ワコムの液タブ、Cintiq とCintiq Proの違い

Pocket

ワコムの液タブは色々ありますが、選ぶ際の価格的な壁

により、

  • Wacom Cintiq
  • Wacom Cintiq Pro

この2シリーズの違いって気になるところですよね。。。

ってことで今回はその差はなんなのか

◆Wacom Cintiq と Cintiq Pro の違い総まとめ

です!

ワコムの液タブを選ぶ時知っておいた方がいいことを含め、この2種の違いを突っ込んで網羅的にまとめてみました。

ちなみに、ワコムの液タブでおすすめ、『狙い目』をチェックしたいという方は
下記のページにガッツリ描き味動画とともに紹介してますので参照ください↓

ってことでWacom CintiqとCintiq Pro の違い、いってみましょうう〜

cintiq Cintiq Pro 違い
〜〜目次〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、Wacom Cintiq とCintiq Pro 性能面の主な違い

1-1、『視差』『ダイレクトボンディング』採用有無の違い

1-2、マルチタッチ機能の有無と、エクスプレスキーリモート対応の違い

1-3、色域カバーの規格の違い

1-4、『色合わせ(カラーキャリブレーション)』対応有無の違い

1-5、応答速度の違い

1-6、画面解像度の違い

❤︎2、CintiqとCintiq Proの選択ポイント

2-1、色の繊細な再現が必要な現場ならCintiqのみでは厳しい

2-2、Cintiq Proは13以外は完璧かなと

2-3、値段と描きやすさのバランスではCintiq16

❤︎3、CintiqとCintiq Proの全種類性能比較表

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

❤︎1、Wacom CintiqとCintiq Pro 性能面の主な違い

❶『視差』軽減の『ダイレクトボンディング』採用有無
❷マルチタッチ機能の有無
❸エクスプレスキーリモート対応
❹色域カバーの規格
❺キャリブレーション『色合わせ』対応の有無
❻応答速度
❼画面解像度

主にこれら。。。。

ワコムの液タブは全種類描き味を試して、仕様、性能も調べまくった結果として共有したいと思います。

ということで以下に詳細↓

1-1、『視差』『ダイレクトボンディング』採用有無の違い

ダイレクトボンディング(フルラミネーション)』とは、『視差』、ペン先の位置と画面上で描かれる際の隔たり、ズレを最小にするための加工技術。。。。

狙ったところにちゃんと描けないとストレスになりますよね….

思い通りの位置に描けるようそのズレを最小にする加工です。

詳しくは
▶︎❤︎13、視差・ダイレクトボンディング(フルラミネーションディスプレイ)参照

これはProシリーズのみ採用されていて、Cintiqシリーズには採用されてません。

描きごこちを試してみた印象としては、

Cintiq Proは『視差』をぜんぜん感じませんでした。。。

Cintiqは近づいて横から画面を見ると、ペン先を置いた位置と描ける結果の間にほんのり隙間があるのがわかります

超薄〜いガラス1枚隔てるような感じ。。。

でも、正面から描いてる分には気にならないというか、最初は気付かなかったという程度のものでした。

これは描き手のスタンスなどによっても感触は違うでしょう….

  • 高スペックな液タブ・環境ですでに描き慣れてる方
  • 図面系の正確で繊細な線を繋げて描くなども必要な方
  • 細い線画で巧妙な描画や塗りをする方
  • 横からの姿勢で常に描く方

などは気になるのかもしれません。。。

それ以外の、普通に絵を描く、というなら大丈夫な感触でした。

もともとワコムの液タブの『視差』は少ない方なんじゃないかなと….

