【クリスタ3Dデッサン人形素材の動かし方Vol.2】下部ツール『オブジェクトランチャー』の使い方を網羅!の巻

Pocket

前回はクリスタ(CLIP STUDIO PAINT)の3Dデッサン人形を動かすための、上部ツール『移動マニピュレータ』について書きましたが、

今回はその続き、Vol.2で、

クリスタ3Dデッサン人形『下部のツール』
(『オブジェクトランチャー』)機能の詳細です。

Vol.1をまだ見てない、『上部のツール』わかんないって方は先に

▶︎クリスタ3Dデッサン人形素材の動かし方Vol.1】上部ツール『移動マニピュレータ』の使い方をまずはチェック!の巻 を参照くださひ

下部ツール『オブジェクトランチャー』
〜〜目次〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  初めに↓

❤︎1、クリスタ3Dデッサン人形『下部のツール』って何?

❤︎2、【動画解説】クリスタ3Dデッサン人形『下部のツール』
(『オブジェクトランチャー』)

  動画は面倒という方はテキストと画像でどうぞ↓

❤︎3、『下部ツール機能詳細』(『オブジェクトランチャー』)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

❤︎1、クリスタ3Dデッサン人形『下部のツール』って何?

3Dデッサン人形を自由に動かして使うためのツールは大きく分けて3つあると前回書きました。

つまり全部ある程度理解して組み合わせて使うことが必要。。。

そのうち、3Dデッサン人形を読み込んで作業する場合、
下の方に長めのツールバー』があります。

その『下部のツール』は、素材の管理や、作業の調整などができるツールで、
オブジェクトランチャー』という名称があります。

下図参照↓

クリスタ3Dデッサン人形下部ツール

主に

  • 回転の初期化
  • ポーズの初期化
  • 地面に着地
  • 体型のカスタマイズ
  • 体型の保存
  • ポーズの保存
  • 固定箇所の設定

などなどができます。

とにかくこの3Dデッサン人形を自分でカスタマイズするのに理解しておくべき内容なんですが、ぱっと見ではわかりづらいのも確かです。

んが、わかってしまうとかなり使いやすくなります。

ってことで内容詳細行きますね。。。

▲目次へ戻る

❤︎2、【動画解説】クリスタ3Dデッサン人形『下部のツール』
(『オブジェクトランチャー』)

動画で実際見てみるとわかりやすいと思うので動画撮ってみました。

【クリスタ3Dデッサン人形 下部ツール機能内容】『オブジェクトランチャー』動画解説↓

動画はだるい…という方はテキストと画像でどうぞ↓

❤︎3、『下部ツール機能詳細』(『オブジェクトランチャー』)

【クリスタ3Dデッサン人形 下部ツール機能内容】『オブジェクトランチャー』テキスト&画像解説↓

各内容を下図の番号順に行きますね。。↓

オブジェクトランチャー
クリスタ3D素材編集の下部ツールバー各種_『オブジェクトランチャー』

❶と❷(3Dオブジェクト選択の切り替え)

1-2_3Dオブジェクト選択の切り替え

3D素材人形は、3Dレイヤー上に読み込みますが、同じレイヤー上にも読み込めます。

素材が複数ある場合で、編集対象の選択切り替えが必要になってきます。

その際、このタブで現在選択されてる素材の切り替えができる。

❸(オブジェクトリスト)

3_オブジェクトリスト

オブジェクトリストパネルが立ち上がり、現在使われているオブジェクトの項目を一覧で確認出来る

❶と❷にも似たタブですが、一覧でチェックできるし、例えば背景素材などの場合、局部的な内容の確認・編集対象を選択できたりする。

また、見ての通り、上図の場合、光の有無の調整なども確認できる。

❹(カメラアングルプリセット)

4_カメラアングルプリセット指定

カメラアングルはほかのツールでももちろん調整できるけど、ここでは、『プリセット』を選択することによって、大まかなアングルをさっと設定できるので便利な機能。

全身が見える左右のポーズや、アップのポーズ、上部から見た構図なども素早く設定できる。

作業を速くするためにはまずはこれで選択してから詳細をレイアウトしていけるので0からポーズを作るより効率的になる。

▲目次へ戻る

❺(編集対象を注視)

5_編集対象を注視

これは同じレイヤー内に素材が複数ある場合、編集対象をメインに見やすくしたい場合などに使える。

このタブをクリックすると選択されてるオブジェクトが中央にガンと表示される。

❻(モデルを床面に設置)

6_モデルを床面に設置

オブジェクト(人形・モデル)を編集してると、うっかり宙に浮いてしまったりする。

そんな時、このタブをクリックすると一発で地面に戻してくれる。

これは結構使う機能で、必須理解項目。

❼と❽(ポーズを素材登録)

7-8_ポーズを素材登録

ポーズを編集して決まったら、そのポーズを登録(保存)しておける。

そのポーズは素材登録されるので、同じポーズを使いたい場合、またはそれに近いポーズを作りたい場合など、最初から作り直さなくてもその登録からドラッグするだけでそのポーズをいつでも再現できる状態にできるってこと。

例えば女性に作ったポーズを男性にも当てたい場合などは、

男性の基礎モデルをボードにドラッグ(3Dレイヤーに読み込み)

    ↓

登録しておいたポーズのモデルファイルをその当てたいモデルに重ねてドラッグ

これだけで再現完了です。。。

また、手の形を登録しておいたりもできます。

❾(ポーズ左右反転)

9_ポーズ左右反転

これはそのままですが、例えば右手を上に上げたポーズを作ったけど、左手にしたいとかの場合、このタブをクリックするだけで左右反転できる

アドビソフトなんかにも同じような機能がありますが、このタブアイコンは、同じような絵柄なので、わかりやすいので視覚的にも覚えておくと良いと思う。

❿(ポーズ初期化)

10_ポーズ初期化

ポーズレイアウトしてると、失敗して元に戻したい時など出てきますよね。。。

そんな場合このタブをクリックすると、初期ポーズに戻してくれます

これ最初はかなり必要な項目かなと。。。

▲目次へ戻る

⓫(オブジェクトスケールのリセット)

11_オブジェクトスケールのリセット

クリスタでのオブジェクトの大きさ変更の仕方は色々ありますが、これは、

『ツールプロパティ[オブジェクト]』>『サブツール詳細パネル』>『配置』での『オブジェクトスケール』で縮小・拡大したものをリセットできる項目。

単純に大きさを変更したものをリセットできれば便利なんですがね笑

『サブツール詳細パネル』は、上図のように、

オブジェクトアイコン>サブツール[操作]>ツールプロパティ[オブジェクト]パネル右下の工具アイコンでも開けるし、

このあと書きますが、『オブジェクトランチャー』⓲でも開けます。

⓬(モデルの回転のリセット)

12_モデルの回転のリセット

モデル(デッサン人形)は上部のツールで回転などもできますが、その、回転を元に戻すこともこのタブでできます。

編集してると『横から見るとどうなってるか』なども確認する必要がありますが、一旦確認してすぐ戻す場合などにも便利。

これも必須理解タブかなと。。。

▲目次へ戻る

⓭(デッサン人形の登録)

13_3Dデッサン人形の登録

ここでは、編集した『人形の体型』を登録保存できる。

同じ人物を描く場合、『同じ体型で描く』必要がありますよね、そんなとき便利。

体型をいちいち作り直す必要が無くなります。

❼・❽のポーズ登録保存にも似ていますが、違いは『体型』を保存しておけるってこと。

この『体型』を読み込んで、❼・❽で保存しておいた『ポーズ』を当てることなどもできる。

⓮と⓯(ポーズスキャナー)

14−15_ポーズスキャナー

クリスタでは、ポーズ素材からだけでなく、画像(写真)の中のポーズを読み取ってそれをこのデッサン人形で読み込むこともできる(すご〜い!)

それがこのタブからできます。

⓯のタブでプルダウンして『ポーズスキャナー画像』をファイルから選択できる。

⓰と⓱(関節の固定と解除)

16-17_関節の固定と解除

クリスタでは3Dデッサン人形素材を編集する際、ただモデルの手や足をドラッグすると、動きの不自然さを防ぐため、人形全体が連動して動くようになっています。

その時、思わぬ動き崩れなどが起こってやりづらいことも多い。

そんな場合、『関節の固定』をして動かしたい箇所のみ動かしたりできるのですが、

その『関節の固定』と『解除』ができるタブです。

この固定と解除はほかの方法でもできますが、このタブを使うのが早い時も多々。

このタブでのやり方は、

固定したい関節を選択→⓰(関節の固定)クリックで固定でき、

解除は⓱で一気に一括で解除できる。

これも理解必須項目かなと…

▲目次へ戻る

⓲(デッサン人形体型調整)

18_デッサン人形体型調整

一番右に少し離れてあるタブですが、これはモデルの体型を好みやキャラに合わせてカスタマイズできる。

上図のように、このタブをクリックすると、『サブツール』パネルが立ち上がり、『体型』の項目が表示される。

上図のように体型変更を全体や各部位などで調整できる。

ここで調整した体型は上記にあるように⓭(3Dデッサン人形の登録)タブで保存しておける。

更に⓫で書いたように、色々な調整ができる『サブツールパネル』が一発で立ち上がるので便利。

このサブツールパネル内左側の項目に色々あるように、手の形なんかも簡単なものはサクッと設定したり記憶させておくことができる。↓

手のポーズ

上図のように、『ポーズ』の項目を開き、人差し指を固定してグーボタンをクリックで指を指してるポーズにできたり、パーやチョキなども簡単に作れる。

そのほか光源なども調整できるのでいじってみてください↓

光源設定

もちろん上記で書いたように、ツールプロパティの工具アイコンからも開けるし、ツールプロパティ[オブジェクト]パネルから直接もできる。

『オブジェクトランチャー』の機能内容はそんな感じです。

▲目次へ戻る

続いてVol.3はこちら↓

▶︎【クリスタ3Dデッサン人形素材の動かし方Vol.3】細部を動かす『コントローラー』の使い方とは?の巻

クリスタは3D素材を使っての作画支援も満載です。
そのほかEXの方では更に複数ページにまたがる制作にも耐えうる便利機能があり、効率的な作業にシフトしていける。

クリスタEXにしかできないことがたくさんあります。↓

PROからEXへのアップグレードも差額で簡単にできるので下記もチェックしてみてください↓

値段、料金形態については色々あるのでこちらを参照↓

ってことで、

楽しいクリエイトあれ!

しゃらんるあわぁあああああああ❤︎

▲目次へ戻る

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

関連コンテンツ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − two =