ペンタブ レビュー!WACOM INTUOS DRAW CTL-490 『使える!』

Pocket

 

イラスト、お絵描きをアナログではなくPCでする場合、

  • ペイントソフトは何を使えばいいか?
  • ペンタブは何が良いか?
  • 価格はどうなんだろう?
  • 互換性はどうなの?
  • 使いこなせるかな?

などが気になってきますね。。。

通常、アナログでは描こうと思えばペンや鉛筆、カラーペン、絵の具などで誰もがイラスト・お絵描きできますよね、、、

そして、デジタルでももう、誰もが手軽に絵、イラスト、お絵描きができる時代なのです。。。。。。。

ってことで今回はペンタブレビュー的なものです!

ArtLage Lite7

 

コレです!w

▶︎Amazon▶︎ワコム ペンタブレット Intuos Draw ペン入力専用 お絵描き入門モデル Sサイズ ホワイト CTL-490/W0

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、Wacom Intros Draw CTL-490 にした理由と互換性

1-1, 安価なのに必要な機能は十分に感じた

1-2,Wacom Intros Draw 互換性

❤︎2、筆圧、描き心地

❤︎3、お絵描きツールソフト ArtRage Lite

❤︎4、いきなり描いてみた

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

 

❤︎1、Wacom Intros Draw CTL-490 にした理由と互換性

Wacom INTUOS Draw Pack-min

 

チェックしてみた結果、上記の画像のように、Wacom Intros Draw CTL-490 がいいなとなりました

何故かと言いますと、、、、、

 

1-1, 安価なのに必要最低限の機能は十分に感じた

  • ペイントソフトが付随してる(“ArtRage Lite”をDLできる)
  • 自分のPCのOSでも互換性があり、所持してる他のソフトでも使える
  • 価格が他のペンタブより安い(だいたい7千円代)のに評判は悪くない
  • Clip Studioとの相性も良い

などです

 

※ただもし、Clip Studio をとりあえず1か月以上2年間未満くらい使ってみたいという方ならClip Studio Paint のライセンス2年間無料のCTH-690がお得でもあります
(ソフトウェアClip Studio Paint Pro(2年ライセンス)が無料でダウンロード可能)

▶︎Amazon :
ワコム ペンタブレット Intuos Comic M ペン&タッチ マンガ・イラスト制作用モデル ブラック CTH-690/K1

▶︎楽天 :
WACOM ワコム ペンタブレット Intuos Comic medium CTH-690/K1

 

 

・デジ絵を描く環境をこれから整えようと思っているけど何が必要かまだよく分からないって方、PCのスペック的にはどのくらいが良いかなどはこちらも参照ください↓
▶︎デジタル(パソコン)でイラストを始めるために必要なもの

▶︎イラスト、ペイントソフトはクリスタ?フォトショ?イラレ?

・Clip Studio Paint のライセンス2年間無料のCTH-690 の設定などはこちらを参照↓
▶︎ワコム Intuos Comicと付属のCLIP STUDIO 2年ライセンスをセットアップしてみました

 

1-2,Wacom Intros Draw 互換性

まずはPCとの互換性がないと使えないので、PCのOSとの互換性をメーカーさんに確認しました

OS Xは El Capitan 10.11とも互換性はOK

基本的なOS互換性は、

  • Windows:7〜
  • Mac:10.8〜

ワコム製品 OS 対応状況 | https://tablet.wacom.co.jp/support/info/windowsmacOS.html

更に、PC毎にウェブサイトからのドライバのインストールをすれば1台のタブレットで複数のPCでも使えます(購入時のダウンロードキーを入力する)
作業環境を整える〜INTUOS(PDF)
【ソフトウェアダウンロードおよびサービス利用手順】Intuos シリーズ

他、アドビ系との互換性は、基本的には互換性のあるOS 内で動いているものなら大丈夫だろうけれど、検証してるわけではないので明確にはお答えできませんとのことでしたが、購入後、試してみましたらフォトショでもイラレでも、もちろんクリスタ(Clip Studio Paint)などで使えています、というかPC内全てでマウスの代わりにも使えてます

 

ソフトとの詳しい互換性や内容はメーカーサイトで確認できます

Intuos シリーズ製品一覧

Intuos シリーズ製品-min

Intuos シリーズ製品2-min

Intuos シリーズ製品3-min

Intuos シリーズ製品4-min

 

