Huionの液タブならどれがいいか?全種類比較でわかる結果まとめ

Pocket

2020.02.24⇅

◆Huionの液タブ(液晶タブレット)ならどれがいいか
◆Huion液タブ全種類徹底比較

今回はHuionの液タブを比較チェックして選びどころや注意点をまとめたので
結果を記録に残してみます。

選択時の手がかりになればなと…

Huion 液タブ
〜〜目次〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、Huionの液タブなら『Kamvas Pro12〜16』がいい(その理由)

❤︎2、Huionの液タブでの違いの注目点は、
『フルラミネーション加工の有無』『色域』『ペン充電の有無』

❤︎3、Huionの液タブで知っておきたい注意点

❤︎4、Huion液タブ性能・仕様比較一覧

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

❤︎1、Huionの液タブなら『Kamvas Pro12〜16』がいい(その理由)

全種類比較チェックしてみた結果、

Huionの液タブなら

Kamvas Pro 121316』がおすすめです↓

▶︎Huion Kamvas Pro16
Amazon
▶︎Huion Kamvas Pro16
▶︎Huion Kamvas Pro13
▶︎Huion Kamvas Pro12
楽天市場
▶︎Huion Kamvas Proを探す

理由は、

  • 視差軽減フルラミネーションディスプレイ採用機種
  • 色域高め
  • 読取速度最高値
  • ペン充電不要
  • 傾き検知あり
  • 安値

これらがHuionの液タブでそろってるのは現在この3種だけだからです。

公式サイトとAmazon記載のされ方が違ったりと微妙な面もありますが、
Huionの中で言えば

Kamvas Pro 12~16』が一番性能を網羅しててバランス良く高い。

Kamvas Pro12・13・16』の性能 ↓

◆ 筆圧 8192レベル
◆ 傾き検知あり(±60°)
◆ 読取速度 266PPS
(※他メーカーもこれが最高値)
◆ 色域
・AdobeRGB 92%
・sRGB120%
◆ 読取解像度 5080LPI
(※他メーカーもこれが最高値)
◆ 読取精度 ±0.5mm
◆ フルラミネーションディスプレイ

◆ ショートカットキー4 or 6+タッチバー
◆ IPSアンチグレアガラス
◆ 視野角 178°
◆ 画面解像度 1920×1080
◆ 最大表示色 1677万色
◆ コントラスト比 1000:1

Huion本家公式サイトでは、より詳しく記載があり、加えて
応答時間(応答速度)25ms とあります。

項目用語の意味が不明という方へ
以下でも順に書きますが、先にチェックしておきたい場合は、
▶︎【ペンタブ・液タブの用語集】性能とか仕様項目の内容チェック!参照

描画の性能面では上記のようにこの3種は同じ。

これらが『Kamvas Pro12・13・16』共通性能で、
他のHuionの液タブより優れてる部分が多い

ショートカットキーの面では、

  • 12、13→4つ+タッチバー
  • 16→6つ+タッチバー

の違いがあり、

あとはサイズの違い。

▲目次へ戻る

❤︎2、Huionの液タブでの違いの注目点は、
『フルラミネーション加工の有無』『色域』『ペン充電の有無』

Huionの液タブの中での違いをざっとまとめると、

❶ 傾き検知機能の有無
❷ 視差軽減フルラミネーション加工の有無
❸ ペン充電の要不要
❹ 読取速度(PPS)
❺ 応答速度(ms)
❻ 色域
❼ ショートカットキー等の有無や数
❽ 付属品
❾ サイズ

などの違いがある。

その他『最大表示色』や『コントラス比』の違うものもあったり…..

