エックスサーバー&ワードプレスサイトの常時SSL化チェック項目のまとめ

Pocket

もう避けられないであろう常時SSL化。。。。

私もやっとだいたい全サイトやり終えましたのでまとめてみます

※SSLって何?SSL化って何?についてはもう既にネット上に情報が十分存在するのであえてスルーします

そこから知りたい方は検索してみてくださいw

エックスサーバー常時SSL化

 

エックスサーバー&ワードプレスです

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、SSL化でやること&チェック項目

❤︎2、サイトの環境によって対応は大きく違う

❤︎3、プラグインに依存したやり方でやる場合の対策

❤︎4、SNSシェアされた被リンク効果&カウント数はかえってこない?

❤︎5、SSL化は1つでも混合コンテンツが残っているとNG (失敗) ?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

 

❤︎1、SSL化でやることチェック項目のまとめ

*エックスサーバー&ワードプレス

==SSL化チェック項目・手順==============

SSL化する前と、だいたい終わった後にサイトのバックアップを取る(サイトのフルバックアップと.htaccessファイルをさらに別個にw)

エックスサーバーでSSL設定する
エックスサーバー無料独自SSL設定|XSERVERマニュアル

httpsでサイトが表示されるまで待つ→httpsで接続できたか確認する(30分〜1時間くらいで接続される)

サイト内の一般設定でサイトのURLを変更する
(WordPressアドレスURL,サイトURLをhttpからhttpsに書き換える→ログインし直す)
(ワープレの場合はこの記述でURLを統一化してwww.有無などの正規化もしたことになる)

内部リンクの修正、置換する
SSL化に伴う内部リンク、外部リンク、ASPリンクの置換についての❤︎00と❤︎01 参照

❻.htaccessに301リダイレクトコードを書く
.htaccessを編集する〜エックスサーバーSSL化に向けての301リダイレクト設定〜参照

301リダイレクトがちゃんとされてるかの確認
▷http://ohotuku.jp/redirect_checker/ でチェックできます

ウィジェットエリアのリンクはリンクし直す
(httpをhttpsに書き換える)

ワードプレスのテーマ内でhttpの記述がある箇所の修正
(header.php , footer.php, function.php, style.css, sns.phpなど)
(Macなら “command+F” 、Windowsなら “ctrl+F”ページ内検索窓が表示される)

その他Feedlyやヘッダー画像、ファビコン、Flickrなどの修正

⓫ASPリンク、アドセンスリンクなどサイト内の外部リンクの修正
SSL化に伴う内部リンク、外部リンク、ASPリンクの置換についての❤︎0と❤︎2を参照

SNSシェアカウント引き継ぎの設定
※このページの❤︎4参照

⓭混合コンテンツのチェック&修正
SSL化に伴う内部リンク、外部リンク、ASPリンクの置換についての❤︎0と❤︎3を参照

⓮301リダイレクトがちゃんとされてるかの再度確認
▷http://ohotuku.jp/redirect_checker/ でチェックできます

グーグルアナリィティクス登録URLの修正
Googleアナリィティクス登録URLの変更 の巻

グーグルサーチコンソール登録のし直し&サイトマップの送信
Google Search Console 追加登録・アナリィティクスとの連携・サイトMap送信

外部に登録しているURLの修正
(ASPや他のサービスに貼ってあるURL)

========================

こんなところがメイン項目だと思う・・他にもあったら教えてくださひw

 

スポンサーリンク

 

❤︎2、サイトの環境によって対応は大きく違う

上記の内容はサーバーや各サイトの状態によって作業重度はかなり変わってくる

例えば同じエックスサーバーのサイトでも、記事数や外部リンクのそれまでの貼り方などによってわりとさっくりできたり、ものすんごい時間かかったりする笑

キモはやはり混合コンテンツの修正をどれだけ単略化できるかにかかっている

ただし、記事数が多いサイトを全ページチェックする場合はどちらにしても大変かもしれない,,,,,,,,,

きっと皆さんプラグインSearch Regexを使ってhttpのものをhttpに一括変換していくことになるでしょうけれど、一括で変換されてしまう&基本的には元に戻せないので少しづつの範囲で分けて変換することになる

なのでASPリンクなどをそれぞれマチマチな貼り方してある雑記ブログサイトなんかは結構大変になる

なので取り掛かる前にどのくらいの重度になりそうか検討してから始めないと中途半端のままの状態が長くなってしまうのでそこも先にチェックしておいた方がいい

例えばASPリンクなどはある程度先に置換コードをわかっておいた方がいい

 

 

