aQo’Jのartifactが届きました

Pocket

何かをしていると、何かをしている人に興味がわく

音楽をしていると 音楽をしている人に目がいく

私はtwitterをやり始めてから、いろんな音楽人の音楽を聴き、そしてそれに関わる色々な方々を追っていました

そんな中で、aQo’Jの音楽を見つけました

aQo'J_-

最初、井出さん(@idealist_0626)の音源をサンクラで聴きまして、

green Light : go

 can almost reach, but i can’t

という曲で何とも強烈に印象に残ってフォローさせていただいたのが始まりでした

特に、

green Light : go はなんだか強烈に好きです(今回のアルバムには入ってないんですが笑)

最初は違うアカウントで、シンラインのサンバーストのすっごいかっちょいいアイコンの別アカウントだったんですよね。。

で、そのシンラインのサンバーストのアイコンが目について覗いて見たんです

そしたら曲もかっちょよかった

マーケティングにはアイコン、視覚的魔法って大事ですね笑

何にしても、

色々あってそれらをくぐり抜けてCDリリースということで、何とも勝手に感慨深いのです

なんだか嬉しいw

aQo'J_a-
artifact

アマゾンでも購入できるのも嬉しい

いたるところで在庫切れを勃発させているようで何よりですw

今回の内容は

タイトル:『artifact』

track1:happy people

track2:hanna

track3:butler

track4:kimamori

track5:i can almost reach, but i can’t

price:¥1296(tax in)

で、曲なんですがインストでしかもナマでこれだけなんとも言えないニュアンスを出してるってあまりいない気がするのです

超テクニカル系だったり、エレクトロ系だったり、ジャジィ系だったりそういったはっきりしたインストって沢山あると思うのですが、

なんというか、すごい派手とも違うし…..

極端で突飛なものをアイディアや思いつきで発するものとは結構違うというか..

元気でパワーがある感じとは真逆で……笑.

キラキラでもギラギラでもない

もっとこうゆらゆら淡々としたひょうひょうとした重さというか…..

私もインストで表現ってすごくやってみたいんですが…

ナマバンドでやるのは難しそう,,,,

でも、

今は以前からやりたかった声も楽器としてインストの一部になるようなものを作りたい

もう言葉は音の一部でしかなくて、意味や内容はトータルのイメージ的なもので言葉一つ一つが響きのニュアンスのようなもの…

言葉の意味はあえてない方がしっくりくる場合も私は多い

なんて色々余計なことが頭によぎる時があるのですが笑

それについてはまたこんど書きたいと思う

で、今回ちゃんとプレスされた音を初めて聴きましたが、なんとも柔らかく、臨場感があり、キレイなのにザラザラしていて、とても心地いい

で、

aQo’J (あきゅーおーじぇー)

guitar: arihisa ide

drums: shota utsunomiya 

guitar: makoto suzuki

bass: takahiro ito

twitter (@a_Q_o_J)

facebook(@aqoj.net)

レコーディング・エンジニアは上原翔さん (@upopo_sho)となっていますね

要チェックですね
http://shouehara.net

では

しゃらんるああぁあ❤︎

しゃらんるああぁあ❤︎

しゃらんるああぁあ❤︎

り〜ちんのもまだあるでよろしくどうぞw

\(`^`)b

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

関連コンテンツ

Pocket