試してみて思うのが、

応答速度が遅いと(PCスペック含めて)、全体的な遅延につながるので、そことのバランスで、トータル的な描画のズレをストレスに感じる場合が多いんじゃないかなと…

1-2、マルチタッチ機能の有無と、エクスプレスキーリモート対応の違い

まず、『マルチタッチ機能』ですが、

ここは使ってみて気になる人は気になる部分ではあると思う。

画面上を触ってズームしたり動かしたりできる、
タッチ機能は Cintiqシリーズには採用されてない

タッチ機能に慣れて描いてきた人にとっては明らかにむずかゆいと思う。

それと、『エクスプレスキーリモート』。。。

ショートカットキーをカスタマイズして割り当てたりなどができる本体とは別のリモートですが、

これはシリーズでの違いではなく、

Cintiq Proシリーズの、32 と 24 以外は『エクスプレスキーリモート』は付属されてなくて『オプション』、別売りになってるので、

ショートカットキーをタブレット自体に当てはめたり、本体のみでなんとかすることはできない

なのでそれがイヤだったらオプションでリモートを導入するしかない。

   ↓

▶︎ワコム公式ストア▶︎ExpressKey Remote
▶︎Amazon▶︎Cintiq&Intuos Pro用ワコムエクスプレスキーリモコン(ACK411050)
▶︎楽天▶︎ExpressKey Remote

んが、マルチタッチ機能もショートカットキーも、
ペイントソフトの『CLIP STUDIOクリスタ)』なら多少カバーできるのも事実。

クイックアクセス』という機能があるから・・・

詳しくはこちらを参照↓
▶︎クリスタのショートカットキーとクイックアクセスで作業を楽に時短!

この辺りは慣れである程度はカバーできる部分でもあるように思う。。。。

あった方がもちろんいいんですがね 笑

その分お値段も上がっちゃうってことですね…

▲目次へ戻る

1-3、色域カバーの規格の違い

色域』についてですが、

『色域』とはその機器でのカラー表現の方向性や表現力・基準色域の再現力になってくる部分。

色の基準、国際基準規格の『sRGB』や、Adobe規格の『AdobeRGB』などの基準にどれだけ近付けられるかのカバーパーセンテージ、

色域カバー率』が記載されている。

基準規格(標準)に近い色でモニターできるようにできそうか?をある程度測るのに見ておきたい項目。

基準に近い色のモニター環境にしたい場合・他のちゃんとした環境との色のギャップを少なくさせたい場合、重要な部分。

ここはプロの世界、シビアな現場には重要な部分かなと思う。

この数値はやはりCintiq Proの上位機種は優れた数値。。。。

Cintiqシリーズ は Cintiq Proシリーズと規格が違う、sRGBでのカバー率表記となってます(ProはAdobeRGBカバー率表記)↓

CintiqとCintiq Proの『色域カバー率』比較表
Cintiq 16 sRGB 96%
22
Cintiq Pro 13 AdobeRGB 87%
16 AdobeRGB 90%
24 AdobeRGB 99%
32 AdobeRGB 98%
  • Cintiq →sRGB96%
  • Cintiq Pro→AdobeRGB87~99%

sRGBは国際基準規格だけど、AdobeRGB規格の方が色表現の幅は広い
NTSC表記は現代となってはもはや古い印象すら感じるので割愛。。。。)

『色域カバー率』などについて詳しくチェックしたい方はこちらを参照
▶︎❤︎8、色域(sRGB/adobeRGB/NTSC)

実際試した現場感では、Cintiq、Cintiq Pro 全種両方とも(ハイスペック含めて)、色がキレイとか発色がいいとは特に感じませんでした。笑

むしろふわっと柔らかく、全体的に少しアンダー気味で

クセがないスッピンな感じの印象。

基本的には基準規格カバー率が高いからって発色が綺麗で色ヌケがいいかと言うとそれは真逆な印象。。。

色使いの基準となるベースセットになるので当然といえば当然。。。

キャリブレーションで合わせたモニターで補正前の写真の生データを見るとふわっとゆるめでアンダー気味に見えるのは普通でしたし…

Windowsのビュアーなど、通常の観賞用モニターなんかは実際よりも明るめだったり、盛って表示されてしまって素の色がわからない状態なので、これはいい傾向なのかなと。。。。

1-4、『色合わせ(カラーキャリブレーション)』対応有無の違い

上記の色域と関わってくる部分ですが、

CintiqとCintiq Proの違いとしては、『色合わせ』をする場合にも違いがある。

  • 【Cintiq Proシリーズ】
    →色合わせできる専用の機器、『カラーキャリブレーション』である、ワコムの、WacomカラーManager (eodis3-dcwa) を導入してしっかりできる。
  • 【Cintiqシリーズ】
    →『ワコムカラーマネージャー』は使えない…….

