ワコムペンタブIntuosとIntuos Proどっちにする?違いを徹底比較してみた!

Pocket

ワコムペンタブの『Intuos』と『Intuos Pro』ならどっちにする?

どう違う?

Intuosも旧モデルから変わり、筆圧レベルも上がったけどどうなの?

など気になり、

実際描きごこちも試してきたので、

◆ワコム
『Intuos』『 Intuos Pro 』の
・値段
・スペック
・描きごこち
など含めた違いを徹底比較

をしてみました。

ワコムIntuosとIntuos Pro 比較
〜〜目次〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎0、ワコムペンタブのIntuosと
Intuos Proの違いと、どっちかを決めるポイントになる部分

0-1、IntuosとIntuos Proの違い

0-2、IntuosとIntuos Pro の選択ポイント


❤︎00、『板タブ』を選ぶ際のチェックポイント

❤︎1、Wacom Intuos の
種類/スペック/値段

1-1、 Intuosの種類

1-2、Intuosのスペックと値段


❤︎2、Wacom Intuos Pro の
種類/スペック/値段

2-1、Intuos Proの種類

2-2、Intuos Proのスペックと値段


❤︎3、IntuosとIntuos Pro の
描きごこち比較(動画もあり)

❤︎4、IntuosとIntuos Pro の
スペック・仕様比較

❤︎5、IntuosとIntuos Pro の値段比較

❤︎6、IntuosとIntuos Pro比較結果

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

❤︎0、ワコムペンタブのIntuosとIntuos Proの違いと、どっちかを決めるポイントになる部分

どっちが自分に適してるかを判断するのに、

その『違い』を知る必要がありありますが。。。

まず、ワコムのペンタブは色々あり、IntuosとIntuos Proは『板タブ』で人気のあるペンタブです。

で、両方とも進化してきていて、最新の2種は本当に素晴らしい。。。

以前のIntuosは初心者向けとされていたりして描き味的にもやや物足りないとする人もいたのでは?とも思う。

でもIntuosの現行モデルは進化してデジ絵経験者でも十分『使える』と思えるものになったと言って良さそう。。。。。

そしてIntuos Proの方は筆圧も現在最高クラスになっています。

そこでますますどうしようかなとなってくる……

値段も結構差があるし。。。

▶︎ワコム公式ストア
Wacom
Intuosって
コレよ❤︎ ↓
Wacom Intuos Pro って
こっちね❤︎↓
▶︎Amazon▶︎Wacom Intuos Smallベーシック▶︎Amazon▶︎Wacom Intuos Proシリーズ
▶︎楽天▶︎Wacom Intuos Smallベーシック ▶︎楽天▶︎Wacom Intuos Pro シリーズ

0-1、IntuosとIntuos Proの違い

◆IntuosとIntuos Proの違いを大雑把に言えば、

  • 値段
  • 描きごこち・適応力(性能)
  • 大きさ・質量
  • ペイントソフト付属の有無

この辺り。。。

◆機能部分などを含む具体的な違いは、

  • 最高筆圧レベル
  • 傾き検知機能の有無
  • 読取可能範囲を含むサイズ
    (大きさの規格)
  • 付属するペン
  • 付属するペイントソフトの有無
  • 読取精度に関する部分の数値
  • ファンクションキー
  • アナログで描いたものをデジタル化できる機能装備の有無
  • 値段

などが違っています。

基本的にIntuosより、Intuos Proの方が性能的に上でもちろん値段も上になる。

0-2、IntuosuとIntuos Proの選択ポイント

選択のポイントになってくる部分は、

◆より繊細なタッチにこだわりがあるか
(筆圧・傾き検知など)
◆ペイントソフトは?

◆予算は?
◆アナログをデジタル化する?