液タブ選びの際にチェックすることは接続面とか他にもたくさんあるし、筆圧レベルなども当然チェックすべきとこだけど、

Huionの液タブの性能面で言えば、

  • 筆圧:8192レベル
    (最高値揃い)
  • 読取解像度:5080LPI
    (他メーカーとも共通)
  • 読取精度:±0.5mm
    (Huion統一)

この部分はこれらに揃ってる。

なので、Huionの中で選ぶ場合は比較の対象ではあまり気にしなくていい部分…

ということで取っ掛かりとして一番チェックが必要なのは

上記の❶〜❾

はネックになってくる部分なのできっちりチェックして選択した方がいいかなと。

❶ Huion液タブ『傾き検知機能の有無』

傾き検知は塗りの濃淡陰影表現などにも断然あった方がいい機能

私は一番最初、傾き検知機能がどういった表現を有効にするものか以前に、

ペンタブで情報を探したとき、そのことについて全く突っ込んで触れてない情報やおすすめを見てしまってて、当時は気付けなかったんですよね…

だからここで言っておきたい。

表現幅を知った上で最終的に必要ないと判断するならOKですが、

知らないでこの機能がないものを選択してしまうともったいなく思う。

まぁこのこと自体は個人的主観なので『傾き検知は絶対必要だよ』と言いたいわけでは全くもってないですし、

傾き検知機能の性能はメーカや機器によっても差もあるのでここにこだわりすぎる必要はないかもですが、

Huionの場合、傾き検知機能ある機種が豊富だし、価格も抑えられてるのであるのを選んだ方が得だと思うし、少なくとも有無をわかった上で選択してほしい….

という感じです….

現代の液タブ、これからの液タブでは『傾き検知機能つき』がデフォになりつつありますよw。。。

『傾き検知』,『傾き検知の必要性』についての詳しくは
▶︎傾き検知機能の必要性とは?ペンタブ,液タブでその有無は大きい!(比較動画あり)参照

❷Huion液タブ『フルラミネーションディスプレイ』採用の有無

フルラミネーション』とは、

視差』(モニターにペン先を置いた位置と、実際に描かれる位置の『ズレ』)を軽減させるための特殊加工で、『ダイレクトボンディング』とも言われる加工のこと。

この加工がほどこされたディスプレイが『フルラミネーションディスプレイフルラミネートスクリーン』です。

ここも知らないままだともったいない部分です。

ペンタブブランド 『Wacom』の液タブではこの加工がないものでも視差は少なめで私の体感では極端に気になって描きづらいというものではなかった。
(※もちろん差はありますけども…)

んが、

海外メーカーの液タブでは、『「視差」が結構ある』というレビュー・評価が以前は多かった。。。

価格の違いもさることながら、そういったもともとの性能にも差があったのだと思う。

んが、

このフルラミネーション加工がある最近の評価をチェックしまくってみると、
『視差も気にならない』というものが多くなってきている。。。

Wacom製品の場合はこの加工の有無でもかなり価格が変わってくるので悩みどころなんですが、

Huionなどの海外製の液タブはそれでも安値なので、

基本的には『フルラミネーションディスプレイ』が採用された機種を選択しておくのが無難に思う。

Huionの液タブで『傾き検知あり』・『視差軽減フルラミネーションディスプレイ』の機種 ↓

▶︎Huion Kamvas Pro12
▶︎Huion Kamvas Pro13
▶︎Huion Kamvas Pro16
▶︎Huion Kamvas Pro20(2019)
▶︎Huion Kamvas Pro22(2019)

▲目次へ戻る

❸Huion液タブ『ペン充電の要不要』

海外製(中国製)メーカーの液タブ・ペンタブ全般によく言われてきた、

特有のクセ』、

ペンの沈み込み』….

Huionの液タブでもやはりそれはよく耳にしてきた。

ただ、

  • 『かなり改善された。』
  • 『以前より気にならなくなった』

等の声も増えてきてる。

以前は『ペンの充電が必要なアクティブタイプ』が採用されていたけど、

現在の新しいタイプのは全て『ペン充電不要のパッシブタイプ』に一新されてきていて、このタイプだと『かなり改善されてて描きやすくなった』という評価に変わってきている。

で、Huionの液タブにもまだペンの充電が必要な旧式タイプが混在しています。

アクティブタイプが劣るという意味ではないですし、パッシブタイプが完全に改善されてるという意味ではないですが、

今回のように海外製(中国製)の液タブペンタブ含む)の場合は、
充電不要の新しめのタイプ』を選択した方が無難そう。

ということです。

❹ Huion液タブ『読取速度』❺『応答速度』

読取速度』と『応答速度』は、
単純に言えば描画の際の反応速度的なもので、この性能の違いによって、

描画の『遅延』にもつながる部分で、『視差』と同じくらいチェックしておきたい部分。。。

詳しくは
▶︎❤︎4、応答速度・読取速度・反応速度・レポートレート(ms/PPS/RPS)参照

Huionの液タブでは、

読取速度』は最高値の266PPSが豊富です。

この数値は値が大きくなればなるほど描画の追従もスムーズになり、性能も高いのですが、
他メーカーをチェックしてみても、266PPS以上のは現在見当たらない

なので266PPSのを選ばない手はないように思う。

Huionの液タブでは233PPS以上揃い(問題ない数値揃い)なので、気にしすぎることはないけど、
せっかく安値なのでできれば最高速のを選んだ方がお得かなと…

そしてさらに、

応答速度』ですが、

これも描画の際の色の移り変わりの速度を表すもので、遅延に関わる部分。

詳しくチェックしたい方は
▶︎❤︎4、応答速度・読取速度・反応速度・レポートレート(ms/PPS/RPS)参照

Huionの本家サイトは最近調整され、そのあたりの詳しい仕様も統一して記載されるようになり、この『応答速度(応答時間)』も記載されるようになった。。。

その数値で言えば、

25ms』のものが豊富。

この数値は小さいほど追従速度は速くなり、

絵を描く場合、通常は『25ms』あれば違和感なく追従されるとされているし、

私も実際ワコムので試していますが、
25msあってPCスペックも追いついているものであれば問題を感じませんでした

30msで遅延が少し体感できるような感じ。

でこのHuion本家サイトに記載されてる『応答時間』の数値で言えば、
Kamvas Pro22(2019)は『8ms』と記載がある

※Amazonでは記載がないようです
▶︎Huion Kamvas Pro22(2019)

でこの数値、ワコムで言えば最上位高級機種と同じ数値です。

そして視差軽減フルラミ加工採用の機種でもあるので、
当然目が行きますが、Huionの中ではややお値段も高めです。

他の性能面では

Kamvas Pro12,13,16が同等に高いので大きなサイズを望む以外は、

あえて無理して選択するまでもないかなぁと….

❻Huion液タブ『色域』

色域はモニターの色セット的なもので、

これは規定基準の色再現をどのくらいカバーできるかに関わる部分。

違う環境での色味のギャップが大きくなると外部対応がしづらかったり
色の判断が難しくなってくるなども起こりうるので重要な部分ではある。

なので、本当は
色域カバー率』としっかり記載された上で
『AdobeRGB80%以上』は欲しいところ…..

現実的には低価格の液タブで基準規格に近い色再現を期待するのは難しい部分かとは思うのですが、Kamvas ProはHuionの中でも色域記載高めな方ではある…

詳しくチェックしておきたい方は
▶︎❤︎8、色域(sRGB・adobeRGB・NTSC)参照

あとはサイズショートカットキー等の操作性付属品などですが、

ここはそれぞれの環境やスタンスに合わせてチェックすべきところかなと….

▲目次へ戻る

❤︎3、Huionの液タブで知っておきたい注意点

◆ 問い合わせ先・サポート先のチェック
◆ 最新の製品をなるべく選択する
◆ ペン充電不要タイプを選択する

ということがポイントになってくるかなと….