この違いもある。。。。

ただ、カラーキャリブレーションはワコムさんのでなくとも沢山あるので対応できるのが探せばあるような気もしないでもない。

『カラーキャリブレーション』の対応についてはワコムさんにも訊いてみたことがある。
種類の違う他メーカーのキャリブレーション対応では、できないとは言い切れない、もしかしたら可能なものもあるのかもしれないけどわからないとのこと。。。。
カラーマネジメントモニターかどうかわからないってことなんだろうか?………

なのでキャリブレーション機器のメーカーを調べまくるか、ワコムさんにツッコミまくるしかない感じ….

このあたり私も調べ中なのでわかったら追記しますね……..

▶︎ワコム公式ストア▶︎Wacom Color Manager Powered by X-Rite
▶︎Amazon▶︎WacomカラーManager (eodis3-dcwa)
▶︎楽天▶︎WacomカラーManager

まぁでも、Cintiq自体で

ディスプレイ設定(色の設定)』で

  • 色合い
  • 彩度
  • 輝度

などをスライダーで、『手動調整』、『目視』で合わせることはできるんですがね。。。。

▶︎ワコムディスプレイ設定-色の設定

この辺りは本格的な環境をどこまで求めるかによってな部分なのかなぁと….

ただ、趣味で描くとか、まだ途上の段階だ、というなら、十分楽しめる範囲のものだと思うし、

もっと言えば、

どちらにせよ『本格的モニター用のモニターを別途で繋いで色確認する』

というプロの方も多いと思う。

だいたい、色の再現やシビアな話になってくると、1つのモニターのみで判断すること自体難しく、複数のモニター、複数の環境でチェックは必要になってくるし。。。

▲目次へ戻る

1-5、応答速度の違い

応答速度』とは、線画含め画面に描くときの色ノリ、その切り替わる速度に関わる部分。

『応答速度』について詳しくチェックしたい方は、
▶︎❤︎4、応答速度・読取速度・反応速度・レポートレート(ms/PPS/RPS参照

体感では、25ms 以上が違和感なく描けるといった感触で、
ここはシリーズ枠でよりも、機器個別にチェックした方がいい

『応答速度』は同じシリーズ内でも違いがあり、

数値が小さいほど速度は速くなる

◆ Cintiq と Cintiq Pro の『応答速度』比較表
Cintiq 16 25ms
22 22ms
Cintiq Pro 13 30ms
16 25ms
24 14ms
32 8ms
  • Cintiq→25~22ms
  • Cintiq Pro→30~8ms

です。

実際、試してみて感じるのは、ここの数値は結構重要かなと…

30msで遅延は結構わかる程度に感じました

描きやすさの面で、『視差』が大きいと当然ストレスになりますが、

でもそれと同じくらい、環境によってはそれ以上に、
この応答速度が遅いと描画の遅延が合間って描きづらさに繋がる感触….

Cintiq Pro13のレビューもたくさん見ましたが、
Cintiq Pro13の「視差」が気になる』というのもありました。。。。

Cintiq Pro13 は、『視差を軽減する「ダイレクトボンディング」が採用されている』のにも関わらずです…

私はもちろんCintiq Pro13を描き試していますが、微妙な遅延は感じましたが、
視差』は感じませんでした

で、そもそも『応答速度』って、

  • PCスペック
  • 描画するファイルサイズ解像度
  • 扱うソフト
  • 接続関連

によっても大きく変わり、『大きな遅延』に繋がったりします。

液タブの応答速度自体が速くても、PCスペックが低かったり、ファイル解像度が高めだったり、扱うソフト、そのほか諸々で『遅延』が起こってくるということ。。。

なので、液タブの応答速度が高めでなく、PCスペックが十分ではない、ファイル解像度高め、などの環境で描いた場合、

大きな遅延』が起こり、その描きづらさが相まって『視差のストレス』にも繋がる場合も多いのかな。。。と….

