デジタルイラストのメリット・デメリットについて

Pocket

 

“絵を描く人” や “写真撮る人” の人口は異常だ 笑

あなたにも一度はイラスト、落書きで遊んでみたことくらいはあると思う

でもデジタルイラスト(デジ絵)ってどうなんだろう?って思いますよね?

特にアナログで描いてきた人なんかは必要ない、邪道じゃって感覚すらないでしょうか?笑

 

そこで今回は、

デジタルイラスト(デジ絵) のメリット・デメリットについてまとめてみました

固定概念を棚に置いといてデジタルの面白さ・可能性の扉をノックしてみますw

 

デジ絵

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、デジ絵のデメリット

❤︎2、デジ絵のメリット

❤︎3、手軽さ、便利さは罪?

❤︎4、まずはご賞味あれw

〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

 

❤︎1、デジ絵のデメリット

  • 未だにアナログの信頼度は結構高い
  • 売り込みが必要な場合アナログ画がないと不利になることもある
  • ツールが似通ってるので他者と同じになりやすい
  • 軽く見られがち
  • PCやタブレット、アプリケーションの知識が必要
  • PCやタブレット、アプリケーションがないと描けない

などなどかな………

 

まずは、『未だにアナログの信頼度は結構高い』ってこと

一般の人も、関係者も、アナログで描けなきゃ深みがない、一流じゃないって印象を持ってる人が本当に多い

なので例えば面接や売り込みの時、

『アナログでは描きません、デジタルのみです』と言ったら、

『今は何でもそうやってデジタルで簡単に済ませる人が多いよね、だからダメなんだよ』的なことを言われた、という話も聞いたことがありますし、

私も実際、デジタルだけなの?、原画とかは持ってきてないの?って聞かれたことがあります

まぁポートフォリオサイトがあればそれでいい気もしますが原盤を見せられる方がやはり説得力はありますよね。。。

 

確かにデジ絵を出力したものと、実際にカンバス?キャンバスに描いたものの深み、印象の違いは絶対的にある

アナログは匂いであったり、手垢であったり、その取り組みや思い入れが伝わりやすいし、生で現物を見られるということはごまかしの効かない現実、ナマモノでありましょう

そのナマモノな威力には、ある種太刀打ちできない説得力がある

 

そしてよくイラストのフリー素材を見たり、イラストサイトで販売されているものを見ると、かなり似通っている

ニーズが似通ってるのもあるのかもしれないけど、絵画と言うよりアニメチックなものが異常に多い

総じてデジ絵の方は似通ってしまいやすいのかもしれない

あと、同じツールを使って、同じ情報を得て、同じサービスで活動してる人が無数に存在するので表現が知らない間に似通ってしまうのかもしれない

そして自分の中でもマンネリ化しやすいかもしれない。。。。

ニーズ自体も似通っているのもあると思う
(求められるものが同じ方向性なものが多いのもあると思う)

 

 

❤︎2、デジ絵のメリット

  • 絵の具やボードなどの画材費用がかからない
  • 描く準備や片付けが必要ない(フットワーク軽い)
  • やり直しや修正が局部的にパラで簡単にできる
  • 原画を残したままあとで大幅に変えて複製できる
  • PCまたはタブレットやスマホとアプリがあればいつでもどこでも描ける
  • 制作の効率化がしやすい

う〜んまだまだありそうですが…..

ま、アナログものも、スマホで撮って補正したりシェアも簡単なのでその辺りは省きました

 

私が一番強く感じるのは、

  • 何度でもいつでも局部的にパラで修正、手直しができる
  • フットワークがはるかに軽い
  • 作品はデジタルなので保管場所が取られない&劣化しない

ってことです

アナログだといちいち準備して終わったら片付けないとならない笑

そしてないカラーの補充やイラストボードの仕入れなどもある。。。

さらに、アナログだと、この部分のここだけ小さくしたいとか、色変えたいとか、直したいとか思った場合、全部やり直しか、部分的にやり直しか、もしくは修正できない。。。。。

デジタルならレイヤー分けた状態で保存しておけばそれが超当たり前に簡単にできてしまう

これはものすごいことだ笑

 

さらにさらに、保管(保存)はHDに入れておけばOKで劣化しない

経歴変化でさらに希少価値てきなものも高まり、味や風味が加わるのも確かなんですが、“劣化しない” というのは “その時の鮮度” を保てるってことでそれは、

デジタルの魔法の1つだと思う

 

音源でもそうですよね、カセットやレコードの味ももちろん良いのですが、制作側としては “その時の鮮度” を保っておきたいその時の熱やパワーをそのまま真空パックにしておきたいという願望は少なからずあるものだと思う

そして

アナログ音楽からデジタル音楽に切り替えた時も感じましたが、アナログの場合、せっかくやったものも一瞬でおじゃんになってしまうことがある笑

デジタルはその時間を一瞬でタイムスリップしたかのように取り返すことができるってこと。。。

上書きしない限り前の状態に戻せるってことで、これはデジタルの最大のメリットに思う

 

スポンサーリンク

 

 

❤︎3、手軽さ、便利さは罪?