このあたりがリアルな選択のポイントになるかと思う。、、

この内容の詳細、具体的な部分を比較しながら進めていこうと思います。

▲目次へ戻る

❤︎00、『板タブ』を選ぶ際のチェックポイント

でまず、『板タブ』(板型タブレット)を選ぶ際のチェックポイントをおさらいしておきたいと思います。

ペンタブを選ぶ際には、色々なチェックしておきたいポイント(項目)がある。

今回の『板タブ』のチェックポイントとしては、

◆筆圧(2048レベル以上)
◆傾き検知

(できればあった方がいい)
◆読取分解能

(0.01mm以下の細かさ)
◆読取精度

(±0.25以下の誤差)
◆読取速度

(133ポイント/秒以上)
◆接続タイプ
(できればUSBケーブル系・ワイヤレス両方対応)
◆互換性

(PCのOS・ペイントソフトと合うか)
◆サイズは自分のPCや環境とマッチするか

など基準にしてみました。。。

見ておくべき項目は上記あたり。数値は実際色々試してみての数値ですが、参考程度に捉えていただくぐらいで良いかと。。。絶対コレということではありません。)

なぜこの基準になるのか、項目 内容やこの辺りの詳しくは下記の内容を参照↓

▶︎ペンタブの選び方って?(おさえておくべきポイントと項目内容)

項目内容の、
読取分解能?読取精度?読取速度?筆圧?って何??ってなるけど、

要は描くときの反応の精度みたいなもので、

読取分解能・読取精度・読取速度の部分は、精度が低いと反応が遅いとか、タイムラグが出ちゃうとか、速く描くと線飛びするとか、正しく拾ってくれないとか、描きづらいとかの元になりえる部分。

他のメーカーの場合、名称や単位が違ったりもしますが、大体の目安にはなるかと思います。)

ただ、ワコムのペンタブは、旧モデルのIntuosシリーズでもそのあたりは問題ないので、ワコムで検討するならそんなに気にしなくていい部分でもあるかも…

その辺りはPCスペックとか、描くファイルサイズ・解像度、PCとの接続の仕方などの方が影響が大きいかもです。

でも、自分の基準値的なものがあった方が他と比べやすくなるので、チェックしておいた方が良い部分かなと。。。

筆圧はアナログ感覚で楽に描くためには必須な部分かと思うのでここはちゃんと見ておきたい部分…….
(ベタ塗りしかしない、タッチは太さ調節しかしないって方は別ですが….)

あと、地味にサイズとか、読取可能範囲とか接続対応とかも描く環境に合うか?などに関わってきて、描きやすさ、描きづらさにに影響してくるので、上記の表の項目は全て見ておきたい部分としておきます。。。。

IntuosとIntuos Proは上記の内容の精度以上が備わっているのですが、
(Intuosは傾き検知ないけど筆圧は問題なしというか高めな方)

その辺り2種の比較でも今回チェックしていきたいと思います。

ということで、それぞれの内容から見ていきたいと思います。

▲目次へ戻る

❤︎1、Wacom Intuosの種類/スペック/値段

ワコム公式ストア▶︎Wacom Intuosシリーズ

1-1,Intuosの種類

  • Intuos Small ベーシック
  • Intuos Small ワイヤレス
  • Intuos Medium ワイヤレス

機種的にはこの3種。

番外編のように One by Wacom medium というのもありますが、
ファンクションキーがなく、筆圧レベルが最高2048レベルです。
→高性能なのに安価なタブレットが普通に存在する時代を考えるとさほどお得とは思えないので今回は省きます。
<(_ _)>

サイズの違い・パソコンとのつなぎ方の違い・付属されるソフトの違いがあり、それ以外の描くための性能の部分は同じ

  • Smallサイズはかなりコンパクトで、13インチノートPCくらいのに最適
  • MediumサイズでノートPC15インチくらいに最適

そしてそれ以上の大きさのサイズはないです。

ただ、SmallサイズでもノートPC15インチで使うことも可能な範囲ではあると思う。
(私も使ってます。)

パソコン(PC)とのつなぎ方は、

  • Smallベーシック
    →USBケーブル接続のみ
    (標準USB Aポート/ワイヤレス非対応
  • Small ワイヤレス・Mediumワイヤレス
    →USBケーブル接続とワイヤレス接続どちらも可能
    (標準USB Aポート/ワイヤレスはBluetooth3.0以前)

となってます。

ワイヤレスの方が良さげ?と感じますが、動作の遅延などが起こることも多いようなので、基本的にはUSB接続できる方がいいでしょう。

それと、Intuosはかなり軽い。

Smallは特に軽々持ち歩けるので私なんかはノートPCとIntuosをバックに入れて持ち歩いたりよくします 笑。。。。

付属されるソフト

Small ベーシックは、

  1. スケッチ:Corel® Painter® Essentials™ 6 (64bitOS専用)
  2. 写真加工:Corel® AfterShot™ 3 (64bitOS専用)
    のどちらかを選べる。※1