実際Cintiq Pro13を試したとき、微妙な違和感を感じました。

描きやすさではグレードが下の『Cintiq16の方が良く感じた
(ダイレクトボンディング不採用機器、んが、応答速度はCintiq Pro13より上)

なので総合的なバランスが大事で、

特に液タブの場合、液タブ自体以外に、PCスペックも大事という印象。。。
まぁ、板タブでもなんですが・・・

▶︎1、まずはPC 参照

ということで、『視差』以外にもPCスペック等はもちろん、『応答速度』もしっかりチェックしておきたい項目。。。

体感では、25msより下回る速度数値の場合は要検討といった感触。。

1-6、画面解像度の違い

画面解像度』の違いで言えば、

Cintiq Proシリーズの上位機種(16以上)になると4K(3840×2160)になる。

んが、Cintiq Pro13は、Cintiqシリーズと同じHD1920x1080

といった感じ。。。

ただ、見やすさでは特に問題を感じなかった。。。。

画面の大きさと解像度のバランスで文字などが小さく見えてしまったりもするので、
その辺りはある程度確認した方が良いでしょうけれど、

機種ごとのバランスで特に問題はないように感じます。。。。

突っ込んでチェックしたい方は、

▶︎❤︎9、画面解像度
▶︎❤︎15、画素ピッチ
など参照

▲目次へ戻る

❤︎2、CintiqとCintiq Proの選択ポイント

単純には、Proはプロですでに活躍されてる方にも十分対応できうる機種で、Cintiqはもっと広いニーズに対応した機種ですよね。。。

ただ、それぞれ微妙に分かれてくる部分もあるように感じたので、それらをまとめてみます。↓

2-1、色の繊細な再現が必要な現場ならCintiqのみでは厳しい

上記の違いにあるように、Cintiqそれだけでは『色合わせ』したい場合の部分で不十分なところがある。

これはちゃんとした基準に近い色表現が必要になった場合、対応が少し面倒になるかなと…

手動で基準に近い色に合わせるのは、はっきりいって無理に近い。。。

なので、他のちゃんとしたカラーキャリブレーションを使えるモニター専用のモニターを別途で用意する必要が出てくるかなと…

ということで、

シビアな色合わせ対応がすぐに必要な場合はCintiq Proシリーズを検討するのが賢明かと….

しかも色域カバー率なるべく高めの機種で。。。。

ちなみに、モニターや高スペックのパソコンを導入するなら

受注生産のBTOパソコンで低価格に仕入れられる↓

BTOパソコン▶︎『ドスパラ』クリエイター向け

2-2、Cintiq Proは13以外は完璧かなと

で、Cintiq Proシリーズにしたい、となった場合、

性能や対応力、描きやすさなどのバランスから、Cintiq Pro16Cintiq Pro24が良いと感じます。

いや、性能が良くてお値段も高いので当たり前なんですが 笑

Cintiq Pro13の場合、せっかくProシリーズにするならもったいない感じがするんですよね。。。。

サイズは13でもいいように感じますが、気になるのはやはり『応答速度』。。。

Proを選択したいということは、ある程度シビアな制作も絡んでくる方なんだと思うのですが、そうすると、

描く速度や、効率面もシビアになってきますよね。。。

どうせならもうちょっと頑張ってバッチリなものがいいかなと。。。。

バッチリ、描きごこちの素晴らしさも最強に感じたのは

Cintiq Pro24

現在のワコム最高レベルの液タブだと思う。。。

▶︎ワコム公式ストア▶︎Cintiq Pro 24
▶︎【Amazon.co.jp限定】▶︎Wacom Cintiq Pro 24 ペンモデル ブラック オリジナルデータ特典付き TDTK-2420/K0
▶︎楽天▶︎Wacom Cintiq Pro 24

24が無理なら

Cintiq Pro16がベストかと…

▶︎ワコム公式ストア▶︎Cintiq Pro 16
▶︎【Amazon.co.jp限定】▶︎Wacom Cintiq Pro 16 HDMI接続対応 アマゾンオリジナルデータ特典付き TDTH-1620/AK0
▶︎楽天▶︎Wacom Cintiq Pro 16

