フレットレスベース選び


2017.07.07⇅

ベースをやってる方なら一度はフレットレスが気になったことがありませんか?

でもなんとなくメインで使えないからいつかでいいや。。。とかなってませんか?

でも、

私が思うに、フレットレスベースってかなり “潰しの効く楽器” だと思う

つまりフレットレスだけで普通にバンドのベースもできちゃうよね、と思っている

スラッパーです、っていうならアレですが、ちょっとくらいならフレットレスでスラップだって面白く表現してる人もたくさんいますし、逆にフレットレスでなんでもやっちゃうことによって発見があったり、個性というか、色を出せたりする

迷ってるならまずは所有してみることをお勧めw

ハマるかもよ?笑

 

PUNK JAZZ

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♥1,オススメフレットレスベースはコレ!

♥2,フレットレスベースでの自分の音色の好みを知ることが大事

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

 

 

♥1,オススメフレットレスベースはコレ! 

円NO.1(250px,G128)

 ▶︎Amazon▶︎Fender/Japan Exclusive Classic 60s Jazz Bass® Fretless, Rosewood Fingerboard, 3-Color Sunburst フレットレス【フェンダー/ジャパン】¥104,004

残り1点!

ピックガードは付属
保証書/ギグバッグ付属

Model Number : 5255800900
Series: Japan Exclusive

Body
Body Shape:Jazz Bass®
Body Material:Alder
Body Finish:Polyester

Neck
Neck Material:Maple
Neck Shape:Slim “C”
Scale Length:34″ (864 mm)
Fingerboard Radius:7.25″ (184.1 mm)
Number of Frets:Fretless
Fret Size:Vintage-Style
String Nut:Synthetic Bone
Nut Width:1.5″ (38.1 mm)
Neck Plate:4-Bolt
Neck Finish:Polyester
Fingerboard:Rosewood
Position Inlays:White Dot

Electronics
Bridge Pickup:Vintage-Style Single-Coil Jazz Bass
Middle Pickup:Vintage-Style Single-Coil Jazz Bass
Controls:Master Volume, Tone 1. (Neck Pickup), Tone 2. (Bridge Pickup)
Pickup Switching:None
Pickup Configuration:SS

Hardware
Bridge:4-Saddle Vintage-Style
Tuning Machines:Vintage-Style
Orientation:Right-Hand
Pickguard:None
Control Knobs:Vintage Style Black Plastic Jazz Bass®

Miscellaneous
Strings:NPS, Gauges .045-.105

 

 

Fender Japan Jazz Bass Fretless

ボディ:アルダー
指板:ローズウッド
フェンダーUSAピックアップ

 

やはり、特別自分の好みがまだわからない、とにかく欲しいという方は迷わずFender Jazz Bass FL!

迷ったらコレにしておけば後々後悔なし!と言い切りたいくらいです笑

フレットレスが好きって方も、この定番の素晴らしく扱いやすい音を満喫できると思う

 

私もFender Japan Jazz Bass FL には本当にお世話になってます
(なんだかんだで20年近くの付き合いですが現役ですよくご無事で笑)

軽いし、ボディへのフィット感、弾き易さ、バランスなど、もう本当にFender Jazz Bass は素晴らしいです

そしてとにかく音作りの幅が広いし中域、高域の艶感、存在感があるし、アンサンブルに埋もれないヌケのいい音です

もう知り合ってから他のBASSを弾くたびに、このJAZZ BASSの凄さを実感します

 

ほかのどのBASSより身体にフィットし、軽量で弾き易すく、考え抜かれて製造されてるんだということが伝わってきます

よって、超、超個性的な音を求めてるのでなければ、

このフレットレスで満足出来ると思う
(ただし、これでもかなり音作り出来ます)

 

価格的にも手の届く範囲だと思う

ま、USAのは安くはないけど、Japanのだったら10万くらいでゲットできます。

JAPAN は USA より断然安いですが、音的にはUSAにもそんな劣らない思う
(オールドはもちろん別ですよ❤)

作りというか部品がUSAの方が高いものを使っているそうですが….

