTOパソコン通販サイト『ドスパラ』

Macでノートだとかなり高額になってしまいます。。。。

  • ¥ 200,000以上。。。。。

なので、Macだと、デスクトップ型か、『認定整備済品』を狙うのが良いかと思う。

『認定整備済品』については下記の内容をチェックしてみてください。
私も使っています。↓

そんなところです

デジタルの場合、一回環境を用意すれば画材など常に無数に費用がかさむわけではないので、費用の面でもかなりハードルは低いと感じます。

私も学生時代アナログで描いていましたし、その時代の流れもあり、絵だけに限らず、全てのことにおいてアナログ派というか、デジタルから遠い人でもありました。笑

ただ、常にお金がかかるのと、失敗したらその費用と時間は丸ごと消えてしまう消失感のダメージが重くのしかかっていました…..

この費用と時間・労力のダメージは結構重かったです……….

んが、大人になってデジ絵を再開するにあたってこんなにも費用と時間を削減できるんだと実感してからはもうアナログで描くことはほとんどなくなりました。

アナログで1から描くことはもちろんものすごく大事な経験になるし、感覚や技術を磨くには必要に感じますが、そこにこだわりすぎるのは勿体無い気もします。

感覚や視野がかなり変わるので興味がちょっとでもある方はどんどんチャレンジしてみてほしい

やってみないとやっぱり何も分からないし、こんなにも何でもすぐに始められる時代なんですから!

私はこの時代に生きられて嬉しいような気もしないでもない笑

▲目次へ戻る

ってことで楽しいクリエイティブライフあれ!

しゃらんるわああぁあ❤︎

\(`^`)b

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

関連コンテンツ

Pocket