クリエイトスキルで在宅ワークできるサービスを8種類ピックアップしてみた

Pocket

 

在宅ワークや副業をどんどんやっていける時代なのでやらなきゃもったいない

クリエイトスキルがあればそれらで少しづつ資金を増やしていけるのは紛れもない事実ですよね

まぁ、楽々稼げるわけでは当然ないですよ笑

地道にネチネチトライし続けることが必要です

逆に、依頼したいことなんかは手軽にローコストでしかもコンペ式に選ぶことなんかもできるので知っておいて損はないサービスだと思う

そしてその中を垣間見るだけでも視野は広がっていく

そんなこんなで今回は在宅ワークできるサービスを8種類紹介したいと思います

在宅ワーク

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎0、在宅ワーク・クラウドソージング

❤︎1、総合的スキルの売り買いができる定番の『ランサーズ』

❤︎2、総合的スキルの売り買いができる定番の二大勢力の1つ『クラウドワークス』

❤︎3、新しく出てきた注目の新星『Bizseek(ビズシーク)』

❤︎4、知名度はもはや抜群の『ココナラ』

❤︎5、イラスト専門の『SKIMA』

❤︎6、ストック型で資産になりうる『イラスト AC』

❤︎7、ストック型で資産になりうる『イラストボックス』

❤︎8、ライター専門の『Shinobi』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

 

 

❤︎0、在宅ワーク・クラウドソージング

 

まずよく耳にする『クラウドソージング』ですが、

 

“クラウドソーシング(英語: crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。

クラウドソーシングは狭義では、不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態を指す。広義では、必ずしも雇用関係を必要とせず、不特定多数の人間により共同で進められるプロジェクト全般を指す場合もあり、その場合オープンストリートマップ(OSM)やreCAPTCHAなどが代表例として挙げられる。”

クラウドソージング|Wikiより引用

 

ですね、これをネットで活用して在宅お仕事できるサービスがたくさんあるっていう時代ですね。。。ステキ

 

 

❤︎1、総合的スキルの売り買いができる定番の『ランサーズ』

ランサーズ

ま、ここは超定番てきなクラウドソージングで既に会員の方も多いと思う

法人のやりとりも多く、依頼主も受注側もレベルは結構高く感じます

提案してもなかなか選択してもらえないことも多々

そしてカテゴリーも充実しています

 

◆カテゴリ

  • システム開発
  • Web制作
  • デザイン制作
  • ライティング
  • 大量作業
  • 翻訳
  • 写真・動画制作

ここからさらに細かくあります

 

◆内容

  • 『コンペ方式』・・・クライアントの仕事依頼に対して仕事をしたい人(ランサー)が提案を出して、クライアントに選ばれた提案を出したランサー1人・複数人に報酬を支払う機能
  • 『プロジェクト方式』・・・クライアントの仕事依頼に対してランサーが計画を提出し、双方合意の元に仕事を進めていく機能
  • 『タスク方式』・・・クライアントの仕事依頼に対して、ランサー1人若しくは複数人が作業を行い、クライアントがこれに報酬を支払う機能

このような機能を通して発注・受注していける

 

◆報酬・支払い

  • 『時間報酬』・・・プロジェクト方式でクライアントがランサーへの報酬をその業務を遂行するのに実際に費やした時間に応じて報酬を支払う機能
  • 『固定報酬』・・・プロジェクト方式でクライアントがランサーへの報酬を決定した業務の成果物の完成に対して報酬を支払う機能

これらによって支払う・支払われる

 

◆手数料

  • 依頼金額の内、20万円を超える金額部分については5%の利用手数料
  • 10万円超〜20万円以下の金額部分については10%の利用手数料
  • 10万円以下の金額部分については場合は20%の利用手数料
  • 手数料の計算方法は、それぞれの金額部分に対して計算され、15万円の場合は、10万円部分は20%5万円部分は10%となり手数料は25,000円となる
依頼金額 利用手数料
20万円超部分 5%
10〜20万円部分 10%
10万円以下部分 20%

