ゼロに小さな1を足していく


 

今回も本の話です

今日紹介したい本は生きる上で知っておきたい公式が何本も入ってるなぁと感じた本です

音楽とは関係ないけれど 関係ある

 

ゼロから1をたす

 

これ!

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

kindle¥1,089
単行本¥1,512

 

 

びっくりするほどエネルギーをくれる本だった

ホリエモン! 面白かった!!!

 

正直、努力とか一生懸命とかの内部事情は結果より重要だとは思わないし

楽することを本気で考え、合理的に生きようとする意識は努力とかよりよっぽど大切なことだと思うし、

それはわりと私の中での克服したい昔からのテーマだったりもする

 

で、

イメージ的にホリエモンは合理的生物なイメージだった笑

 

でもその裏にはまたなんとも興味深いストーリーがあった

 

何というか、結果を出すということはやはり地道な積み重ねの先の先にしかないものだとうことを、わかりやすく説得力のある角度から面白く解いているのが意外だった

 

“人は誰しもゼロの状態からスタートする。”

 

“そしてゼロの自分にいくら掛け算をしても、出てくる答えはゼロのままだ。”

 

“最初の一歩は『足し算』であり、『掛け算』を考えるのはずっと後の話なのだ。”

 

“ゼロからイチへ、そしてできれば5や10へ、自分をもっと積み重ねていこう。”

 

『ゼロ』_著者 堀江貴文 より引用

 

どうでしょう?

 

いや、なんかもっともっと引用したい重要な箇所が無数にあるのですが引用しまくることはできないのが残念だというか

ほとんど引用したい箇所ばかりの本だ 笑

前後の長い説明やつながりがあって初めて生きてくる内容というか,,,,,,,

 

 

努力は大事 とか 自分を信じよう とかそういった眩しい言葉は安く捉えてしまいがちだけれど、最もシンプルで確信をついているとおもう

 

つまり 

“やらなきゃできない”   “一歩一歩やるしかない”

“魔法の近道はない”

って当たり前のことで…….

 

なんかそういった一見、安く捉えられてしまうようで、でも本当はとても重要なことを、素直に聴き入れられるような書き方をしている

それがとても意外だし、印象的だし……..

 

正直、ホリエモンってなんとなく胡散臭いイメージもあったりしたのですが、なんかこの本を読んで、まんまと印象が変わりました笑

 

とても大事なことをはっきり明確に言ってもらった感じ

 

 

まあ、これは結果出してる人の言葉だから届くのかもしれないし、元々の人間的デキの違いもあるのでしょうけれど。。。

“急がば回れ” とか地道に積み重ねるしかないんだよねとかそういった

“揺るぎない公式” を教えてもらったような内容だった

 

 

行きたいところがある人 やりたいことがある人

ここから抜け出したい人にはかなり養分になる本だと思う

これ普遍的なテーマでの中で超オススメに感じましたよ

 

さあチマチマネチネチ進みましょうう〜〜w

 

う〜〜んなんか ちゃんと思うように説明できてないけれど

とにかくこれは小気味良い本だった!

 

ってことでしゃらんるわああぁあ❤︎

 

ゼロ 
なにもない
自分に
小さな
イチを
足していく

kindle¥1,089
単行本¥1,512

 

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

画像加工・イラスト・アイキャッチ▶︎Rh.jampj

 

スポンサーリンク

\(`^`)b

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =