アーティストの独自ドメインサイトやブログ構築について

Pocket

2017.01.28⇅

ミュージシャン、バンドマン、デザイナー、ライターなどなど、

そういった方々は自分の宣伝や交流、多くの方々とつながるきっかけになる、独自ドメインサイトやブログが必要になってくると思う

でも実際はまだ自分独自の窓口を用意してない方も多いかもしれない

なので、そろそろ持ちたい、立ち上げたい、という方も多いとおもう

今回はそういった方に向けての内容です

own-domain-min

独自ドメインで運営する場合、“サーバーをどうするか?”という問題にあたると思う

どれがいいかよくわからないし…てかすべてがなんだかわからない?って最初はそんな状態だと思う

でも調べればある程度はすぐ理解できるようになるのでそんなに構える必要はない

便利なサービスも今はあるので本当にステキな時代だとおもう

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、アーティストが運営するならどこのサーバーがいいのか

❤︎2、予算とスペックで選ぶ

❤︎3、使いやすさで選ぶ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

❤︎1、アーティストが運営するならどこのサーバーがいいのか

その前に独自ドメインですが、これは

” who is 情報代行” をちゃんと意識すれはどこもそんなに違わない
(価格が微妙に違う程度)

それについては

独自ドメイン取得の注意点を参照

で、本題のサーバーですが、

サーバーの中で、エックスサーバーと、さくらインタネットのスタンダードは転送量やサポート体制、メモリとかも充実している

  • 転送量が低いと、宣伝のために綺麗な画像情報を掲載したり、大きなアクセスがあれば落ちたり制限がかかったり、表示速度がガタ落ちしたりしてしまう
  • サポートが充実していないと不具合や突発的な出来事に対応できなくあることもあります(さくらもXサーバーも電話サポートあります)

下図は比較表です

価格や内容は変動する可能性がありますので、その時その時でチェックが必要です。

サーバー

内容
エックス
サーバー

さくらの
レンタル
サーバ

ロリポップ!
ヘテムル
SSL
証明
無料
初期
費用
3,000円953円1,500円2,000円
月額
(1年
契約
1,000X12
(1,2000円)
376.85…
X12
(4,761..円)
500X12
(6,000円)

800X12
(9,600円)



70G/日80G/日100G/日80G/日
マルチ
ドメ
イン
20個100個
データ
ベース
50個

20個

30個70個
ディスク
スペース
200G100G120G200G
メモリ256G
※1
18G?128G
メール
サポ
ート
Mail&TELMail&TELMail&TELMail&TEL
内容 /
サーバー
エックス
サーバー

さくらの
レンタル
サーバ

ロリポップ!
ヘテムル

※1>契約時により違う場合あり
(サーバーパネルのサーバー情報で確認できる。ちなみに私は192Gだった)

価格は税抜き価格表示・プランはスタンダード的なものの内容です。
時期によってキャンペーンなどがあり、新規購入での初期費用の価格が下がっている場合も多いです。

エックスサーバーとさくらインタネットのスタンダードがどうしても選択の視野に入ってくる

で、

サーバーに“ワードプレス” というシステムをインストールして自分でも簡単にページを投稿していける土台にしておいた方が良い

どういうことかというと、通常、サイトやブログは何らかの枠組みを使うか、全て自分でコーディングしてやるのか、という選択になる

“全て自分でコーディングしてやる” ということは “HTML, CSS” というWeb上の言語&指定のようなもので組み立ててサーバーにアップロードしていくということ

その枠組み・サービスである “便利なシステム” というのが “ワードプレス”

Fc2とか、アメブロなどの無料ブログもそれに近い便利なシステム・サービスだけども、その領域は全て無料の借り物の場として存在させてもらうもので、

つまり自分の所有物ではない、サービスのものってことになる

ワードプレスの場合それとは少し違って、自分で別に土地を有料で用意してそこに独自の名前で繰り広げられて、価値は自分の所有物になる

さらに、ワードプレスは独自性をかなり盛り込める

サーバーを用意するということは、ステキなシステムを借りられる土地を買うというイメージに近い

その代わり、セキュリティやそういった “諸々の管理” は自分でしなければいけないけど….