JAPANは部品(ヴォリュームネジ、カバー、など)、素材は安いのを使ってるなどで、お求めやすい価格を実現しているそうです

ですので耐久性はUSAの方があるらしい(これは現場の方に聞いただけで私はUSAのfender持ってないから体感はしてないけど)

 

 

円NO.2(250px,G128)

 

Godin A4 Ultra Fretless SA

¥232,200

試奏したことありますがこれもかなりオススメです
音の軟らかさ、脹よかさ共に素晴らしいと感じました
弾き易さも抜群でした

なによりローの出方が本当に心地いいです

■Top: Solid Spruce
■Body: Two-chambered silver leaf maple
■Neck: Maple – 34inch
■Fingerboard: Ebony 16″ Radius
■Scale: 34”, 864mm
■Nut Width: A-4 38mm
■Pickup: RMC piezo pickup and Lace Sensor Magnetic Pickup
■Bridge: Ebony
■Controls: ・PROGRAM UP&DOWN/・MID SELECTOR (700-1200Hz)/
・PIEZO VOL./・TREBLE (6k)/ ・MIDDLE /・BASS (100Hz)/
・SYNTH VOL./・MAGNET VOL&TONE
■Color: Natural

 

その他気になるフレットレスベース

Eastwood Guitars イーストウッド 
EUB-1 フレットレスベース
Sunburst Ampegトリビュートベース

【正規輸入品】Eastwood Guitars イーストウッド EUB-1 フレットレスベース Sunburst Ampegトリビュートベース 【期間限定!!ショッピングクレジット12回まで金利O%キャンペーン】

価格:116,640円
(2016/1/29 21:19時点)
感想(0件)

■仕様
Body : Mahogany
Neck : Maple, Bolt-ON
Fingerboard : Rosewood, FRETLESS, dot markers on side
Scale : 864mm
Nut Width : 41mm
Pickups : 1 X Alnico EW-Humbucker
Switching : non
Controls : 1 Volume, 1 Tone
Bridge : Fender Style Adjustable
Tremolo/Tail : non
Hardware : Grover Style Nickel/Chrome
Other : ケース別売り
Unique Features : Through-body F-holes
Color : Sunburst

欲しい♥
楽天なんですが動画で音聴けます
かなりイー感じ
こっち系って音がもーっとしててフレットレス感なさそうなイメージだったんだけど
フレットレス感ある音してる!

 

で、

最近気になるのはこれ!
    ↓

Ibanez / Bass Work Shop Series SRH500F-NNF Natural Browned Burst Flat アイバニーズ

新品価格
¥85,050から
(2017/2/5 04:56時点)

商品情報からするとかなりこれ良さそう!
  ↓
*マホガニー材チェンバー・ボディ、スプルース材をトップのセミホロウ構造
Ibanezオリジナルの”AeroSilk piezo pickup”

●Semi-Hollow Body
チェンバー加工を施したマホガニー材にスプルースを貼り合わせた55mm厚のセミホロウ・ボディが豊かなレゾナンスを生み出します。

●Contoured deep neck joint
ハイ・ポジションへのアクセスを自在にします。

●WIDE ELBOW CUT
様々なプレイスタイルを想定した幅広のエルボーカットはプレイアビリティはもちろんデザイン性も重視しています。

●Aero Silk piezo pickup
Ibanezオリジナルのピエゾ・システムが、あたかもウッドベースのような、アコースティックで暖かみのあるピエゾ・サウンドを実現しています。また出力バランスのばらつきを解消するため、ブリッジ裏には弦ごとに出力調節トリムを備えています。

主な仕様
– Neck type SRH4 5pc Jatoba/Bubinga neck
– Body Spruce top/Mahogany back body
– Fretboard Bound Rosewood fretboard w/White off-set dot inlay
– Fret Black fret lines
– Bridge Custom bridge for AeroSilk Piezo system 19mm string spacing

 

 

単に好みだけで言えば…….高いけど音色的にはこれが一番 L・O・V・E ❤
  ↓

うっとり♥(MB-2ね♥)
▷Rob Allen
*PCだと試聴出来ます

 

ただしフレットレスの基礎的、基本的なことをちゃんと学びたいならFender Jazz Bass FL は1本は持っておきたい楽器だと思う

フレットレスの基礎的な音の感覚、音作りを体感するのにもまずはFender Jazz Bass FL から吸収できることは大きい

音をもーもーと太くしすぎたり大きくしすぎたりしてかえって全然聞こえないよね 笑なんてことはしなくなると思う笑

 

 

そりから そりから

余談ですが

フェンダーセミフォロウ
ボディフレットレス!fender PBAC -100FL 

fender PBAC -100FL 画像

現在私がメインで使っているフレットレス(   fender PBAC-100FL  )です
(命名、”Husky Fat “ちやんです❤)

これは現在製造中止なので中古でしかありません

これはJazz Bass Fretlessのニュアンスもありつつ、ローとハコ鳴り感をがとてもある音色です

ハコ鳴りや空気感も求めてるのであれば、やはりピエゾいいと思います

使ってみると本当にピエゾの楽しさを感じます
セミホロウでもピエゾでボディ鳴りを拾ってくれないとほとんど聴覚的に “満足できるくらい音の差” はないなって想います

ただ、ピエゾは各弦の音のバランスが悪い場合が結構あってしかも調整が難しかったりします

私はリペアしてもらいましたが、それでも音量のばらつきが気になります

なので、弾き方、弾く位置、力加減、設定、などで調整してます
(原始的ねぃ笑)

その点、ゴダンはかなり優秀に感じました…………

ですがね、

 fender PBAC-100FL って音はもろ私のど真ん中なんです

ボディーフィット感はやや欠けますが、ネック自体の響き、ボディ鳴り、ローの脹よかさがとても素晴らしいです
これは是非、コンセプトだけでも復活してほしいです

 

指板:おそらくローズウッド
ネック:メイプル
ボディ:マホガニー、スプルーストップ?メイプルトップ?
ピックアップ:ピエゾ&レースセンサー

下の動画ではこのfender PBAC-100FLを使ってます

注目のセミホロウボディベースも参照ください

 

 

♥2,フレットレスベースでの自分の音色の好みを知ることが大事

フレットレスベースを選ぶにあたって、いろいろ目移りしてしまいます
なので、

自分の音色の好み
弾きやすさ
使う用途
ルックスの好み
予算

を整理しておくと良いですよね

何を求めるのかによって変わってくるし、一口にフレットレスベースと言ってもかなり幅広い音の違いが有る

どんな音を求めているのかの輪郭をはっきり捉えておいた方が良いですよね

できれば購入前に自分の好みをチェックしておくべし!

 

材質やピックアップ、ネック、指板によって当然音はがらりと変わるし………

自分の好みの音の材質は何なのかもチェックしておきたいところです

 

私の勝手な好みで言うと アッシュ系の重い材質は音がしまっててゴリッっとしてるのでフレットレスには好みではありません

フレッテッドだと好きですが….

 

フレットレスなら出来ればマホガニーバックとかメイプルトップとか….アルダーが好きです

ビャウっという質感を出しやすい感じがする

重いとまずLIVEで肩しびれてきて 声を出しづらいからヤってのもありますし笑

それと音は乾燥して軽くなった木の方が響くようです
(ホローボディだとハウリやすくなりますが)

 

ただ、ベースの場合ある程度の重さも必要で、安定感があると何故か音抜けが良くなる感じがします

あと、ネックの太さや指板の感じでも響きが著しく変わる印象です

 

そして、なんといっても ”ピックアップ”!

リアよりの音作りか、フロントよりの音作りか、パッシブか アクティブか それともピエゾか…….などなど

どれが自分の好みなのかチェックしておきたい

 

パッシブアクティブについては下記のページに書きましたので参照ください↓

スラッパーになりたい人にオススメのベース

 

おまけw

Fender Japan Jazz Bass FLで録音した曲です↓
(Tomocheeeeさん唄&曲、私が演奏&アレンジ&録音させて頂きました)

 

他、わたしが唄、アレンジ、録音してみたSTINGのカバーですが
これも Fender Japan Jazz Bass Fretless を使ってます
0:50くらいからベース入ってきます
Englishman in New York / STING (REACH_rhカバー)

 

ま、最初から個性や遊び心、音の立体感やエア感を重視してくならセミホロー系も断然面白いと思うw

単に好みだけで言えば…….

高いけど音色的にはこれが一番 L・O・V・E ❤

うっとり♥(MB-2ね♥)
▷Rob Allen
*PCだと試聴出来ます

 

ただしフレットレスの基礎的、基本的なことをちゃんと学びたいならFender Jazz Bass FL は1本は持っておきたい楽器だと思う

フレットレスの基礎的な音の感覚、音作りを体感するのにもまずはFender Jazz Bass FL から吸収できることは大きい

音をもーもーと太くしすぎたり大きくしすぎたりしてかえって全然聞こえないよね 笑なんてことはしなくなると思う笑

 

では楽しいフレットレスライフをば!

しゃらんるああぁあ♥

 

フレットレスベースが聴ける曲たち

 

フレットレスベースの音作りについて

 

 

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

REACH_rh note

follow us in feedly

 

関連コンテンツ

\(`^`)b


フレットレスベース選び” への6件のコメント

  1. Fender Japan Jazz Bass Fretless、
    仕様をみると私が持っているのも同じ機種かもしれません。

    同じような価格帯でジャコパスモデルと通常モデルの
    2機種はなかったような気がするので、おそらく。(^^;

    私もジャズベースのフォルム、
    機能美に惚れている一人です。(^^)v

    • ももさんこんにちは!

      やはりこのベースって素晴らしいですよね

      私は最初にお店でいじっってみたとき、
      “ゲロ〜〜ほんとにジャコみたいな音出るなんて!”
      ってびびりました
      (もちろん音同じって言ったら怒られますが、フロントピックアップをややしぼると
      かなりそのニュアンスが出てビックリして忘れられなかったのを今でも覚えてます笑)
      今でもこのJAZZBASSを弾くと、間があけばあくほど、この完璧に近いフォルムと、弾き易さ、音にシビレてしまいます,,,,❤
      ももさんのもうちのFunkJazzくんと仲間ですよね
      シリアルNOも近いのかもしれません
      S023893って書いてあります….

  2. 私のフレットレスはP095214でした。
    Crafted in Japan+P0 + 5桁の数字なので1999-2002年製。

    REACH_rhさんのFunkJazzくんはS023893なので、
    Crafted in Japan表記ならS0 + 5桁の数字なので2006-2008年製 、
    Made in Japan/表記なら S + 6桁の数字なので1994-1995年製のようです。

    多少前後しているアバウトな場合もあるようですが。(^^;

    当時バンドブームでフェルナンデスやヤマハのモーションB、
    ユニコーンのEBI君と同じデザインのアイバニーズのベースが
    流行っていた時期に、それらに何の興味も示さずジャズべに。

    何十年経っても変わらぬ相棒っていいですよね。(^^)

    • ももさんおはようございます

      わたしのはジャパンだので1994〜のようです
      ももさんのよりやや歳上ようですね笑
      多分このシリーズが出たばかりの時のだと思います
      ヘッドのペグも企画が最近のと違って交換するには外注取り寄せです
      でも使い続けようと思います(^ν^)

  3. ピンバック: 接点復活剤の奇跡の起こし方 | REACH_rh.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − one =