生き残る仕事とは?について

Pocket

 

誰でもできること、流れ作業的なこと、適応力が必要ないこと、正確さが必要なことなどはみんなマシンにやってもらうようになるでしょう言われてますよね

じゃあ人間じゃなきゃな仕事ってどんなでしょう?

いい仕事って

ぐっじょぶってなんでしょう?について。。。。。。。。

生き残る仕事

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、とあるぐっじょぶで感じたこと

❤︎2、個人に適応して喜ばれる仕事
(顧客に寄り添って対応を変えられる適応性が必要な仕事)

❤︎3、喜ばれない仕事、他者の犠牲が必要な仕事は繁栄しない

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

 

❤︎1、とあるぐっじょぶで感じたこと

私はものすごく首肩周り、腰の筋肉周りがこる

こるを通り越して首は張ってパンパンにもはや盛り上がってるいるらしい笑

で、ある日、フェイシャル、エステなどの仕事をしている知り合いがマッサージをしてくれた

その人はまだ修行中の身なのですが、なんというか、癒す力を持っている

なぜだろうか?

きっと持って生まれた特殊能力でもあるのでしょうけれど、

少しでも楽にしてあげたい、気持ちよくしてあげたい、という周波数がすごい

そして、私の体に耳を澄まして私用に強さやツボを探りながらベストを見つけてマッサージしてくれるのです

 

これってマッサージには必須で当たり前のことに思うのですが、意外とプロでもできない人が多い

だいたい、

こうすべき、こうしてはいけない、これが普通、これがセオリー、うちはこれが常識という具合にこちらの要望に耳を傾けてくれるどころか、その型を押し通され、効かない人には効かないでしょうけど効く人には効くんです

わかる人にはわかるてきな裸の王様てきなソレだったりする

だいたいその場でも気持ちくないし、帰ってからも効果は感じない笑

 

いや、私がおかしいのかもしれないし、それは合う合わないもあるんだともちろん思う

でも、今回マッサージしてもらったらものすんごく気持ちよくて楽になり、軽くなった

もちろんそれだけで治ったりはしないけど、一時てきにかなり救われた

 

これってマシン、ロボ、にはできない領域だと思った

だって人間でも理解しがたい目に見えない繊細な領域だから

 

こういう技術、顧客に合わせて一人一人対応、適応できる力には未知の可能性がある

そして、またもう一回お願いしたいということになり、そうこうしてるうちにスペシャルナイズなサービス、私に特化したサービスを受けられるようになるのです

それでもう常連の顧客をつかんだことになる

 

これって本当にすごいぐっじょぶに思う

個人が喜んでもらえる仕事で繁栄していけるってすごい

 

スポンサーリンク

 

❤︎2、個人に適応して喜ばれる仕事
(顧客に寄り添って対応を変えられる適応性が必要な仕事)

“顧客に合わせて一人一人対応、適応できる力”

これって例えばヘアサロンなんかも必要な技術だ

ヘアサロンはこれがないともう二度と行きたくない笑

髪質や好みを汲み取って敏感に対応してくれないと自分でカットした方がまだマシだ笑

でも逆にこれができれば生き残っていけるとおもう

それはロボにはできない人工知能にはわかるはずもない人間的心情を汲み取れないと成り立たない領域だから….

 

つまり個人個人、一人一人にしっかり適応できる力、顧客に合わせて全てサービスを柔軟に変えていける技術がキモな気がする

“個人個人の究極な内部事情に寄り添ったサービスができること”

がキモに思う

 

例えば料理店でもお弁当屋さんでもそう

同じ商品を量産するのはロボでもできる

むしろ “同じ商品を量産” はロボが得意分野でロボにやってもらった方が断然いい

この先いつかはこれまでのお弁当屋さんは無人になると思う

 

だから、山田さん用の塩分少なめヘルシーポテトとか、吉田さん用濃い味焼肉とか、単純に濃い味弁当とかヘルシー弁当とかのメニューではなく、3丁目の森さん用メニューとか、〇〇社の沢田部長メニューとか笑

個人に合わせた味付けも対応してくれる料理店なんかあったらこれは強みになると思う

単にオムレツだとしても個人に合わせた1つ1つ違う味にしてくれるなんて面白い

 

いろんなサービスはよりもっと個人に対応、適応してくれるものになると面白いと思うんです

かかりつけの病院のように

かかりつけのヘアサロンのように、

かかりつけの電気屋さん、かかりつけお弁当屋さん、かかりつけのスーパー、かかりつけの。。。。。。。

 

きっと三丁目の森さんのためのみのサービスとは?などを考えられる仕事が生き残っていくんではないかな?とふと思う

 

 

❤︎3、喜ばれない仕事、他者を騙すことが必要な仕事は繁栄しない

そして、他人を騙すような仕事、陥れなければならないような仕事は当然繁栄しないだろうし、

第一楽しくないし 気持ち良くない

迷惑がられたり苦情が多発するような仕事はたとい一時的に儲かったとしても続かないように思う

人のためになる仕事、とまでいかなくとも、少なくとも、他者を陥れる、騙すような仕事はしたくないですよね?

私はイヤです

 

競い合い、勝たなければならない場面はもちろんあるけれど、他者の足をわざわざ引っ張ることはまた別の話に思う

音楽やデザインも一方的に接点を撒き散らすだけのものではなく、より人の心を動かすもの、ヒーリング系や、健康や教育に良いものなど、何らかの必要性があるものがより生き残っていくのかなと,,,,,

カリスマやアイドルなども心の養分になったり心を動かす何かがあるから刺さってくるのでしょう、そこは変わらないのかもしれない

でも例えば、

隣町の林さんの睡眠を充実した良いものにするためのヒーリング曲集とか笑

音楽勉強中の原くんに送る選曲集とか笑

小指が短いり〜ちん用の運指練習音楽帳とか笑

そういう『面白い個人的なもの』が仕事になったりもするのでは?なども思う

 

ピアノ習う、ギターを習う、なども、決まったカリキュラムをみんな同じくさせられるってことは本来おかしい

お金払う意味ある?それ?笑

その人によって吸収の仕方、しやすさは全然ちがう

だから生徒ごとに合わせた教えができる音楽教室であればもっと繁栄していくように思う

もしくは生徒の質問に答えられる場であることなどですね….

私が習う側だったら必ずそこは必要ですがピアノの先生やギタースクールの先生などでそこの懐の大きい方の少なさには本当に驚く

教えたいことだけを教えるというスタンスがあまりにも多い

 

月々定額で質問に対応してくれる音楽理論サービスとかもあればニーズはあるように思うし、

定額登録してたらWebサイトシステムについての補助や質問に対応してくれるサービス、ただ勝手になんとかしてくれるのではなく、教えてくれるサポートなんかもニーズはすごくあると思う

 

そしてデザインで言えば当然、個人向けの対応であり、顧客ごとの要望にしっかり応えられること、個人的、よりパーソナルな部分の適応能力が求められてくると思う

トータルすると、何を欲しがられているのか?何を求められているのか?を丁寧にキャッチしてそれに応えられるのか?

ということなんだろうなぁとおもう。。。。。。。。。。。。。。

 

なんてことをマッサージしてもらってふと感じました。。。。。。。。

 

ってことで

しゃらんるああぁああ❤︎

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

 

関連コンテンツ

\(`^`)b

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =