『UpdraftPlus 』の気になるところ(復元も簡単なワードプレスバックアッププラグイン)

Pocket

ワードプレスサイトのバックアップにはプラグインの “BackWPup” が主流だったと思うのですが、“UpdraftPlus” が、復元もこのプラグイン単体のみでワンクリックで出来てしまうという事でシェア率が急激に上がってきているですね。。。

なので私もさわってみました。

ですが私個人の使用感では手放しに“UpdraftPlus”に完全に乗り換える!とはならなかった笑

んが、もちろん素晴らしくステキな部分も多いので、その辺り、メリットデメリット的なことをまとめてみました。

UpdraftPlas素敵なとこ素敵じゃないところ

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜

♥1、『UpdraftPlus 』のメリットというか素晴らしいところ

♥2、『UpdraftPlus 』のデメリットというかちょっと気になるところ

♥3、『UpdraftPlus 』の設定や使い方

♥4、バックアップは二刀流ぐらいがいいのかなと。。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

 

♥1、『UpdraftPlus 』のメリットというか凄いところ

冒頭でも言いましたが、復元が簡単ってこと

しかもサイトによっては他にプラグインやソフトを全く使わずにこのプラグインのみで復元が出来てしまうようです。。。

部分的にや、ファイル単体などはアップロードして上書きするのは簡単だけど、通常サイト丸ごと再現、復元するとなるとかなりの手間が必要ですよねぃ、、

でもこの『UpdraftPlus 』なら環境によっては本当にただ復元ボタンをクリックするだけでなんとかなってる人が多いみたひ。

ということで『UpdraftPlus 』はこれまでの大変そうなイメージを一掃してくれている

他の手法でコケまくってたけれど、最後にこのプラグインでやってみたら無事に再現できたという方の記事も沢山ありました。
(SSL化してるサイトはやや調整が必要っぽいけど。。。)

バックアップのみではなく、肝心な復元をカバーしているのがやはり凄い。。。それこそが『UpdraftPlus 』の人気に直結してるんだと思う。

 

UpdraftPlusメリットデメリット

 

♥2、『UpdraftPlus 』のデメリットというか気になるところ

それは。。。。。

*『UpdraftPlus 』の気になるところ4点============

❶、無料の『UpdraftPlus 』でバックアップしたデータは除外されてるファイルもある

❷、基本的に管理画面が開けないと復元できない?

❸、サブフォルダの作成、指定が無料のままだとできない

❹、バックアップの時間指定が有料のにしないとできない

==============

 

順に見ていきますと。。。。。

 

❶、無料の『UpdraftPlus 』でバックアップしたデータは除外されてるファイルもある

無料版でバックアップしたデータを解凍してチェックしてみると、私のサイトで必要なはずのデータで、ないものがあるではないですか!

まず、バックアップデータのZIPは下図の状態 ↓14-2_バックアップされたzip

 

解凍して中を見てみると。。。。
UpdraftPlusでバックアップしたデータを解凍したファイルえ!?あれ!?なんか足りなくない!?ってなりませんか?

・・・・・・・・

wp-contentにあたる部分(upload/thems/plugin)と、データベースをバックアップしておけば大体大丈夫とされてるので通常ほとんど大丈夫なんでしょうけれども…..

wp-config.phpとか色々いない(.htaccessとかもいないみたい)。。。。。。

書き換えたり追記してるファイルなので個人的にはないと不安。。。。。。

っていうか、、、開いて見てみると、sqlってのもないんだけど、、あれ?笑

 

で、設定をよく見ると・・・・・

除外されてるのがあって、下線のリンクでチェックすると有料のにしないとできないみたい。。。↓フルバックアップは有料

それはつまり、『UpdraftPlus 』でバックアップしたデータだけがあっても完全復元はできないってことじゃない?・・・・

で、更に、何らかの理由でこのプラグインが使えなくなった時、このバックアップデータだけでは完全復元ってできないんじゃない?

違うのかな?わかんない笑

ないファイルで書き換えた覚えのあるファイルは個別に認識して個別にバックアップ・保存しておかないとなの?

またはないファイルに手をつける場合別途で個別にバックアップ・保存しておかないとな感じなの?。。。。。。

わからん!???笑

いじりまくったワードプレスサイトで検証してみる体力がない。。。笑

 

❷、基本的に管理画面が開けないと復元できない?
サーバーごと移転するとかは新たに構築して『UpdraftPlus 』をインストールしてやればいいでしょうけれど、

たとえば管理画面が真っ白になったりした場合でそれを復活させたい場合などは、この『UpdraftPlus 』自体にアクセスできなくない?、、、
う〜〜む。。。。

❸、サブフォルダの作成、指定が無料のままだとできない
これは複数のサイトをバックアップしたり、日付をまたいでバックアップ保管がたまったりした場合、どれがどれだか非常に混乱を招くし、違うサイトの復元しちゃった!?なんてやってしまいそう笑
有料でできるようになるようだけど。。。↓
サブフォルダ設定は有料(ちなみにこれBackWPupプラグインでは無料のままでできる)

 

❹、バックアップの時間指定が有料のにしないとできない

通常バックアップは定期的に取るので、手動ではなくスケジュールを組んで自動でバック設定したりしますよね、、、

そしてバックアップってサイトによってはかなりサーバーの転送量食うので比較的訪問者アクセスが少ない時間帯に設定しますよね。。。

例えば午前3時とか。。。。。。

でもこの『UpdraftPlus 』ではその時間指定設定したいなら有料になる。。。。
バックアップ時間指定は有料上記の下線リンクをクリックするとわかる

 