 

❤︎2、筆圧、描き心地

やはりマウスよりもペンで描く方が圧倒的にスムーズ笑
(当たり前か笑)

筆圧の調整・画面との感覚などは慣れるまでにややかかりそうという印象

モニターとタブレットの距離感も慣れていないというのもあり、まだなんだかむずかゆい感じ…

でもすぐに慣れてきましたよw

ペンの設定ができるので、筆圧などをいじると良い感じ

ワコムペンタブ_ペン設定

 

なんか色々設定できます

筆圧、距離感、ペンボタンの設定などなど…

 

ペンには2つのボタンがついていて、動作を設定しておけるようです

ペンタブのペン-min

 

ボードはSサイズで13インチのPCよりやや小さいですが、逆に小ぶりでいい感じ

ペンタブ-min

 

トータル的にはマウスで描いていた私にとっては『おおぉお〜〜!!!素敵!』って感じでした笑

 

そして、付属ソフトの ArtRage Lite ですが、

筆使いは慣れるまでにある程度時間かかりそうですが、画面的には見ればなんとなくわかるようなデザインになっていていい感じです。。。

ま、とにかく、れっつ トラ〜イw

 

 

❤︎3、お絵描きツールソフト ArtRage Lite

で、付属ソフトは “ArtRage Lite” というもので、購入者NOキーでメーカーに製品登録してDLできます

▶︎https://jpregister.wacom.com/ja-jp/#/welcome

WACOM製品登録&DLライブラリ-min

 

WACOM製品登録&DL_-min

 

“ArtRage Lite” は、

筆やペンや絵の具、鉛筆、パステル系など、様々なツールがあって、慣れたらかなりアナログチックにも描けそう

 

ArtLage Lite-min

 

ArtRage Lite-min

 

 

❤︎4、いきなり描いてみた

で、とりあえず何がどういう機能でとかは置いといて、とにかく描いてみましたw
感覚ですぐ描けるyo! 笑

Lesson3 _

戦闘意欲のない北海道犬

北海道犬_

戦闘意欲のないアイヌ犬

船出

船出 ゴデゴテ塗り

 

スペック的にはもちろん高価なものに比べて劣るのでしょうが、イラストを描くための必要最低限の機能は十分だし、この価格なら試してみたいという方でもトライしやすいと思う

サイトやブログに必要なカットや、フライヤーなどのちょっとしたイラストなんかにも役に立ちそうですよw

 

▶︎Amazon :
ワコム ペンタブレット Intuos Draw ペン入力専用 お絵描き入門モデル Sサイズ ホワイト CTL-490/W0

▶︎楽天 :
【アウトレット】 Intuos Draw small ホワイト (CTL-490/W0) ワコム ペンタブレット 送料無料 

ArtRage Lite無料ダウンロード可能

 

  • 筆圧レベル:最高1024レベル
  • 付属のペン:Intuos 筆圧ペン
  • 読取速度 最高133ポイント/秒
  • 対応システム
    Windows :
    ●USBポートを標準装備したコンピュータ
    ●Windows® 7/8/8.1/10(最新のSP適用)(64ビット版を含む)
    ●インターネット接続
    Mac:
    ●USBポートを標準装備したMac
    ●MacOS 10.8.5以降
    ●インターネット接続

 

ってことで楽しい 創作ライフをば!

しゃらんるああぁあ❤︎

 

CLIP STUDIO の値段は?DL版が一番お得だ!!!

 

\(`^`)b

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

 

関連コンテンツ

Pocket

ペンタブ レビュー!WACOM INTUOS DRAW CTL-490 『使える!』” への2件のコメント

  1. >やや反応が遅い、筆圧の調整が慣れるまでにややかかりそう

    反応の有無はPCスペックの問題だし……筆圧調整も自分で設定した後はペンタブじゃなくて使用者の問題だよね……
    最低限の機能しかないと書いてるけど
    pro版だって機能自体は大差がないぞ?マルチタッチ機能(ペンじゃなく指でも動かせる)と筆圧レベルの差くらいでしょ
    筆圧レベルも1024以上あればそこまで違いないしなぁ
    それでも微差が気になるし、ファンクションキーの位置も使いやすいから俺はpro使ってるけど
    お絵かきソフトの機能差と勘違いしてない?それはペンタブ関係ないぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 1 =