YouTubeの再生数が上がった方法〜ブログの可能性について〜


 

YouTubeに動画を上げてもなかなか見てもらえなくて回転数上がんないですよね笑

少しでも聴いてもらいたい、見てもらいたいのは誰もがだと思う

そこで色々なやり方があると思うのですが、

私のようなマイナーな人でもやや効果があった方法を書いてみます

 

YouTube Playnumber

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、YouTubeの再生数が上がるのに一番効果があったこと

❤︎2、YouTube再整数を上げるための通常の工夫

❤︎3、一番手っ取り早いのは?

〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 

❤︎1、YouTube再生数が上がるのに一番効果があったこと

より多く見てもらうための工夫はその人によって適性が違うんだろうなとも思うけど

でも私が効果があった方法は誰にでもできることなので音楽民のかたはやってみる価値がすごくあることだと思う

 

それは、“ブログ” です

ブログで上位表示できるページを作り、動画を貼る というもの

 

もちろん動画の内容と全く関係や繋がりのない記事を書いてもダメですが…

キーワードを決めてその内容で検索にヒットするような記事を書いてそのページで動画を紹介する と言う流れです

 

私の動画では再生数が2千とか3千回転しているのはブログがらみしかない笑

2千、3千って数は確かに全然たいしたことなさすぎて笑えてもくるのですが、他の自分の動画では300回ったらマシな方、千超えたらよくやった!的なレベルなのです 笑

つまり通常300回転とかで100くらいがザラ。。。

これが私の現状なんだと思う

 

このブログでは “アップライトベース” とか “フレットレスベース”で以前は上位表示できてました

今はかろうじて1p目に引っかかってる程度ですが笑
(他に上がってきてるサイトさんが増え、下がってきてます笑)

そのページに関連動画を説明のために貼った方がリアルで分かりやすいかなと思い貼ってたんですがその動画の再生数が上がった

ということです

SWB Beta

 

link gire jaump Live

 

エレクトリックアップライトベース選び

エレクトリックアップライトベース選び

 

この辺りですが、他にも検索の1p目に入るページに貼ってある動画の再生数は回りやすい

キーワード自体がたいしてメジャーではないのでアクセスがどっさりあるわけではないのですが、短期間上位表示(1p目の3位くらいまで)できただけで他の動画より全然多く見てもらえてるわけです

これがもっと一般的でみんなが気になるようなキーワードをかすった記事で上位表示させていき、そこに関連動画を貼ればかなりの宣伝になることは間違いない

 

ブログやサイトで上位表示させるのは簡単なわけでもないけど、ちょと意識するだけでかなり変わるのも事実で、その可能性は本当に巨大なものだと実感してます

音楽をやってるならまず、

デモ曲を作って、各音楽関連サービスで視聴できるようにしてあること

ブログやサイトをできれば独自ドメインで立ち上げて育てておくこと

は必須に感じる….

詳しくは下記のページも参照ください
独自ドメインブログで窓口を広げるために知っておきたいこと

独自ドメインブログで窓口を広げるために知っておきたいこと

 

レンタルサーバーはどこがお勧めか?実際活用しているサーバーを紹介!

レンタルサーバーはどこがお勧めか?実際活用しているサーバーを紹介!

 

他にもちろん twitter や facebook も欠かせないですよね,,,

 

もし今何らかの形でブログを書いたりもしてるなら、単なる日記調のものではなく、検索されそうなキーワードをもとに濃い記事を書いてアクセス解析してみるのも良いのでは?と思う

そこから得られることは単におもしろい、というだけではなく、

“集客” ということは?

“押し売りじゃない販売方法は?”

などのヒントが無数にあってかなり勉強になる

 

いらない、欲しくない、聞きたくない、興味ない人に無理に進めてもまず迷惑なだけですよね

でも逆に

欲しい人、探してる人、興味のある人にまさにそれを紹介することができればもっとスムーズで逆に役に立てたりもする

それができるのが ブログ、サイトでのキーワードによる集客

 

通常、何かを宣伝したり、単に知ってもらうだけでもかなりの押し売りてき行動が必要だったはず

でも

ブログ、サイトでの純粋な検索キーワードによる集客方法では、そもそも興味のない人は来ようがない

何らかの興味があるから検索するんですよね、そこでたどりついた先の記事、サイト、ブログで音楽が貼ってあったら見る確率の方が高いはず

私なら再生します

 

そんな感じでサイト、ブログは、興味のある、関連のある方々に知ってもらえる窓口になる

ブログの可能性を改めてYouTubeでも感じた…

 

 

❤︎2、YouTube再整数を上げるための通常の工夫

で、話はYouTubeに戻りますが、サイトやブログでのキーワード選定、アクセス解析などで得たことはYouTube自体でも役に立ったりする

キーワード選定はもろそのまま同じ感覚で選定していけるし、どうすればYouTube内で検索されやすくなるのか?なども想像するようになるし…

通常、YouTube単体ではまずチャンネル登録者を増やすことが最大のパワーだと思う

じゃどうやって?ってことですが、それもやっぱりまず

知ってもらわなければ始まらない

 

そのためには

動画のキーワード選定、チャンネル内の動画をより多く見てもらえること、自分がいいと思える動画を見てもらえること、そこにたどり着いてもらえることが必要ですよね

よくあるやり方は

有名な曲をカバーしまくって頻繁に上げまくる
(有名な曲やアーティストのタイトルなどで検索された時上がってくる確率が上がれれば、見てもらえる確率も上がる→できればその曲が好きな人は自分のオリジナル曲も好きになってくれそうなジャンルのをカバーをする)

キーワード ( タグ付け ) の設定を工夫する
YouTubeで気付いたこと〜タグ付けとか連携とか

注目された動画と同じ種類の動画も複数用意してそれを見た人がまた同じく楽しめるようにしておく

上記で見てくれた方がふとこちらが本気で伝えたい動画にたどり着いた時それらもたくさん見られるようにそのラインの動画も複数上げておく
(→それらによってリピーターになってもらえるようにしておく)

とにかくより多く動画を上げる

動画の始まりの画面、終了画面でもっと見てもらえたり登録してもらえるための工夫をする
YouTubeカードとかアノテーションってやつを使ってみようではないか!参照

SNSで拡散する、してもらう

いろんなサービスにアカウントを作って動画を貼りまくる笑

などでしょうか….

 

どちらにせよ、上記の場合、量産しないと難しい

だから量産しないのなら他の窓口からここへ来てもらえるようにしなければならない

つまり集客力のあるサイト、ブログは必要だのね……

 

 

❤︎3、一番手っ取り早いのは?

それはやはり拡散力のある有名な方やフォロワーが沢山いるアカウントに共有してもらうことだと思う

より多くの人に瞬時に触れてもらえるきっかけ、チャンスを作ることがやはり最速ですよね,,,,

それのためには  “行動を多くする”  が必要でしょうし、綺麗事言ってないで有名な人に積極的に絡むのも手なんだろうなぁとも思う

逆に言えば、音楽ですでに有名な方、知名度のある方、それで食べていけてる方はもっと音楽人を発掘するためのことをしてもいいんじゃない?って気もする

リツイートしたりシェアしたりなんてワンタッチで出来て何の労力もいらなんだし

いいと思えるものを見つけたならガンガン共有する

というのが音楽やアートを盛り下げないで行ける1つのできることなんだろうなぁと思う

まぁ、まずあんまり見てる時間の余裕もない方も多いと思うのですが本当にいいと思えるものを拡散するのは誰にでもできる

だから私もしていきたいと思う

そんな風に思っていても、本当にいいな、と思えるものに簡単には辿り着けなかったりもする

だからこそ発信する側の方が見つけてもらいやすくする工夫は怠って欲しくない

 

そんなところです

ってことで楽しい音楽アートライフあれ!

しゃらんるわあああぁあ❤︎

 

〜YouTube関連記事〜〜

YouTubeのDM(メッセージやお知らせ)を受け取れるようにするには?受信設定と確認の仕方 (PC・スマホ)

Youtubeのコメントが表示されない!?

Youtubeの限定公開設定・非公開設定で自分専用のストレージに!?

YouTubeカードとかアノテーションってやつを使ってみようではないか!

YouTubeで気付いたこと〜タグ付けとか連携とか

 

スポンサーリンク

 

REACH_rh.jam project / Creative Support
REACH_rhがあなたのクリエイトをサポートします
サポート内容をチェックしてみる ↓

rhjampj_v-min

 

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

REACH_rh note

follow us in feedly

 

関連コンテンツ

\(`^`)b


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 2 =