更に、Intuos Small ベーシックでは、ワコム公式ストア限定で、
CLIP STUDIO PAINT PRO(通称クリスタと親しまれるペイントソフト)DL版と、公式ガイドブックのセット(スターターパックモデル)というのもあり、
クリスタPROとペンタブを一挙に揃えたい人にお得なのもある。

ワコム公式ストア限定商品▶︎Wacom Intuos Small ベーシック スターターパックモデル

Small ワイヤレスは、

  1. スケッチ:Corel® Painter® Essentials™ 6 (64bitOS専用)
  2. 写真加工:Corel® AfterShot™ 3 (64bitOS専用)
  3. イラスト&マンガ:CLIP STUDIO PAINT PRO(2年ライセンス)※2
    の中から2つ選べる。※1

Medium ワイヤレスは、

  1. スケッチ:Corel® Painter® Essentials™ 6 (64bitOS専用)
  2. 写真加工:Corel® AfterShot™ 3 (64bitOS専用)
  3. イラスト&マンガ:CLIP STUDIO PAINT PRO (2年ライセンス)※2
    3つ全部ダウンロードできる。※1

※1,ワコムストア会員登録とは別に、Wacom IDへの登録が必要。
※2,製品版に限定特典として収録されている素材データは収録されてない。

▲目次へ戻る

1-2,Intuosのスペックと値段

◆ Intuosのスペック・仕様

筆圧はそれに対応されたソフトのみ有効

スペック
項目↓
Intuos S・M ↓
ペンWacom
Pen4K
筆圧最高4096レベル
読取分解能最高0.01mm
読取精度±0.25mm
読取速度最高133ポイント
/秒(pps)
読取可能
範囲
S:152×95mm
M:216×135mm
ファンク
ションキー
4つ
接続
ワイヤレス
対応
標準USB
Aポート
S(○,×あり)
M(○)
重さ
外形寸法
(横×縦×厚み)
S:230g/250g
200×160×8.8mm
M:410g
264×200×8.8mm

◆Intuosの値段(税込)

サイズ
種類 ↓
公式
ストア
値段 ↓
クリスタ
PRO付属
の有無 ↓
Small
ベーシック
¥9,350×
Small
ワイヤレス
¥14,0802年のみ
Medium
ワイヤレス
¥21,7802年のみ
Small
ベーシック
クリスタ
セット
¥11,000クリスタ
DL版&
公式ガイド

Amazonや楽天なんかでもありますが、時期によって値段変動が頻繁なのでここでは公式ストアのでまとめました。

筆圧は、旧モデルから比べて2倍近くの、
4096レベル
ここの進化は本当にありがたいですねぃ….

▲目次へ戻る

❤︎2、Wacom Intuos Proの種類/スペック/値段

ワコム公式ストア▶︎Wacom Intuos Proシリーズ

2-1,Intuos Proの種類

  • Intuos Pro Small
  • Intuos Pro Medium
  • Intuos Pro Large
  • Intuos Pro Paper Edition Medium
  • Intuos Pro Paper Edition Large

この5種類。

主に、サイズの違いと、紙に描いたのをそのままデジタル化できる機能の有無などが違っている。

サイズ的には現在 、
Small (Sサイズ)・Medium (Mサイズ)・Large (Lサイズ)があり、

MとLサイズの『Paper Edition』というのが、アナログで描いたものをデジタル化できる機能が付いてるタイプ。

ペーパークリップ』に本体と紙を挟んで専用の『Wacom Finetip Pen』で描けばボタンひとつでイラストをデジタル化できる機能が最初から搭載されている。
(MでA5用紙、LでA4用紙)

このアナログデジタル化は、
Intuos Pro M,Lの機種でも、オプションで『ペーパークリップ』と『Wacom Finetip Pen』を入手すればそれも可能にはなる。

▶︎ペーパークリップ ▶︎Wacom Finetip Pen

サイズ自体は、S,MそれぞれIntuosよりちょっと大きい。

Largeサイズはやっぱり大きい 笑
311×216mmで1.3kg……

でもちゃんと公式ストアに専用のソフトケースなどもあるので持ち運ぶことも不可能ではないかなと….

▶︎専用ソフトケース

で、Intuos Proはどのサイズにもペイントソフト付属はないです。

でもクリスタならセルシス公式サイトのDL版(永久ライセンス版)では5,000円でPROが購入できるので、まだソフトがない方もそこは心配ないかなと…

▶︎クリスタの値段は購入方法と種類で変わる!これで全部わかるよ!参照

パソコン(PC)とのつなぎ方は、

全サイズともにワイヤレスでもUSBケーブルでも接続できる。

  • ワイヤレス接続
    (Bluetooth v2.1以降(クラシックBluetooth))
  • USBケーブル接続 (標準USB2.0)

▲目次へ戻る

2-2,Wacom Intuos Proのスペックと値段

◆Intuos Pro スペック・仕様

筆圧はそれに対応されたソフトのみ有効

 
(Small)

(Medium)

(Large)
 
ペン Wacom Pro Pen 2
(消しゴム付筆圧ペン)
筆圧 最高8192レベル
傾き
検知
±60レベル
読取
分解能
最高0.005mm
読取
速度
最高200ポイント
/秒
読取
精度
±0.2mm (中央) ±0.25mm
読取
可能
範囲
160×
100mm
244×
148mm
311×
216mm
 
タッチ
入力
キー 6つ
(カスタマイズ可能)
8つ
(カスタマイズ可能)
外形
寸法
(横×縦
×厚み)
269×
170×
8.45
mm
338×
219×
8mm
430×
287×
8mm
 
重さ 0.45kg 0.7kg 1.3kg  
接続 ・USB2.0
・ワイヤレス
(Bluetooth v2.1以降)
・USB2.0
・ペンタブレット接続,ペーパーモードコンピュータ接続:クラシックBluetooth
・ペーパーモードモバイルデバイス接続:Bluetooth 4.2以降
 
(Small)

(Medium)

(Large)
 

◆Intuos Pro の値段(税込)

サイズ種類↓ 公式
ストア
値段 ↓
その他
付属 ↓
Small ¥29,700 基本付属品
Medium ¥40,480 基本付属品
Large ¥54,780 基本付属品
Paper
Edition
Medium
¥45,980 Finetip Pen
(替芯3本)
ペーパー
クリップ
(ソフトケース)
A5用紙10枚
Paper
Edition
Large
¥60,280 Finetip Pen
(替芯3本)
ペーパー
クリップ
(ソフトケース)
A4用紙10枚
ペーパー
クリップ
¥5,000 ソフトケース
Finetip
Pen
¥10,000 替芯5本

ですね。。。。

これも、Intuosと同様、チェックしておくべき項目のみに絞ってます。

よって、チェックしておくべき、わかっておきたい部分。。。

▶︎ペンタブの選び方って?(おさえておくべきポイントと項目内容)

▲目次へ戻る

❤︎3、IntuosとIntuos Pro の描きごこち比較
(動画もあり)

まず両種の描き味チェックです。

描き味は実際自分で試してみるのが一番わかりやすいですが、動画でもニュアンスの違いはほんのりわかるのでは?と思うのでチェックしてみてください。

ソフトはCLIP STUDIO PAINTで、描きやすいように筆圧は少しいじってます。
(USBケーブル接続)

両方とも1分半くらいなのでささっとチェックできます…

◆Intuosの描きごこちを試してみてる動画↓

◆Intuos Proの描きごこちを試してる動画 ↓

Intuosは、筆圧レベルが4096レベル、Intuos Proは、現在存在するタブレットの最高筆圧レベルの8192レベル、そして傾き検知±60レベルとなっていて、

やはり、描き味で言えばIntuos Proの方が深く、繊細にタッチを反映させてくれる感触

さらっと最初少し描くうちは、筆圧的な違いがあまり感じなかったのですが笑、色々描いてくうちに、その違いは感じられ、

なんというか、ふくよかで柔らかいタッチが出て、筆圧の段階的変化の出方がかなり違うように感じられました。

ちょっとブラシ・ペンの筆圧設定や太さの最大値を変えるだけでグンとニュアンスを変えられるし。。。

筆圧の反映が自然で、力加減での途切れも起こりづらい

タブレットの表面の感触の違いもあって、Intuosの方がやや硬さがあり、ペンの走らせかたによってはより速度感があって、スムーズ感があるような感触。。。。

ただ、ペンの跳ね返りをやんわり吸収する感触のIntuos Proは、その分アナログ感があり、リアルな感触。。。。

遅延やタイムラグなどは2種ともに全く感じず、両方ともスルスルと描けてとてすんごくなめらかでスムーズです。(USBケーブル接続で試してみてのことです。)

