唄うたいの楽器選びについて


 

楽器から入って唄う人の場合はそんなに迷いってないかもしれないし、

唄うたいが唄うためや曲づくりのためにって楽器を弾く場合もそんなに迷いってないのかもしれない

でも例えば、『唄うたいなのにドラム叩きたい』

とか、『唄うたいなのにアップライトベース弾きたい』

などの場合について……………….

 

唄うたいの楽器

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、曲作りの片腕になる楽器をやれるのがいいのかもしれないけど..

❤︎2、結局何でも全て養分

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 

❤︎1、曲作りの片腕になる楽器をやれるのがいいのかもしれないけど..

唄から音楽に入る、バンドをする、音楽制作をするようになった

という方も結構多いとおもう

そしてそこから、自分で曲を作りたいとか、作る必要性を感じて楽器を弾くようになるという流れも多いとおもう

そういった流れなら自然と曲作りの助けになる、音階があり和声感のある楽器を手にしてると思う

でも、

唄うたいなのに打楽器やりたい

唄うたいなのにベース弾きたい

 

とか、曲づくりの助けの核にあまりならないであろう楽器に興味がわく人もいると思う

まさに私がそうなんですが笑

 

で、やりたいからやるんだけれど、唄いながら弾けないとか笑

その楽器の練習してたら曲づくりの時間が取れないとか、

自分感覚で自分の好きな楽器で曲を作ったものは他の人が弾いてしまうと再現できない、曲が成り立たないなど、

なんかこう、

自分の唄を唄うための妨げになるような現象が起こったりする笑

 

ぶっちゃけ

ギターだったら即、曲作りの助けになるし、LIVEでもリードギターの人になんとかしてもらえたりして、とても唄うたいの楽器としては素敵な関係になれる楽器だと思う

でもこれがドラムだったりベースだったりすると結局その切り口で曲を作ったものは自分でその切り口を演奏しないと成り立たないことが多く、ある程度同時に演奏できるようにそれ用の練習時間が必要だし、そこら辺をクリアできてしかもメンバーの理解や大きなサポートがないと具体的な核になるような助けにはなりづらい笑

そして、もう一人ドラムとか、もう一人ベースとかの切り口でメンバーに頼ることは編成的にもなかなか難しくなってしまう

私は以前、ベースの練習してるくらいだったら和声感やコード進行などを吸収した方が唄の音楽活動のためになるよね?とか、ふと興醒めしてしまう瞬間があったこともある 笑

なんせ曲作りとは全く別な時間としてかなり吸われるからね、、

つまりベースを持ったらベーシストなんだろうけれど、ベーシストな感覚や自覚は全くないというのもある 笑

 

じゃしなきゃいいし、ギターとかやればいいでしょって思いますよね?笑

でもやっぱり好きな楽器をやりたくなる笑

だから単純に両方やればいいよねwって

そしてなかなかの中途半端具合になる笑

 

そこをどうなの?と思うかどうかなんでしょうし、両方バッチリになれる人も普通に無数にいるのでなんの迷いもなくやればいいんですよね笑

ただ、私のように中途半端になる人も沢山いると思うのですよ 笑

 

良しとするラインをどこに持ってくるのか、

自分はどうしたいのか、どうなりたいのか

を明確にするのが一番なんですが、やり方の一つとして、

“何も考えずにやりたいようにやる” それが一番ですよ当然

 

 

❤︎2、結局何でも全て養分

結果的に私はなんとなく曲を作れて、ベースと唄であれこれできればそれでいいので…

的を明確に絞って合理的にできるならそれが一番ですが、

あっちもこっちもかじってほんのり全体が見えるのも面白いもんですと居直っている笑

 

もっと視点を変えれば、打楽器だけでも、ベースだけでも極めれば曲を作ることは可能だろうし、唄と打楽器のみのソロや、唄とベースのソロでもゼンゼンありだし逆にそこは空いた席でそこを引っ張り上げれば抜きん出るのはギター弾き語りより目立ちやすいかもしれない笑

どうしたいのか?がキモだと思うのですが、

何もしないうちからその輪郭が見えてる人も多いとは限らない

 

もっと言えば一つに決める、絞るのも勇気であって

あれもこれもそれもどれもかじりまくってみて一つに縛らないのも勇気?

ま、勇気っていうかその人のセンス?

に思うのですよ

 

周りの流れにとらわれる必要はあまりない

という当たり前のことなんでしょうけれど…

 

私は何でこんな面倒くさい組み合わせが好きなんだろう?

って思ったこともあるのですが…..笑

なんかそんなことどうでも良すぎることだなとやってくうちに感じるようになって

あほあほしい好きにやろうなんて笑,,,,,,

 

同じようにそう言ったふとした迷いがよぎる唄うたいさんがいたら言いたい

いや、そんな人はあまりいないのかもしれないけれど……….

 

スタンスはテキトーでいいし、明確にする必要もない

できないことはできる人にやってもらえるようにすればいいし

発想や感覚さえ磨いていれば曲は書けるようになるのだから

あとはその自分の発想や想像や感覚に追いつけるような日々にできるかどうかなんだよねきっと….と…..

 

特に唄を唄う人なら

考えるよりもまずはやり散らかしてみることが養分になったりするように思う

 

決めなくても良くない?と…………

あれもこれもそれもどれも作曲の友にすればいんでない?と..笑

 

つまり自分に言っているんだと思うw

 

ってことで楽しい音楽民ライフをば!

しゃらんるああぁあ❤︎

 

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

画像加工・イラスト・広告デザイン等でお困りの方はご相談ください▶︎Rh.jampj

 

スポンサーリンク

\(`^`)b

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 3 =