32は。。。。。。大きすぎ高すぎて現実的じゃない感じ笑

2-3、値段と描きやすさのバランスではCintiq16

そして、ワコムの液タブで狙い目に思えるのが、

Cintiq 16

▶︎ワコム公式ストア▶︎Wacom Cintiq 16
▶︎【Amazon.co.jp限定】▶︎Wacom Cintiq 16 FHD ブラック アマゾンオリジナルデータ特典付き DTK1660K1D
▶︎楽天▶︎Wacom Cintiq 16

これは上記のように、『色合わせ』の部分では弱いですが、

描き味もよく値段も結構現実的で手の届きやすい価格帯になってる。。

液タブデビューにはこれこそ狙い目に思う。。。

▲目次へ戻る

❤︎3、CintiqとCintiq Proの全種類性能比較表

全種類チェックできる性能比較表を並べておきますw

Cintiq16, 22と Cintiq Pro13 比較表↓

 
  Cintiq 16 Cintiq 22 Cintiq Pro 13
筆圧 最高8192レベル
傾き検知 ±60°
応答速度
25ms 22ms 30ms
数値が小さい方が反応が速い
読取
分解能
0.005mm
色域 sRGB96%
NTSC72%
AdobeRGB
87%
ダイレクト
ボンディング

×
視差を軽減するための特殊加工の有無
視野角 176° 178° 160°
ショート
カットキー
エクスプレスキーリモートオプション
タッチ機能 ×
サイズ
横x縦x厚
mm(約)
422x
285×24
570x
359×40
360x
235×13
描画
エリア
(約)
15.6型 21.5型 13.3型
画面
解像
(最大)フルHD1920x1080
最大
表示色
1677万色
液晶
タイプ
IPS方式
アンチグレアフィルム
コントラスト比 1000:1 800:1
公式ストア
税込価格
74,580 121,000 91,520
  Cintiq 16 Cintiq 22 Cintiq Pro 13
 

画像をクリックするとAmazonでチェックできます。
Amazon等では時期により値段が変動しますが、もっと安くなっています。

Cintiq Pro 16, 24, 32 性能比較表↓

 
  Cintiq Pro 16 Cintiq Pro 24 Cintiq Pro 32
筆圧 最高8192レベル
傾き検知 ±60°
応答速度
25ms 14ms 8ms
数値が小さいほど反応が速い
読取
分解能
0.005mm
色域 AdobeRGB
90%
AdobeRGB
99%
AdobeRGB
98%
ダイレクト
ボンディング

視差を軽減するための特殊加工の有無
視野角 176° 128°
ショート
カットキー
オプション エクスプレスキー
リモート
タッチ機能 (※2
サイズ
横x縦x厚
mm(約)
410x
265×17
677x
394×47
854x
506×53
描画
エリア
(約)
15.6型
345×194
23.6型
522×294
31.5型
697×392
画面
解像
(最大) 4K 3840×2160
最大
表示色
1677万色 10億7374万色
液晶
タイプ
IPS方式
アンチグレアフィルム
コントラスト比 1000:1
公式ストア
税込価格
184,800 261,800 404,800
  Cintiq Pro 16 Cintiq Pro 24 Cintiq Pro 32
 

(※1) 24はナシのペンモデルもあり。
画像をクリックするとAmazonでチェックできます。
Amazon等では時期により値段が変動しますが、もっと安くなっています。

ちなみに、ペイントソフトはCLIP STUDIO PAINT EXが圧倒的に便利。
複数ページにまたがるものの制作や管理、電子書籍制作対応など、効率よく時短できます。↓

クリスタPRO持ってる人は優待価格でアップグレード・移行・乗り換えできる。
値段は現在持ってるPROの状態と購入のしかたで変わる。↓

▲目次へ戻る

そんな感じです!

ってことで

楽しいクリエイトあれ!

しゃらんるあぁああああ❤︎

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

関連コンテンツ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =