入稿データの配置画像は濃度300%以下にしてください言われたら

Pocket

 

印刷物を作る場合デザインを考える側とそれを刷る側との連携は大事ですよね

印刷物は色濃度が濃すぎると印刷に支障をきたすので、濃度オーバーにならないデータが必要です

なのでその場合にはあらかじめ推奨濃度を提示せてくれてる印刷屋さんもたくさんいらっしゃいます

その場合はそれに沿ってデータを作りますが、指定がない場合でも後になって濃度300%以下にしてください!

となる場合も実際は多いようです

なのでそう言われたり、もしくは 300%以下の濃度のデータを作るには?

をやってみましたので備忘録

Ai Ps color Nodo

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、そもそも何故濃度オーバーになるのか?

❤︎2、画像の濃度を300%以内に抑えるには

❤︎3、300%に抑えた画像を生かしてリンクしたり埋め込むには?

❤︎4、印刷屋さんに確認しておくのがベスト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

 

❤︎1、そもそも何故濃度オーバーになるのか?

印刷データを作成する場合画像データも基本的にはCMYKカラーに変換しておくことが必要に成る。

インク過多になりうまくのらない、ズレる、しみるなどの原因になったりするから濃度はほどほどにしなければならない。

でも画像補正や、イラストを描いて印刷用にCMYKにしてからさらに補正したり色を調整したりするとあっという間に400%近くなってる場合があります

C,M,Y,Kそれぞれ100%まで使うと400%になってしまいますもんね笑

それはそのままデータとして使えば濃度オーバーです笑

 

前回のカラー設定でも書きましたが、通常、CMYK作業スペースを

“Japan Color 2001 Coated” に設定してある場合、濃度は350%以内に収まるようになってます。
(”Japan Color 2001 Uncoated” はマッド紙用でもっと濃度を抑えてくれます310%くらい)

 

それなのにオーバーするのは、

“CMYKに変換してから手を加えてしまてる” からです

 

もしどうしてもまだ調整したくてしてしまった場合、

“もう一度RGBカラーにしてからCMYKに保存し直すとそれだけで350%以内に収まります”

本当は最初から濃度を意識して補正したり調整したりすべきだけどうっかりオーバーしてしまっった場合にはもう一度RGBに戻してからCMYKにすると抑えられます

現在多くの印刷やさんは大体これで対応してくれるはずです。(350%以内で)

通常の対策はこれで解決するはずです。

基本的には何度も変換するのはよくないとされているので、変換は最後に最小の回数だけするようにした方がいい。できれば編集してから最後に1回で決めるのが望ましい)

 

でももちろん300%までと指定されてる場合はこれでも濃度オーバーですが..

つまり300%以内になんて普通にやってたら当然オーバーしますw

といった感じですねぃ……..

 

 

❤︎2、画像の濃度を300%以内に抑えるには

印刷やさんに濃度300%以内に収めてください〜wなんて言われた場合は抑えるしかありません笑

CDブックレットなどでテンプレを用意してくれて最速でお得に印刷してくれるサービスとかだとそのパタンがまだ多いかもしれない。

 

そこで300%以内に収めるには?となりますが、

 

その場合はレベル補正やトーンカーブなどで調整するのもありです。

私もそうしたりすることもありました。

 

ただ、非常にそれは難しいです笑

色のバランスが崩れて元の自然なトーンが失われやすい

 

なので、カラー設定で単純に濃度をオートマチックにセーブさせた方が早い

それは、、、

 

まずフォトショのカラー設定で

作業用スペースのCMYKの所を、”カスタムCMYK” にします

 

するとカスタマイズできるウィンドウが開かれます↓
ここでインキの総使用量の制限を300%にする
5_ink 300

 

この設定をしたら、その画像を一旦 RGBに戻し、CMYKに設定し直す

6_CMYK

 

すると下図のように確認されるのでOKする

 

で、

まず濃度のチェックの仕方ですが、

Photoshopの情報パネルを表示させておき、スポイトで濃そうなとこをクリックします。すると情報パネルにCMYK値、その右に合計値が表示されます
下図は、399%でブッちぎり濃度オーバー〜〜!!!の図です笑

1_Ps_CMYK400

 

ここから上記のように制限させる設定をすると、
下図のように263%(300%以内)になっているのが確認できます。

8_Ps_CMYK300

 

これでOK

この画像を印刷屋さんの指定したファイル形式に保存しておく
(EPSとかTIFFとか)

 

スポンサーリンク

 

 

❤︎3、300%に抑えた画像を生かしてリンクしたり埋め込むには?

で300%以内に抑えた画像を印刷データにするには、Illustrator でのファイルに埋め込むなりリンクするなりして配置し直さなければならない

この際にも、カラー設定がその画像のプロファイルを保持してくれるように設定しておく

イラレとフォトショのカラー設定
このカラー設定にしておくと、

例えばEPS画像イラレで直接開くと、下図のような確認をされる
この場合元画像の設定を生かして開きたい場合は、”そのままにする(カラーマネジメントなし)でOKにして開くと、その画像ん設定のまま開かれる。

 

11_Ai_300made

 

また、EPSを配置で埋め込みにすると、EPS画像の場合は何も問われず、そのままその画像の設定を保持したまま埋め込める

また、EPSを配置でリンクの場合は当然この作業スペースの設定になる(濃度350%)

 

 

*TIFF画像、JPG画像(JPGは使わないと思うけど)の場合は、

*直接イラレで開くと下図のように確認される
元画像のプロファイルを生かすようにするには作業用スペースの代わりに埋め込みプロファイルを使用するを選択してOKする

 

また、TIFF、JPGを配置で埋め込みだと下図のように問われる
元画像の設定w生かすのであれば変更しない(カラー値の保持)を選択

 

また、TIFF、JPGを配置でリンク

だと、また下図のようになり、作業用スペースの代わりに〜を選択してもこのイラレの作業スペースの設定になり、この場では濃度350%になっている

 

まとめると、使う画像埋め込みは元画像の数値(濃度300%以内)に、
リンクだとそのイラレドキュメントのカラー設定で表示される
(この場合Japan Color 2001 Coated 濃度350%以内)

リンクだとそのファイルの表示では300%以内にならないですが元画像は300%以内

という感じですが………..

 

 

❤︎4、印刷屋さんに確認しておくのがベスト

どこの印刷屋さんに出すものなのかの確認と、その印刷屋さんの推奨設定や入稿規定を確認させていただくことがやはり大事に思う。

入稿規定をWeb上で公開しているならそこでまず最初にしっかり確認しておくことが作業をスムーズにさせることになる

ただ、情報が少ない、確認できない、などが多い場合もあるし、その印刷会社さんにとっては当たり前のことでも、他の印刷会社さんでは全然違う規定があるなどもある

その中で、細かく確認することがむずかしければ当然安全パイでデータを作るしかない

今回の濃度も、指定がなければ350%でいいのかな?と思うけど、実際そうな場合と、入稿してから300%オーバー!濃度オーバーですと戻される場合もあるようです。

なのでできることなら事前に確認しておきたいところかと思う……..

 

ってことで楽しいクリエイトライフあれ!

しゃらんるわあああぁあ❤︎

 

CLIP STUDIO 購入してみた〜DL版がお得だ!!!

 

\(`^`)b

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

 

関連コンテンツ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × three =