 

 

 

 

❤︎2、総合的スキルの売り買いができる定番の二大勢力の1つ『クラウドワークス』

そして上記のランサーズと並んで有名なのが
クラウドワークス

10万社を超えるクライアントと71万名を超えるクラウドワーカーがいるとのことです

ランサーズと同様に知名度もレベルも高く、安定して人気です

ランサーズもクラウドワークスも依頼する側は圧倒的にお得ですよ

そして正直、仕事する側は結構大変です

でも信頼が高まっていくと継続してお仕事を依頼していただけたりなどで大きく安定した収入を努力で得られている方もたくさんいます

 

◆カテゴリ

大きく分けて

  • データ入力
  • ライティング
  • ロゴ制作
  • アプリ開発

 

◆内容

  • 『プロジェクト形式』・・・クライアントの依頼に対してメンバーが応募し、業務委託契約が成立した上でメンバーが業務を行う形式
  • 『コンペ形式』・・・クライアントの依頼に対してメンバーが提案し、クライアントが採用した提案を行ったメンバーとクライアントとの間で業務委託契約が成立する形式
  • 『タスク形式』・・・クライアントによる複数の業務(タスク)の依頼に対して、メンバーがそのタスクの全部・一部を行った成果を提示し、クライアントが承認した部分について、メンバーとクライアントとの間で業務委託契約が成立する形式

 

◆報酬・支払い

  • 『時間単価制』・・・プロジェクト形式により委託された業務に費やした時間に応じた報酬がクライアントからメンバーに支払われる制度
  • 『固定報酬制』・・・プロジェクト形式により委託された業務に対して固定の報酬がクライアントからメンバーに支払われる制度

があり、

  • 報酬は事前に登録した口座にお振り込まれる
  • クラウドワークスでは1000 円以上から出金することが可能

 

◆手数料

*プロジェクト形式・コンペ形式の場合、

  • 各取引の報酬額で20万円を超える部分については報酬額の5%
  • 10万円超20万円以下の部分については報酬額の10%
  • 報酬額が10万円以下の部分については報酬額の20%(消費税別・1円未満切り捨て)

に相当する金額がシステム利用料としてかかる

 

 

 

❤︎3、新しく出てきた注目の新星『Bizseek(ビズシーク)』

上記の二大勢力の他にも新たに色々なサービスが出てきています

その中でも最近よく目にするのが

Bizseek

  • ワーカー手数料業界最安級
  • 初めての方にもわかりやすいプラットフォーム
  • 提案数もそんな多くないので勝てる確率も良い

と言った感じで目立つようになってきている

 

◆カテゴリ

  • カテゴリー
  • アプリ開発
  • Webデザイン
  • グラフィックデザイン
  • ライティング
  • 軽作業
  • その他

などなど。。。

 

◆内容

  • 『プロジェクト式』・・・掲載した依頼内容に対して、作業計画や見積などを提案
    →当選したら必要に応じてクライアントと作業内容の調整を行い仕事開始
  • 『コンペ式』・・・依頼内容を確認した上で提案内容、作品を作成し、提案
    →当選したら、データを納品し、報酬を受け取る

 

◆報酬・支払い

  • 業務を完了し支払われた報酬を受け取るには、Bizseekより「出金」する必要がある
  • ワーカーマイページ内「報酬」ページで出金方法を「自動出金方式」に変更しBizseekにて定められた締め日、支払日に応じてご指定の口座に振り込まれる
  • 報酬の出金は未出金金額の合計が¥3,000以上の場合のみ行われる

 

◆手数料

  依頼金額
10万円超の部分
依頼金額
10万円以下の部分

クライアント
(仕事を
依頼する方)

無料
ワーカー
(仕事を
受ける方)

依頼金額の
5%(税別)

依頼金額の
10%(税別)

 

 

 

❤︎4、知名度はもはや抜群の『ココナラ』

 

このログサイトでも既に何回がご紹介してるかなりの知名度と安心感の

ココナラ

単価をお手頃な価格にすることにより、登録しておくだけでオファーが来やすいですし、依頼側としたらかなりお得すぎる価格でスキルを購入できます

以前は依頼を多く受けてレベルアップしていかないと単価はあげられなかったのですが、仕様が変わり、単価を上げられるようになりました

 

◆カテゴリ

  • 似顔絵・イラスト
  • 画像・デザイン
  • 動画・アニメーション
  • 音楽・ナレーション
  • IT・プログラミング
  • ホームページ制作
  • 翻訳
  • その他

その他占いや娯楽などなどかなり幅広い

 

◆報酬・支払い・手数料

  • 受取可能な残高が1,000円を超えた段階で、出品者ページの売上管理画面より、設定した銀行口座に振込依頼をすることがでる
  • 振込手数料として160円が差し引かれますが、3,000円以上の振り込み依頼は、振込手数料が無料
  • サービスが購入されると販売価格(おひねり含む)から手数料25%+税が差し引かれる
※例:1,000円のサービスを販売した場合、手数料250円+税が差し引かれます
 
販売価格 手数料+税 出品者報酬
1,000円 270円 730円

 

スポンサーリンク

 

❤︎5、イラスト専門の『SKIMA』

SKIMAはイラスト専門のオーダーメイドサービス

イラスト専門なのでイラストのグレードも高いとされ、発注者の評判も良いようで、

twitterでもよくクオリティ高くて満足とつぶやいている方々も目にします

 

◆報酬・支払い・手数料

  • 取引成立時に商品の価格に対して15%の販売手数料が出品者にかかる
    手数料は出品者の出品価格より差引かれ、取引完了後に15%差し引かれた金額が売上として反映される
  • 売上金の振込申請時に、振込手数料として258円(税込)が必要

 

 

❤︎6、ストック型で資産になりうる『イラスト AC』

▷イラストAC

は、上記のサービスとはまたちょっと別で、無料イラストを展開しているサイトです

イラストが必要な人はここにある無料イラストをDLして規約に沿って使うことができます

また、このサイトにイラストを投稿する側としても登録でき、自分が投稿したイラストがDLされるたびに、3.56円づつ貯まっていきます(以前は1.5円でした)

さらに投稿したイラストページからイラスト制作の依頼を受けることができます

さらにさらに、DLされる都度、日本赤十字に寄付も行われる

という太っ腹なサイトです。。。

 

 

❤︎7、ストック型で資産になりうる『イラストボックス』

イラストACと同じストックタイプです

イラストボックス

  • 月間ダウンロード数20万~40万件程度
  • 150万人以上が無料イラストを利用
  • DLされる数によってイラストランクが高まっていき、ダウンロードされる毎に1ダウンロード1円から最大8円

 

 

❤︎8、ライター専門の『Shinobi』

 

最後にライター専門のワークスです
Shinobiライティング

  • お題に沿った文章を書く
  • 資格不要&スキマ時間でOKの在宅ライティングのお仕事
  • 1,000ポイント以上溜まると現金にできる
    入金手数料が無料(指定された銀行以外は手数料かかる)

 

そんなところで駆け足で紹介してみました

私も上記のサイトの中で登録して色々やってみたりもしています

チャレンジしてみる価値はありますよw

それと逆に依頼もすぐできる、活用すぐできるので助かっていたりもしますw

 

できること、得意なこと、好きなことは他者の役に立てたりするかもしれないよ

 

そんなところで

楽しいクリエイトあれ!

しゃらんるあぁああああ❤︎

 

CLIP STUDIO の EX と Pro って何がどう違うの?についてまとめてみた

 

\(`^`)b

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤色々やり散らかしております、宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

Twitter-REACH_rh Facebook-REACH_rh G+ -REACH_rh Insta-REACH_rh note-REACH_rh

YouTube-REACH_rh SoundCloud-REACH_rh PIXIV-REACH_rh CREATORS BANK_REACH_rh

 

関連コンテンツ

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 1 =