まず、海外製(中国製)メーカーの液タブ(ペンタブ含め)は安い。。。

通常、商品を安く提供するには、

  • 人件費削減
  • パーツ・部品は安いものを使う
  • 検品の手間・時間・費用を下げる
    (試作品からリリースする)

などを徹底することが必要になってきますよね…

なので、

  • 耐久性にかける
  • 初期不具合がる
  • 互換性面の調整が必要
  • 不良がある

などにあたってしまう確率はどうしても上がるということは容易に想像できるし、

Huionの製品も、やはりそういったレビューや評価などあったりします。

んが、

比較的最近の製品は

  • 『かなり急激に進化してて改善された』
  • 『最近のではもう問題を感じない』
  • 『高い商品との差は大きくない』

などの評価にどんどん変わってきている。

しかも『サポート』や『アフターケアー』では以前からもかなり好評です。
(※この面に関してはWacomよりも評価は高い。)

それらにより、

  • 安いのに高機能、その上サポートも丁寧』で『満足
  • 『もうこっちに乗り換える』

という評価が以前より目立つようになってきてるのも事実。。。

ペン充電要不要については上記に書いた通りです。

もしそれらの色々が面倒とか、そういったことに遭遇する確率を下げたいのであれば、

Wacomにしておくのが無難かと思う。

ワコムの液タブは私も全種類描き味を試してるし、使っていますが、やはり素晴らしいと感じます。興味のある方は以下のページに動画を含め書いてますのでチェックしてみてください↓

で、同じ海外製(中国製)等のメーカーの液タブと比較するなら、

  1. 傾き検知機能ありの機種が豊富
  2. 読取速度が最高値の266PPSの機種が豊富
  3. 視差軽減のフルラミネーション加工機種が豊富

という選びやすい良い点も目立つ。

ただ、

XP-PenUgeeは共通の技術で進められている面が多いのすが、

Huionはそれとは違う独自で進められてきているメーカーなので、

トータル的なバランス面でも違いはあるでしょうし、一概にどちらがいいとは判断しずらい面も多い。

ペンのクセなども好みが別れるところな印象です。

▲目次へ戻る

❤︎4、Huion液タブ性能・仕様比較一覧

どれがいいのか?は、

  1. 性能高くてできるだけ安くがいいのか
  2. とにかく徹底的に安値のがいいのか
  3. 大型サイズで安いのがいいのか

このあたりの目的で違っては来る。

Kamvas Pro の12〜16 は性能の網羅性バランスが良く
それらが同じでサイズバリエーションもあり、
それによって値段のバリエーションもあるのでおすすめに思うのですが、

例えば16以上の大型サイズが目的なら性能のバランスを抑えて狙ってみるのも手ではあると思う。

傾き検知やフルラミ加工いらないとかなら選択肢はもっと増えるし、
応答速度が一番重視とかならまた変わってくる。

上記の内容を踏まえた上でHuionの液タブ比較表でも内容・性能の比較表をまとめてみたのでチェックしてみてください。

内容・性能は2020年02月現在のもので、タイミングによって仕様・性能がバージョンアップ・更新される可能性もありますのでそこはあしからずご了承ください。
<(_ _)>
それと、公式サイトとAmazonの記載が一部異なる箇所もありましたが、両方から参照しました。

4-1、Huion『Kamvas Pro』『 Kamvas』『GT-』
性能・仕様比較表

画像・機種名をクリックするとAmazonへ。リアルタイム価格・評価・詳細を確認できます。
 
機種 Kamvas
Pro16
Kamvas
Pro22
(2019)
Kamvas
16
GT-191
V2
共通性能 ◆ 筆圧 8192レベル
◆ ペン充電 不要
◆ 読取速度 266PPS
◆ 読取解像度 5080LPI
◆ 読取精度 ±0.5mm
◆ 視野角 178°
◆ IPSアンチグレアガラス
◆画面解像度 1920×1080
傾き検知 ±60° ±60° ±60°
応答速度 25ms 8ms 25ms 25ms
公式サイトにのみ記載あり
フルラミ 加工 ※1
視差軽減フルラミネーション加工
機種 Kamvas
Pro16
Kamvas
Pro22
(2019)
Kamvas
16
GT-191
V2
色域
(%)
Adobe
RGB92
sRGB
120
sRGB
120
Adobe
RGB75
sRGB
100
sRGB
100

