ドンカマ(メトロノーム)とは仲良くなっといた方がよい件


 

音楽をやっていると数々の壁に出会いますよね

どっから来た田舎に帰りたまえ!

と言いたくなるほど無限に溢れてくる壁 笑

そのほんの一部のカケラであり、そしていついつまでもつきまとう壁

リズム感…リズム練習についてです

 

私はよく演奏中自分がどこにいるのかわからなくなります

現在地不明状態ですねぃ笑

そんなときはというか常にそんなことは気にせずに、

とにかく耳を澄ませてドラムによりかかります笑

自分のパルスなんてありません笑

とにかくメンバーに頼る

これが私流ですが笑

 

録音なんかしたりするとその自分の不安定で気まぐれすぎるリズム感に

どびっくりします♥ええ

ですが一応

宅録のときはなるべく気まぐれじゃないリズムにしたいと私でも想うのです笑

その時や、一人練習、バンドの曲にベースラインを考えるときなどに

必要不可欠なのが

ドンカマ………“メトロノーム” です

そのあたりのお話です………

 

 

リズム練習

 

 

項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♥1、ProToolsのメトロノームを聴きやすくカスタマイズする

♥2、いつでもメトロノームで遊べる環境を作っておく
(Dr.Betotte Lite が使える!)

♥3、ちゃんとしたドンカマ、メトロノームは持っておきたい

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

 

 

 

♥1、ProToolsのメトロノームを聴きやすくカスタマイズする

 

まずは自分のDAWまわりですが

きっとほとんどのDAWソフトのメトロノーム(ドンカマ、クリック)は

カスタマイズ出来るようになっているかと思います

もちろんProToolsも出来ます

というかProToolsのクリックはプリセットのままだとほんと聴きずらいです

私だけ?

音を重ねてくとクリックが聴こえません笑

 

なので自分がクリックをキャッチしやすいように音やリズムを変えます

 

トップバーのトラック>クリックトラック作成で
曲ごとにクリックのトラックを作ります

クリックトラック作成

 

 

 

ProToolsプリセットのクリックは下図のようなクリックで、
頭とそれ以外の音量を変えられます
ですがこれプラグイン自体を変えられますので、
Clickをクリックし、選択します

クリック

 

 

 

プラグイン>Instrument>Clickから、TL Metro に変えます

クリック変更

 

 

 

 

TL Metro だと、音色を聴き取りやすい自分好みのに変えられます
そして例えば8ビートでも16ビートを感じながら録音出来たり

3連で頭をなくしてみたり(アクセントをなくす)なども出来ますので、
自分がリズムを掴みやすい設定にカスタマイズしておきます

TL Metro

 

 

それでも私的にはやりずらい曲とかあるので、

このドンカマをもとに、自分がやりやすい基礎的なリズムパタンを軽く曲ごとに作っておいてしまいます

とりあえずちょっとしたドンカマの工夫でびっくりするほどやりやすくなったりしますので

みなさんも是非、クリックをカスタマイズしてみて下さい♥

 

 

 

 

♥2、いつでもメトロノームで遊べる環境を作っておく

 

で、こんどは生活のなかにドンカマ遊びを組み込むと楽しいので是非というお話しw

いちいちDAWを立ち上げて練習するのもなぁって時ありますよね?

そんなときでもメトロノームをそこら辺にころがしとけばOK

そこでいつでもどこでも役にたつのがスマホです!

そう アプリ!

 

Dr.Betotte Lite (無料)

  • 販売元: Seishu Murakami

 

 

これが結構気に入ってます

☆音が電子音だけど電子音しすぎてなくて聴き取りやすい
(電子音で立体感のない音は聴き取りづらいからキライ)

☆そしてシンプルでわかりやすく使いやすい
(アクセントの位置をワンタッチで変えられるし
16を感じながらの8にも出来るし3連もすぐ出来る)

      ⬇

Dr.Betotte Lite

 

アコギでさらり練習などもちろんいいし

楽器なしでリズム感遊びなども気軽に出来て楽しい♪

 

 

 

 

♥3、ちゃんとしたドンカマ、メトロノームは持っておきたい

 

で、ちゃんとしたメトロノームマッスィーンはもうドラムマシン並みに楽しいし

リズム練習をしっかりするためにはメトロノームマシンと向き合った方が断然いい

決ったパタンをセーブしとけるし

パタン作りの幅も広がるし….

私の持っていたマシンは壊れてしまたので新しいのが欲しい,,,,,,,,,,,,

 

以前ビクターウッテンがドンカマとベース1本でベーマガの付録CD用の録音に来た時のお話を記事で読んで,そのCDを聴いたとき鳥肌たちました

リズムマシンじゃなくドンカマってのがすごかった

もうドンカマとベースだけでとんでもないグルーヴを出してました

 

空間を生かすことがグルーヴを浮き彫りにしているようで

ああやはりドンカマと向き合うのは必要ねぃと想ったのを覚えています

 

いろんな意味でドンカマ(メトロノーム)と常に遊ぶことは

かなりよい遊びだと再認識しているこの頃です

 

よい遊びがよい養分であることは間違いないですもんw

 

欲しい

【BOSS】 Dr. Beat DB-60 欲しいぃ〜〜〜〜

 

 

では皆様もよい遊びをば!

スポンサーリンク

しゃらんるあああぁぁあぁ♥

 

 

     

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − eleven =