そう、デジタルは便利で手軽で楽してるって印象もあるかもしれない

うん、デジタルは便利で手軽で楽です笑

 

やり方によっては自分の苦手な部分をカバーすることもできるし、大して描けなくともそれなりに見えるように取り繕うことも可能でしょう

でもだからダメでしょうか?笑

 

自分のできる部分、やりたい部分、得意な部分にフォーカスしてそこを伸ばして、

できないことは時代の力を活用するのは素晴らしいことだと私は思う

もっと言えば、単に楽で手抜きでできるの?って言えばもちろんそうではない

当然デジタルだって技術や発想の力、表現の力やセンス、何度も描く、などは必要ですよね。。。

 

苦労して時間かけて塗り重ねていった色彩は本当に重みがあるし、私もそういった作品は大好きです

 

でもデジ絵にもそれに匹敵するくらい心を動かされる作品も無数にあります

 

あのブラシ使ってるからこのタッチが出せる、あのソフト使ってるから描ける

それがなきゃ描けないってことも確かにある

 

でもそれがあれば誰でもそのタッチで描ける?となるとそうもいかない

当然デジタルだから誰でもすぐにものすんごい絵が描けるかというとそうじゃないじゃないですか・・・・

 

何かをするにあたって、その前提や下準備、内部事情があるからこそ深いものができるのも確かだけれど、瞬時に本題から入れる環境を選択できるのも内部事情の1つであってそれはそれを選択してるというセンスでもあると思う

 

というか、、、

こういったアレソレのゴタクより、全ては作品がものを言うのでしょう

誰かの心に忍び込んで心を焦がしたり踊らせたりノセたりできる作品を生めたらそれがすべてなのかもしれない

 

で、

 

年をとるにつれて喜怒哀楽は欠乏していって感覚の感度と瞬発力はどんどん劣化していくのは間違いない

だから 

“今との融合” は、年をとればとるほど面白いと思う。。。。

 

歴史のある年代の人こそデジ絵は面白いと思うのです

 

逆に若い人は画材でデロデロになって水こぼしたりして台無しにしてみたりも楽しいと思うけど 笑

 

 

 

❤︎4、まずはご賞味あれw

ってことでとにかくやってみればわかる

どっちがいいかとかそういう問題じゃない

 

PCやアプリ嫌い、デジタルが生理的に嫌いって方なら別ですが、とりあえずゆるく感覚をラフにして試してみると面白いと思うw

 

作業環境を新しくする、違うものを取り入れることによって新しい違った発想、切り口は生まれやすくなるし

私も絵を描くことをもっとやりたいとなった時にアナログの画材を揃え直すことなくデジ絵で始めてから確実にできることが広がった

  • 低コストで始められる
  • すぐに始められる
  • いつでもPC立ち上げるだで描ける
  • 一度描くためのものを揃えたら壊れるまでそれだけで続けられる
  • 描くことだけに集中できる

 

PCがある方ならお手軽な価格で始められるんでデジ絵はオススメに思います

今ならノートPC&ペンタブ、タブレットとペン、などを持ち歩いていつでもどこでもすぐに描けるようにすることも可能で、よりデジタルで描くことは身近になってきたと思う

 

 

ペイントソフトはやはりクリスタ(クリップスタジオ)がおすすめかなと…..

CLIP STUDIO PAINT PROはイラスト用

公式サイトDL版がお得です
▶︎CLIP STUDIO PAINT PRO

 

取説付きも選択できるので初心者にも安心だし、アマゾンや楽天にもある


▶︎Amazon :
CLIP STUDIO PAINT PRO

 

▶︎楽天 :
CLIP STUDIO PAINT PRO

 

 

 

 

 

CLIP STUDIO PAINT EX は、コミック、漫画を描くのに特化しているソフト
コマ割りや吹き出し文字などもささっと出来、複数ページ作成する機能も充実してる


▶︎Amazon :
セルシス CLIP STUDIO PAINT EX

 

▶︎楽天 :
CLIP STUDIO PAINT EX

 

 

これも公式サイトDL版がお得
▶︎CLIP STUDIO PAINT EX

 

 

 

で、“CLIP STUDIO Pro” 使ってみたいと思っててペンタブもまだないなら、ライセンス2年間無料 が付いてくるこれが良いのでは?(Sサイズ、Mサイズ選べる)↓

▶︎Amazon :
ワコム ペンタブレット Intuos Comic M ペン&タッチ マンガ・イラスト制作用モデル ブラック CTH-690/K1

▶︎楽天 :
WACOM ワコム ペンタブレット Intuos Comic medium CTH-690/K1


ソフトウェアClip Studio Paint Pro(2年ライセンス)が無料でダウンロード可能

    • 筆圧レベル:最高1024レベル
    • 付属のペン:Intuos 筆圧ペン
    • 読取速度 最高133ポイント/秒
    • 対応システム
      Windows :
      ●USBポートを標準装備したコンピュータ
      ●Windows® 7/8/8.1/10(最新のSP適用)(64ビット版を含む)
      ●インターネット接続
      Mac:
      ●USBポートを標準装備したMac
      ●MacOS 10.8.5以降
      ●インターネット接続

 

全て1から揃えたい場合は下記のページも参照w↓

デジタルイラスト切り替えに必要なもの

 

以上、現場からお伝えしました

楽しいクリエイトあれ!

しゃらんるあぁあああ❤︎

\(`^`)b

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

 

関連コンテンツ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + 3 =