Photoshopのブラシ設定

Pocket

2017.08.02⇅

イラストを描くソフトはPhotoshopを現在私は使っています

イラストに関してはフォトショの素晴らしい機能を使いこなせていません笑

Photoshopでなんとなく描くようになって半年くらいは立ちますがまだ思うように描けてません。。。。

筆で塗る感じの再現、アナログ感覚を出す、がやはりデジタルの難しさなのかな?

と思う

音楽と同じでデジタルにはデジタルの素晴らしさがあり、そしてデジタルの中にどうアナログ感を出すか、が面白いところなんじゃないかと思っています

ってことこで何はともあれ慣れが必要なので、今回はブラシの設定をちらりしてみましたのでその辺りについて…

Ps Brsh Setting

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜

❤︎1、フォトショのプリセットブラシ

❤︎2、フォトショブラシの簡単な設定

❤︎3、いろいろな塗り方

❤︎4、筆(ペン)をもっと細くしたい場合

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

 

❤︎1、フォトショのプリセットブラシ

まずお絵描きソフトはいろいろありますが、フォトショは多機能でイラストを描くのにもかなり優れていると思う

で、描くにあたって、ブラシの設定って結構キモに思うんですが、私はモロプリセットで使っています笑

まぁ、濃度、透明度、色分けで単純に取りあえあず普段は描いてるのですが,,,

つまり、都度、その時の気分や思いつきで設定して描いてます。

塗りではスポイトとスタンプツールもかなり使います笑

ただ “淡い水彩っぽい塗り” を意識するとプリセットのままだとやりづらいし毎回セットしてると面倒ですよね,,,,,,,,,,,,,,,,,

フォトショはブラシツールを選択して左上の下図のマークのとこをクリックしてその開かれたウィンドウの更に右上の歯車からプリセットマネージャーを読み込めます

例えば新しいブラシをインストールしたらここから読み込むことができる

Preset manager

 

ま、通常に備えついてるフォトショのプリセットは賛否両論あるみたいですが私は今のとこプリセットとそれをカスタマイズしたものでなんとなく頑張れそうです笑
(大したことしてないので笑)

 

Preset manager_2

 

 

 

 

❤︎2、フォトショブラシの簡単な設定

Brush Setting_

で、カスタマイズ、設定ですが、、、これ分かりづらい!笑

だからどうしたいのか明確にしておいて設定してかないとドツボにはまります

 

例えばこのニュアンスの筆をもっと太くして水分を減らしたい、足したいとか、

筆書きっぽくしたいとか、平筆ゴテゴテ感を出したいなどなど,,,,,

 

私の場合は基本的には下図のようにブラシの先端のシェイプのパネル毛質のパネルで調整しています

どうしたいのか、どうすればいいのかはその人によって違うので一つ一つ効果を確認していくしかないと思う

私個人は太さ、硬さ、密度を軽くカスタマイズします

Ps Brush Setting_2

 

Setting-min

 

フォトショの中のお気に入りのブラシは2種類

ブラシ

上記の2種類からカスタマイズしたものをメインに使っています

その時によって太さや明度、色の重ねかたを結構変えます

カスタマイズしたものは保存してありますが描くたびや1カット描く中でもかなり変えるので最小しか保存してません笑

Fude 2

 

 

❤︎3、いろいろな塗り方

で、塗り方ですが、デジタルの便利なとこは “ベタ塗りが楽々”“ムラなく塗れる” ということもある

でもその中で陰影やアナログ感、立体感を出していくにはやはり塗りの根本てきな感覚が必要になってくる

最終てきにはどうやろうと自由だしそれが個性、オリジナリティになるので勝手にやりますが笑

基本的、一般的な塗りの練習も私には必要で現在練習しています

 

大きく分けて、

アニメ塗り、水彩画的塗り、パステル風塗り、水墨画的塗り、油絵的塗り、などでしょうか。。。。

私がやりたいのは上記のどれでもありませんが笑

これらは基礎でもあるので練習しています

 

今回は水彩画てきな淡い感じの塗りの練習をしてみました笑

 

まずテキトーに輪郭を描いて……

Rinkaku

 

 

テキトーに塗る。。。。。。

Nuri

 

輪郭レイヤーを取って塗る………..

Nuri2

 

 

んで光を入れてく

Kougenn

 

あとは色補正を好きなように。。。。。

印刷物にするならほどほどに。。。。。。。。。。。

そんな感じで練習しています

 

 

 

❤︎4、筆(ペン)をもっと細くしたい場合

で、フォトショのブラシって丸ペンとかGペン的なのがないんですよね……
私が見つけられないだけかもしれませんが。。。

つまり、キュッと細いペンのタッチが欲しい場合どう設定する?ってことですが、、

やり方の1つとして私は新規ファイルサイズの縦横の大きさを大きく設定して書いてます笑

まず、細めのブラシで1pixにしたとしても、1100pixX700pixくらいの大きさだとブラシを1pixにしても結構太いです笑

 

1100pixX700pix の中の1pixブラシ

 

これを3000pixx2200pixの中のブラシ1pixだと、下図のようにかなり細いタッチでいける

結構動作は重くなるけど笑3000pixx2200pixの中のブラシ1pix

繊細な表現をペンタッチでしたい時にはそれもありかなと…….

3000pix2200pixでの1pixブラシで描く

フォトショはその辺りがやややりづらい

クリスタだと丸ペン、Gペンというのがあるし、筆圧の感じも好きなので、ペンタッチの部分だけクリスタで描いてあとはフォトショとかも良い感じ

 

そんなところです

 

ってことで楽しいクリエイトライフあれ!

しゃらんるわあぁあああ❤︎

 

CLIP STUDIO PAINT 無料お試しレヴュー!

 

ペンタブ レビュー!WACOM INTUOS DRAW CTL-490 『使える!』

 

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

 

関連コンテンツ

\(`^`)b

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × four =