DTMソフトシンセはMIDI設定でCPUの負担を軽減させちゃいましょ


DTMでDAWソフトはソフト内に音源が入っていてその音源を使えますよね

で、ソフト音源を使いまくってるとCPUの負担が大きくなってしまい落ちやすくなったりする………………..

その対策はいろいろあるけれど、そのうちの1つを書いておきます

 

MIDI

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、ソフトシンセ?MIDIって?

☆2、ソフトシンセのMIDIチャンネル設定で
CPUの負担を軽減させるには?(ProTools)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 

☆1、ソフトシンセ?MIDIって

*ソフトシンセ

ソフトウェア・シンセサイザーsoftware synthesizer)とは、コンピュータ上でシンセサイザー機能を提供するソフトウェアである。広義にはCPUによって音信号を合成するソフトウェアすべてを指すが、狭義には歴史的に専用ハードウェアで提供されてきた楽器用シンセサイザーの発音回路をコンピュータソフトウェアによってデジタル信号処理で再現したもの、およびその楽器としての類型を指す。

短縮してソフトシンセsoft synth)、実体がないためヴァーチャルシンセvirtual synth)などと呼称されることもある。なお「ソフトシンセサイザ(SOFTSYNTHESIZER)」はヤマハの登録商標(登録日本第4026952号)である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ソフトウェア・シンセサイザーより引用

 

つまり、DTMではDTMソフト内の音源になる音色たちのこと

ベースの音やピアノの音、ドラム、などの音色たちが備わっている音源システムてきな感じ

シンセサイザーの中にある音色がシンセなしでDTMソフトに入ったもの、またはインストールできるものみたいな感じのもの

 

*MIDI

MIDIって?を説明するとまた話がますます長くなるのでこれもWiki貼っときます笑

MIDI(ミディ、Musical Instrument Digital Interface)は、日本のMIDI規格協議会(JMSC、現在の社団法人音楽電子事業協会)と国際団体のMIDI Manufacturers Association (MMA) により策定された、電子楽器の演奏データを機器間でデジタル転送するための世界共通規格。物理的な送受信回路・インタフェース、通信プロトコルファイルフォーマットなど複数の規定からなる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/MIDIより引用

 

“演奏データ”  “演奏の輪郭”   を転送するための魔法ですね笑
そのデータ、輪郭に沿って音色を変えたりアレソレできるわけなんですが….

DAW内の音源やDAW外の音源(ハードシンセ)などを使う場合その魔法を使うと便利なんです

つまりその魔法をDAWソフトでもふぉいふぉい使います……..

 

 

☆2、ソフトシンセのMIDIチャンネル設定でCPUの負担を軽減させるには?(ProTools)

で、これらソフトシンセをガンガン何トラックも使いまくってるとPCのCPUにかかる負担が大きくなります

PCの動作が重くなるDAWが止まる落ちるなどの現象が巻き起こり、感じ悪いカンジ?笑 になる

また、トラックへのプラグインを使いまくっていたりするとますますCPUの負担がヘヴィになる

そうすると作業の負担も大きくなってしまう

 

なので、一番いいのはPCのスペックをがっつり上げちゃうのがいいw

Intel i7クアッドコア3.5GHz以上、メモリ18GB以上とかにすればだいぶいいのかな?笑 きっとステキ❤︎

でもそんなスペックにはなかなかできない笑

▷(DTM用PC選び・スペックについてやや突っ込んだお話参照)

 

なので、

PC自体・DAWソフト自体の最適化でCPUの負担を軽減させます

最適化の仕方は沢山あるので、このブログサイトでも書いていこうと思う

 

そのうちの一手として今回は

ソフトシンセはMIDIチャンネルの設定・MIDIトラックの設定でまずは負担を軽減しときましょうう〜〜といった感じです

 

ソフトシンセを多用しまくる場合このMIDI魔法の使い方をやや工夫するとCPUの負担を軽減できるわけですね。。。

 

そのやりかたですが、これは別に裏技でもなんでもなく、普通にみなさんやっているであろうことです

つまり基礎です

 

例としてProToolsです

 

 

ProToolsソフトシンセのMIDIチャンネル・MIDIトラックでCPUの負担を軽減させる設定の手順

 

❶、ステレオインストゥルメントトラックを作成新規トラック>ステレオインストゥルメントトラック作成

 

❷、そのトラックのインサートにインストゥルメント音源を設定
(ここではXpandです…..Cubaseだと付属してるのはHALion Sonicとか?)

インサート>マルチチャンネルプラグイン>Instrument>Xpand

 

❸、音源のXpandはMIDIチャンネルを4つに振り分けられます(少ないね笑)
振り分けて音色を決めます

インストゥルメントMIDIチャンネル設定

 

❹、で、それらをMIDI魔法を使って録音するためのMIDIトラックを作成しとく
4チャンネルなので4トラック作る

MIDIトラック作成

 

❺、MIDIアウトを設定する
下図の赤丸のセレクタを右クリックして選択する

MIDIトラック・MIDI OUT 設定

 

MIDI1はMIDIチャンネル1とかにするとわかりやすいMIDIチャンネル割り当て

 

MIDIチャンネル設定

 

あとは、チャンネル1の音源を録音するときはMIDIトラックの録音ボタンを赤くすると個別モニターでき、録音できる

2、3、4、と録音し、インストゥルメントへ流す

 

つまり、インストゥルメントトラック1つで、4種類の音源を個別に動かせるってことですね

これをインストゥルメントトラックで4トラックやったら私の作業環境だと落ちます笑

また、ドラムトラックをXpandで作成するならMIDIチャンネル1にハット、2にスネア、3にバスドラとかでMIDIトラックを振り分けなくとも出来ます

 

そんな感じですw

私はProToolsで作業しているのでProToolsでのやり方を書きましたが、他のDTMソフトでも原理的には同じことができるはずです

是非チェックしてみてください

 

ってことで、みなさんMIDIマジックをふぉいふぉい使ってCPUに優しいDTMerでいきましょうう〜w

では 楽しい宅録ライフをば!

しゃらんるあああぁあ❤︎

 

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

Rh.jampjもどうぞ宜しく♥

   

 

スポンサーリンク

CPUパワー!(‾ー(‾ー‾) ー‾)v

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + one =