ちなみに無料のままで指定できるのは。。。↓
時間に細かい指定欄がない

 

 

トータルすると、無料のままだと色々突っ込みどころもある感じがする、、、、

有料にすればセキュリティ設定などもできるし、超素晴らしく楽にバックアップ、復元、移行が可能になるらしいけれど、とにかく全部英語、、、、

ネット上で海外サイトでの購入には少し腰が引けてしまう私のような人間には少しハードル高い笑

 

上記の❶〜❹の中で一番引っかかるのは特に❶と❷。。。。

  • ❶、無料の『UpdraftPlus 』でバックアップしたデータは除外されてるファイルもある
  • ❷、基本的に管理画面が開けないと復元できない?

なんですが、もちろんこれでもそれをわかっていて使うなら使いどころはすごくあるように思う。。。

実際これに救われた管理者も多いはず

ただ、ネット上で『これに断然変えるべき!これ一択!!!』的な情報も結構あったので、これすごい!って思って飛びついてみたら、、、その途中で、『あれ?』『おや?』『あれれれ?』ってテンションがガック〜んと下がった笑

なので一応気になることをまとめてみました。。。。

どうなの?

 

スポンサーリンク

 

♥3、『UpdraftPlus 』の設定や使い方

01_UpdraftPlus

 

ワープレのダッシュボードのプラグイン新規で検索するとすぐ出てくる02_UpdraftPlus検索

 

インストールして有効化>ワープレダッシュボード左の設定>UpdraftPlus Backupsmを開くとすぐ設定できる03_ダッシュボード-設定-UpdraftPlus Backups

 

手動でやるか大雑把なスケジュールを組むか、そしてそのバックアップをフォルダに何個ためておくか、保存先などもすぐ設定できる04_UpdraftPlus 設定

 

DropBoxのアカウント持ってればそれにもすぐ簡単に連携できる
バックアップするファイルや、レポート送信先などを設定して、、、
(暗号化やサブフォルダ、時間外の指定は有料でできる)
05_DropBox選択

 

保存06_変更の保存

 

保存したらDropBoxの連携を許可するよう設定する
下図のように認証のところのリンクをクリックすると。。。
07_DropBox選択 2

 

ストレージの承認ウィンドウが表示されるので、さらに下線のリンクをクリック08_ストレージの承認

 

で、アクセスを許可する08_ストレージの承認

 

で、Complete setup をクリックすればOK
10_Complete setup_

現在の状態タブから、『今すぐバックアップ』をクリックするとすぐにバックアップを始められる11_今すぐバックアップ

13_バックアップ中

上図のように進行状況を確認できるので、終わったら完了

 

現在の状態タブで見ると、『バックアップは成功し完了しました』とのこと14_バックアップ完了

DropBoxに保存されます

 

で、復元は。。。
(DropBoxに保存してもサーバー側にもバックアップされるみたいね。。。)15_復元

 

何を復元するかチェックで選択して復元できる↓16_チェック入れて復元

 

で、DropBoxに保存してるファイルを指定してアップロード、復元ももちろんできる

バックアップファイルをアップロードをクリック
バックアップファイルをアップロード

 

ファイルを選択でアップロードして復元できる
ファイルを選択

 

 

♥3、バックアップは二刀流ぐらいがいいのかなと。。。

で、結論として、

無料のままの『UpdraftPlus 』一択ではきわどいんじゃないかなと。。。。

もちろん部分的復元や、管理画面が開ける状態なら話は早い感じですが。。。。

 

有料のでフル活用するのもアリだと思うけれど、

長い目で見るとやはり一定のプラグインに全て任せてしまうのは微妙に感じる。

一番いいのは、

  • ①、『UpdraftPlus 』 と『BackWPup』の両方をうまく併用してバックアップしとく(※両方で常にバックアップしてると一気に転送量いっちゃうかもなので工夫も必要だけど)
  • ②、『BackWPup』で復元できる知識を持つ
  • ③、他のツール、ソフトで復元できる知識を持つ
  • ④、その上で何かサイトをいじる前に『UpdraftPlus 』でもバックアップしとく

などがいいんじゃないかなという、正論に、振り出しに戻るのであります笑

 

そんなところです

※今回の内容は、
『UpdraftPlus 』はやめた方がいいと言ってるのでは全くありません。
ワードプレス運営者にとって強力なサポートになるのは間違いないと思うし、これから日本でももっともっと活用者が増えて、主流にさえなってくると思う。

そして、進化もしてよりすごく便利になってくと思うし。。。

何かあった時に『UpdraftPlus 』も活用できるよう内容を知っておきたいよねってことです。

今回の内容は色々な意見もあると思うし、それは違う!って異論もあるかもしれないし、この記事自体に突っ込みどころ満載でもある 笑

 

ってことで

楽しいクリエイトをば!

しゃらんるあぁああああ♥

さくらサーバ&ワードプレスの常時SSL化チェック項目まとめ

エックスサーバー&ワードプレスサイトの常時SSL化チェック項目のまとめ

 

\(`^`)b

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

 

関連コンテンツ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + 1 =