この辺りは接続するPCスペックや、描くための原稿ボードファイルサイズ、解像度、ワイヤレス接続かどうかなどによっても変わってきますが、

ペンタブ自体の速度反応力は両とも十分に思う。

そして、Intuosの進化には驚きです、、、

旧モデルでは感じ得なかった自然な筆圧の反映感は、このクラスのタブレットでここまでタッチの自由な感触が得られるなら、これでもうかなり十分な気すらする。

ものすんごく描きやすくなった感じがします。

どちらの描きごこちがいいか?と言えばIntuos Proなんですが、

細かいこだわりがないのならIntuosでも十分な表現が可能に感じます。

ただもちろんIntuos Proは、傾き検知機能もあるせいか、よりこちらの微妙なタッチの加減をしっかりキャッチしてくれる感じで、ほんとアナログ感ある。。。。

塗りの濃淡なんかもつけやすくなる感じ。。。。。

名前の通り、Pro仕様で、こだわりのある人でも満足できる域のものかなと感じました。。。

Intuosの速度感と筆圧のレベルアップがかなり良いだけに、Intuos Proの繊細さ、表現力をどこまで買えるのか?というところだと思う。

そんな感じ。

▲目次へ戻る

❤︎4、IntuosとIntuos Pro の『スペック・仕様比較』

  Intuos Intuos
Pro
ペン
(Wacom)
Pen4K ProPen2
筆圧 4096レベル 8192レベル
傾き検知 × ±60レベル
読取分解能 0.01mm 0.005mm
読取精度 ±0.25mm S:±0.2
M,L:±0.25mm
読取速度
ポイント
/秒
133 200
キー 4つ S:6つ
M,L:8つ
タッチ入力 ×
    Intuos Intuos
Pro
読取可能範囲 mm S 152×95 160×100
M 216×135 244×148
L 311×216
寸法
mm
S 200×160×8.8 269×170×8.45
M 264×200×8 338×219×8
L 430×287×8
重さ S 230g
250g
450g
M 410g 700g
L 1.3kg
接続
USB
ワイヤレス
S
×
M
L
その他 Sベーシックのみクリスタ2年付かない Sのみ
Paper
Edition
非対応

Sベーシックはワイヤレス対応なし

❤︎5、IntuosとIntuos Pro の値段比較(税込)

サイズ
(規格)↓
Intuos Intuos
Pro
S ベーシック
¥9,350

ワイヤレス
¥14,080
¥29,700
M ¥21,780 ¥40,480
L ¥54,780
PE.M ¥45,980
PE.L ¥60,280
クリスタ
セット
¥11,000
ペーパー
クリップ
¥5,000
Finetip
Pen
¥10,000

税込価格です。
クリスタセットはワコム公式ストア限定品で、SベーシックとクリスタPRO・クリスタ公式ガイドのセット。
Intuos Proで、Paper Editionの機能を後でクリップとペンを買って追加する場合は
・Mで ¥55,480
・Lで ¥69,780

▲目次へ戻る

❤︎6、IntuosとIntuos Pro比較結果まとめ

結果として、通常はIntuosで十分に思う。

少し経験ある人でもわりと満足できる描きごこちだと思います。

普通にイラスト描く、漫画書く、キャラデザインする、抽象画描く、という感じなら全然いけると思います。

ただ、本格派の人、よりこだわりがあり、大きな可能性を網羅しておきたい人はやはりIntuos Proがいいのではと……

リアルで濃厚な描写・リアルな背景画・繊細なタッチ重視、アナログで描いてるような表現の豊富さ重視な人などはIntuos Proの表現力が備わってる方が断然広がると思う。

値段にしても、液タブから比べたらリーズナブルだし…..

一段階上の表現がしたいならProで決まりでしょううw

▶︎ワコム公式ストア
Wacom Intuos ↓Wacom Intuos Pro ↓
▶︎Amazon▶︎Wacom Intuos Smallベーシック▶︎Amazon▶︎Wacom Intuos Proシリーズ
▶︎楽天▶︎Wacom Intuos Smallベーシック ▶︎楽天▶︎Wacom Intuos Pro シリーズ

▲目次へ戻る

ってことで、

楽しいクリエイトあれ!

しゃらんるあぁああああああ❤︎

\(`^`)b ( ̄v ̄)ゞ

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

関連コンテンツ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × two =