NTSC
72
キー 6+
タッチバー
左右で20+
デュアルタッチバー
14+
タッチストリップ
サイズ
(mm)
437x
251×11
589x
344×21
432x
264×14
475x
298×35
描画エリア
(
mm)
344x
193
476x
268
344x
193
434x
238
最大表示色 1670
万色
1670
万色
26万色 1670
万色
コントラスト比 1000:1 1000:1 1000:1 1000:1
( amazonでは 3000:1になってる)
左利き対応
機種 Kamvas
Pro16
Kamvas
Pro22
(2019)
Kamvas
16
GT-191
V2
 

※1)公式サイトにのみ記載あり。
応答速度も公式サイトのみ記載あり。
各数値は公式サイトとAmazonを参照してます。

▲目次へ戻る

4-2、Huion『Kamvas Proシリーズ』性能・仕様比較表

Kamvas Pro12,13,16はサイズの違いと、
プレスキー数の違いのみで性能面では同じでした。
ショートカットキーボタンは
Kamvas Pro 12,13は4+タッチバー
Kamvas Pro16で6+タッチバー

画像・機種名をクリックするとAmazonへ。リアルタイム価格・評価・詳細を確認できます。
 
機種 Kamvas
Pro16
Kamvas
Pro22
(2019)
Kamvas
Pro20
(2019)
Kamvas
Pro 20
共通性能 ◆ 筆圧 8192レベル
◆ ペン充電 不要
◆ 読取速度 266PPS
傾き検知あり(±60°)
◆ 応答速度 25ms
◆ 読取解像度 5080LPI
◆ 読取精度 ±0.5mm
◆ 視野角 178°
◆ IPSアンチグレアガラス
◆画面解像度 1920×1080
◆ コントラスト比 1000:1
◆ 最大表示色 1670万色
フルラミ 加工
視差軽減フルラミネーション加工
機種 Kamvas
Pro16
Kamvas
Pro22
(2019)
Kamvas
Pro20
(2019)
Kamvas
Pro 20
色域 (%) Adobe
RGB92
sRGB
120
sRGB
120
Adobe
RGB92
sRGB
120
sRGB
100
キー 6+ タッチバー 左右で20+ デュアルタッチバー 左右で16+ デュアルタッチバー 左右で16+ デュアルタッチバー
サイズ
(mm)
437x
251×11
589x
344×21
552x
315×21
552x
315×21
描画エリア
(
mm)
344x
193
476x
268
434x
238
434x
238
左利き対応
機種 Kamvas
Pro16
Kamvas
Pro22
(2019)
Kamvas
Pro20
(2019)
Kamvas
Pro 20
 

応答速度は公式サイトのみ記載あり。
各数値は公式サイトとAmazonを参照してます。

▶︎Huion Kamvas Pro12
・性能面では上記のPro16と同じ
サイズ:約350x198x11mm
描画エリア:約256x144mm
プレスキー:4+タッチバー ▶︎Huion Kamvas Pro13
・性能面では上記のPro16と同じ
サイズ:約388x219x11mm
描画エリア:約293x165mm
プレスキー:4+タッチバー

そのほか『Kamvas Pro16 Premium』と『Kamvas Pro22』(2019記載ないやつ)というのも公式サイトにはありますが、Amazonになくて値段がよくわからないので省きました。。。

▲目次へ戻る

4-3、Huion『Kamvas16』『GTシリーズ』性能・仕様比較表

続いてKamvasシリーズとGTシリーズ。。。

Kamvasのは Amazonには現在16しかないみたいですね…

そしてGTシリーズはやや以前のタイプが多く、内容・性能もやや入り乱れてる感じなんでちゃんとチェックして知った上で選択したいところに思う。

色域もカバー率が低めだったり、ペン充電が必要なタイプもまだかなりあるようです。↓

画像・機種名をクリックするとAmazonへ。リアルタイム価格・評価・詳細を確認できます。
 
機種 Kamvas
16
GT-156
HDV2
GT-221
Pro
GT-191
V2
共通性能 ◆ 筆圧 8192レベル
◆ 読取解像度 5080LPI
◆ 読取精度 ±0.5mm
◆ 視野角 178°
◆ IPSアンチグレアガラス
◆画面解像度 1920×1080
ペン充電 不要 必要 必要 不要
傾き検知 ±60°
読取速度 266pps 233pps 233pps 266pps
数値が大きい方が速い
応答速度 25ms 30ms 14ms 25ms
公式サイトにのみ記載あり。
数値が小さい方が速い
フルラミ 加工
視差軽減フルラミネーション加工
機種 Kamvas
16
GT-156
HDV2
GT-221
Pro
GT-191
V2
色域 (%) Adobe
RGB75
sRGB
100
NTSC
72
NTSC
72
sRGB
100
NTSC
72
キー 14+タッチストリップ 14+タッチバー 20+デュアルタッチバー
サイズ
(mm)
432x
264×14
432x
264×14
589x
344×21
475x
298×35
描画エリア
(
mm)
344x
193
344x
193
476x
268
434x
238
最大表示色 26万色 26万色 1670
万色
1670
万色
コントラスト比 1000:1 1000:1 1000:1 1000:1 ( amazonでは 3000:1になってるw)
左利き対応
機種 Kamvas
16
GT-156
HDV2
GT-221
Pro
GT-191
V2
 

応答速度は公式サイトのみ記載あり。
各数値は公式サイトとAmazonを参照してます。

色域ついてもう少し突っ込んだ内容もチェックしておきたい方は
▶︎❤︎8、色域(sRGB・adobeRGB・NTSC)参照してみてください。。。

あと、

▶︎HUION GT-191 では、
ニーアオートマタの『2B』が描かれている画像なので思わず目が止まってしまいますが 笑
フルラミネーションじゃないのとペン充電必要なのと色域がNTSC72%、ショートカットキーナシなどでここでは除外しました。。。

そんなこんなで、

Huionの液タブなら、性能面でも高く、値段も抑えられた『Kamvas Pro16,13,12』がいいかなと。。。
おすすめに入ってくる機種だと思います。↓

▶︎Huion Kamvas Pro16
Amazon
▶︎Huion Kamvas Pro16
▶︎Huion Kamvas Pro13
▶︎Huion Kamvas Pro12
楽天市場
▶︎Huion Kamvas Proを探す

でももし6万代くらいまで予算を見ているならワコムの液タブもチェックしてみて欲しい↓

▲目次へ戻る

そして、

液タブの筆圧傾き検知機能などを最大限生かして活用するにはペイントソフトがそれに対応してるものでないと意味がなくなってしまう。。。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)なら最大限生かして使えるし、DL版なら永久ライセンスが5,000円で購入できてしまいます。↓

更に、複数ページにまたがる制作や電子書籍対応などにズバ抜けて優れてるCLIP STUDIO PAINT EX(クリスタEX)は良いです↓

クリスタPROをすでに持ってるなら優待価格でアップグレード・移行・乗り換えもできます。値段は現在持ってるクリスタ の状態と乗り換え方法で変わります。↓

ということで、

楽しいクリエイトあれ!

しゃらんるあわぁああああ❤︎

▲目次へ戻る

\(`^`)b ( ̄v ̄)ゞ

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

関連コンテンツ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + nineteen =