❤︎2、予算とスペックで選ぶ

上記の内容から、

予算とスペックのみで見ていくと、

さくらインタネットのスタンダードが一番お得に思う

ただ、さくらのサーバはやや独自のシステムで初心者はけっこうつまづきやすい笑

ワードプレスの自動インストールなども初心者にはややハードルが高い

なので初めての方には向かないと私は思う

なので、

とにかく高スペックを安く使いたい、ある程度つまづいても勉強になるから頑張るって方のみ、さくらインタネットのスタンダードが良いと思う

❤︎3、使いやすさで選ぶ

価格はさくらほど安くはないけれど、使いやすさ、サービス・内容の充実を重視するなら断然エックスサーバーがオススメ

▶︎エックスサーバー

これはもう本当に使いやすくてわかりやすい

立ち上げ最初のキーポイントになるドメインの設定や、ワードプレスのインストールがワンタッチ的に簡単です

そして自動システムが充実してます

私はエックスサーバーもさくらインターネットも使ってるけれど、どっちもそれぞれ確かに良い(色々実験したいので両方使ってみてます…)

でも使いやすさではやはりエックスサーバーがいい

あとは使う用途、目的の違い、妥協点の違いなんだと思う

通常の運営をする場合、ある程度の “転送量” が必要で、

それと、“価格のバランス” で決めることが望ましい

このポイントと、自分の目的で選んでみてください

しっかりアーティストサイト、ブログを構築したいけど何としてもコストを抑えたいというなら

▶︎さくらインターネット

とにかく面倒なのがイヤ、わかりやすいのがいいでもまだ全然よくわからないという方、またはサイト作りは本気でやってみたい、複数運営してみいなどの方には

▶︎エックスサーバー

私みたいに実験くんであるなら両方 笑

がお勧めであります

さらに、“はてなブログ”  という手もあります

はてなブログは私も無料のを使ったことがありますが、アクセスが付いてくるのはどのサービスよりも早い

他、Fc2,Livedoor,Bloger,seesaa,アメブロ、なども活用してみましたが、はてなが一番他者に読まれるのが早い

はてな自体のドメイン力が強いのと、はてなは傾向としてブロガー的他者に対するいい意味でも悪い意味でもの興味がある人が多い、社会的視野の広い方が多い、などがあり、そのコミュニティの中での交流というか興味が濃い人が多いのもあるんだと思うし、はてぶなどもつきやすいし、そこから色々爆発して広がっていく仕組みがかなり完成されている

だからとにかく早く結果を出したい(とりあえず読まれるブログを最速で作りたい)などの場合ははてなの無料ブログからやってみるのもいいかもしれないとは思う

でも、必ず何有料の独自ドメインにして有料化させていくことが必要になる

きっと欲が出て、自分のものにしたくなるだろうし

できれば少しくらいは稼ぎたくなるはずだし、、、

そして下手するとワードプレスに移行するかな、、、、という結果になる可能性もけっこうある(やはり無料のを使ってるとそれなりに拘束があり、自由度は低くなるし、もっと言えば、規制がかかってそこで存続できなくなってしまう場合もある。そうなってワープレに引っ越す方もけっこう多いのも事実)

そうするとかなり面倒だし、せっかくついたフィールドコミュニティ効果はなくなり、アクセスが戻るまでにまた時間がかかる、もしくは戻らないということになってる方もいるようです

それを考えると最初から独自ドメイン&有料レンタルサーバーで最初から始める方が楽な気もする

ま、ドメインが育つまでに時間かかるけど笑

真っ白ホワイトなやり方してるとある程度のアクセスが来るようになるまでに1年以上かかったりもする

それはとにかく個人差があるけど、、、、、

とにかくとりあえず瞬発的な結果だけを第一に求めるなら、はてなは合理的だと思うし、はてなで長年継続的に安定して運営してる方もいるし、逆にワープレでやってたけどはてなをメインにした なんて方もいるにはいるし….

どちらがいいのかはその人次第かな………

ワードプレスを始めるのなら下記の内容もチェックしてみてくださひ↓

\(`^`)b

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

関連コンテンツ

Pocket