❤︎3、プラグインに依存したやり方でやる場合の対策

上記のことに関連してますが、エックスサーバーもプラグインで簡単に常時SSL化できる

で、私はプラグインでサクッとやるのも全然ありだと思うのですが、

===============

301リダイレクトにならないものもあるようなのでリダイレクトチェックはきっちりやる

プラグインでどこをどうされたのか理解しておくこと

プラグインを停止したらどうなるのかを理解しておくこと

============

が最低限必要っぽい

301リダイレクトは元のURL、ドメインパワーを永久に引き継ぐ、恒久的な転送で、今回の場合は302は良くない

302は一時的な転送なので、評価、パワーを引き継げないとされている

プラグインによっては302で返してしまうものもあるようなので要注意

ま、301リダイレクトチェックはどのみち必須でしょう

▷http://ohotuku.jp/redirect_checker/ でチェックできます

 

そして例えば Really Simple SSL などは一瞬で上記のだいたいのことができてしまうようです

.htaccessの301リダイレクト編集や、URLの置換などが一括でできちゃうプラグイン!

これって相当すごいことだと思う

このプラグインのおかげでどれだけ作業が軽くなるかと思うと素晴らしいプラグインだと思うし、救世主的な存在にも思う。。。

なのでこれを使える環境にある人はこれでサクッと済ますのも手だなと思う

 

ただ、プラグインを停止すると全て無効になってしまいます

なのでこれから永久にこのプラグインに依存していくのではなく、ゆくゆくは手動で少しづつでも直していくのが望ましいのかもしれないと感じます

プラグインの開発者の方がこれからずっと更新し続けてくれるとは限りません

サーバー側自体でのサポートなどによるものならサーバー自体が閉鎖する状況にならなければそのサービスは何らかの引き継ぎがなされ、継続はきっとしてくれるでしょうけれど、個人の開発者や個人からなるチームの開発者によるプラグインの場合などは特に、サービスがストップしたり更新がストップされたりなどは普通にあります

SSL化はサイトのURLに関わることなので、ここは重要な作業ですよね

実際自分でSSL化を手動でやるのは大変で面倒くさいけれどそんなに難しいことでもない気もしています

SSL化によって原因不明で検索順位が大幅に下がってしまうリスクもありますがそれはプラグインを使おうとプロに頼もうとそのリスクは0にはできないのが現状な以上、

自分で手動でやってみる経験があっても良いかなと感じました

 

ただ、とにかく面倒くさい かなり面倒くさい

なのでそれは個人の判断によって何が得策かも変わってくるのでしょう………..

どちらにしても、

  • 何をどうすればSSL化できるのか
  • プラグインを使ったらどう編集されてるのか?
  • プラグインを停止するとどうなるのか?
  • 信頼できそうなプラグインの開発者か?

などはわかっておくことは必要に感じました…….

 

 

❤︎4、SNSシェアされた被リンク効果&カウント数はかえってこない?

そしてSSL化するとサイトのURLがhttpからhttpsに変わるので、別サイトになったようなものです

なのでSNSのシェアカウントも0になり、それらによる被リンク効果も0になるようです。。。。。。。。。。

ただ、SNSのシェアカウント数の表示は取り戻す方法があるようで私もやってみました

んが、Facebookのは戻ってきてません笑

有料でそれをやってくれるサービスもあるようですが、取り合えず設定だけしておいてアプリのアプデを待ってみています。。。

それとTwitterのカウント数はもう結構前から表示されない仕様になりましたよね?そこから私は対策してないので表示されてないままです笑

この辺りはおいおいやっていきたいです

基本的には

プラグインのSNS Count Cache で設定してみています

キャッシュには割と時間かかるみたいなので、また次回これについても書こうと思う

 

 

❤︎5、SSL化は1つでも混合コンテンツが残っているとNG (失敗) ?

で、最後に混合コンテンツの修正ですが、、、、

これがまた面倒くさくてちゃんとやるなら全ページやらなきゃなのぅ!?って印象です、、、、

SSL化(https化)しても内部にSSL化されてない外部画像リンクなどがあると混合コンテンツになってしまい、常時SSL化が未完成の状態だとうことになる

将来的には混合コンテンツが残ったままだとSSL化されていないサイトとされてしまう可能性もあるようなのでできれば全ページチェックしたいところです

▷https://webtan.impress.co.jp/e/2015/09/04/20925/page/1

 

んが、それはかなり時間かかってしまう

なのでまずは最低、

トップページ、各固定ページ、カテゴリーページ、各記事の評価の高かったページを中心に “301リダイレクトチェック”  “混合コンテンツチェック” を先にしておくのがベストでしょう

あとはブラウザのコンソールとプラグインの “Search Regex” で検索して置換しながらコツコツやるしかないのが現状のようです

混合コンテンツが残ってないか一括で検索できる方法ってないんですかね?笑

記事数が少ないサイトなら全ページチェックした方が良いでしょうねぃ….

 

取り合えずはそんなところでした

SSL化を進めているみなさま、考えている皆さま、頑張りましょうう〜〜

ってことで

しゃらんるああぁああああ❤︎

 

 

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

 

関連コンテンツ

\(`^`)b

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =