スラッパーになりたい人にオススメのベース


弾きやすいベースで弾くとうまくなれたような錯覚にハマり、

まんまとうっかりしっかりモリモリ練習してしまいますよねw

そういった良いサイクルをうっかりちゃっかり作りましょうウ

 

Slapper Bass

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜

♥1、アクティブベースとパッシブベース

♥2、MUSICMAN BASS

♥3、スラッパー向きベースまとめ 

♥4、で、弾きやすくする

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 

♥1、アクティブベースとパッシブベース

ベースにはアクティブベースとパッシブベースがあります
どんな特性と違いがあるかなんとなくわかりますか?

ま、弾けば音の違いやニュアンスの違いはハッキリわかりますが、聞いてる人にはわからないかもしれません…でも、弾きごこちがかな〜り違うのでプレイにはかなり影響を与えますよねぃ…

 

*アクティブベース

これは…ベース本体のサーキッド部分に、プリアンプが内蔵されている

プリアンプとは低音、中音、高音などイコライジングできるアンプのヘッド部分を持ち運びやすくちっさくしたものです

それの内部事情がベース本体に搭載されているということ

なので、ベース本体だけで低音をカットしたり、中域を出したりなど出来るということで、音質はパワーがありヌケとノビが良く前に来る音、ややギラっとした音です

更に、電池をいれなければならないという特性があります

 

*パッシブベース

パッシブはプリアンプが内蔵されてません
なので、EQ処理を本体でする事は出来ない

んが、ピックアップの音量バランスでニュアンスを変えることは出来るし、実際のアンプで出来るので、融通のきかない楽器かというとそうではない

そして音のノビ(サスティーン)も自然で軟らかさや独特の枯れた感じが出やすく、ビンテージなどの福与かさはたまらない

さらに音がナチュラルで深いというかヌケより立体感前にくるよりボトムを支える的な味わいを感じられる

もちろん電池はいらないw

 

*適性

上記のことから、バキバキのスラッパーならアクティブの方が好ましいと私は弾いた感じそう思います

2フィンガーでベースらしくボトムを支えたい、ビンテージが好き!って方はパッシブを好むでしょう

ちなみに私はそういった適性はあまり気にしいなく、その単体、個が好きかどうかで所有してっます。JAZZ BASSはみんなパッシブです(フレッテッドスラップ用BASSもパッシブ笑)

 

右はアクティブっぽいルックスですがパッシブちゃんなんですw
Fender Jazz Bass(Passive Bass)

 

 

そしてアップライトとセミフォロウボディフレットレス(Fender PBAC-100FL)はアクティブです(普通これぞパッシブ向き?って感じますが、ピエゾPU ((コンデンサマイクで響きを拾う))とMixなんでアクティブちやんです笑)
aria β、Fender PBAC-100FL (Active Bass)

ただ、これはわたしが所有したものである程度済ます(使い倒す笑)
という住めば都 的な性格なのでこうなっているだけで笑、スラップするならやはりアクティブベースでやりたいです
音のノビ(サスティーン)がぐんとあるのとヌケがいいので、グルーヴにネバリやウネリがあるように感じてうまくなったかのようにうっかり勘違いできて楽しいですよ♥

 

 

♥2、MUSICMAN BASS

で、これぞスラップに向いてる、これぞスラッパー向け!って思えるのが、

“MUSICMAN BASS” !!!

StingraySterling があるのですがどっちもいい!!!

いやもちろん音やひきごこちは結構違うのですが、

Stingray はボディがホワイトアッシュ系で重い。安定感があって音のヌケ、存在感があってサイコークラスだと思う
レッチリのフリーも初期はMUSICMAN Stingray だったはず…

Sterlingはやや軽量で、やや小ぶりで軽く、テンションもきつくなくてすんごい弾きやすく、もんのすんごいギュンギュンにスラップしやすく、私はスラッパーごっこをするならサイコーに感じました 笑

ただ、どっちがいいかは多分Stingray(スティングレイ)派が多い気がする
それはその安定感とまさにギンとしてて感度のいい重低音&パワー&音抜けの良さで,,,
響きのスケールも本格的に感じる

Sterling はとにかく弾きやすく、一瞬うまくなったような気分にさせてくれます笑 アンサンブルで混ざったときのボトム感が物足りない気もしますが、もうこれって好みの問題なので弾いてみた感触、直感で選んでくださひw

 

 

♥3、スラッパー向きベースまとめ

Jazz Bass タイプでもアクティブベースがありますが、タイトでクールで都会的なイメージ、マーカスミラーなイメージ

MUSICMANはちょっとだけアクがある感じでどこか下品な面白さと偏った正しさを感じるフリーのイメージ

どんなイメージを求めているのかによっって、好みによってチョイスは変わってくるでしょうねぃ

パッシブでスラップの場合ですが、テクニカルフレーズとかだとやはりサスティーンが足りないのとJAZZ BASS タイプだとややテンションもキツイので、グルーヴにネバリを出しづらく、テクでカバーするしかないイメージ

もっちりフレーズだと逆にナマッタ感じでいいかも…

もっと言えばフェンダープレシジョンベースでベッタベタナマッてもたったヌキヌキスラップはとてもありだと思う

スラップはサスティーンとテンションとピックアップでかなり変わる
もちろんテクニックなんだけれど、アクティブベースでギンギンにやれたら楽しくてうっかり沢山練習してしましそうですよ♥

やっぱしスラップならMUSICMANいいな

 

 

♥4、で、弾きやすくする

あと、実際スラップしてみて弾きやすさを感じられるか?ってすんごい大事な気がする

そこに始まってそこに尽きる気がする

弾きづらいなら弾きやすいものに買い替えるのが一番手っ取り早いです!笑

んが、そうも出来ない場合も多いでしょう

そうした場合、何がどう弾きづらいのかをチェックしてあがいてみましょうう〜〜♫

 

===============

①ボディフィット感が足りない

②個体バランスが悪い

③ネックのフィーリングが合わない

弦が死んでいる

テンションがキツくてサスティーンが少なく、グルーヴにネバリを出しづらい

ピックアップの感度が悪い

ピックガードがジャマor 必要

弦高・ブリッジのバランスがしっくりこない

=============

上記などの理由が多いかもしれない

④〜⑧は、本体を買い替えなくとも比較的に気軽に改善出来る可能性が高い

③もネックごと変える手もありますが………………..

 

弦が死んでいる
弦は新しめの方が感度が良く、スラップの微妙なニュアンスを出せたりするし、サスティーンや音ヌケを良くなる感があるのでデス弦は変えた方が心地よいかも

テンションがキツくてサスティーンが少なく、グルーヴにネバリを出しづらい
これは思い切って半音下げ1音下げチューニングにしてみて下さひw すんごいテンションゆるくなってネバリやウネリ感を出しやすくなるしサスティーンも気持ち出しやすくなります もうブンブンになりますよ♥

ピックアップの感度が悪い
ピックアップをアクティブに変えてしまうのも手っ取り早くギンギンにできるでしょう コストをあまりかけずに生まれ変わります(かなり別な子に変身するのでしっかり吟味したいですがね,,)

ピックガードがジャマor 必要
スラップの仕方や、ピックアップの埋まり方にもよるのですが、これはない方がいいって人とある方がいいって人にパックリ別れますよね

ピックガードがあった方が弦とボディーのスキマが少なくなるので、親指が弦の下に入りすぎてひっかかるなんてのを防げます
なので私はピックガードがあった方がスラップするならいいです

ツーフィンガーの場合、ピックアップに親指を置けるスペースが広く、奥行きが在る方が親指の負担が少なく出来るので、私はない方がいいです笑
なので付けたり外したりすぐ出来るようビスは外してます笑⬇

Fender Jazz Bass "Heavy Natural"

逆に親指のみでアップダウンを繰り返す奏法をふんだんに使う人はジャマかもしれません

 

弦高・ブリッジのバランスがしっくりこない
これはかなり繊細な部分なので、自分がしっくり来るポイントをさぐるのがいい
ブリッジも好みがあれば交換するといいかもw
ブリッジのコマの高さは直で本来の響きを変える部分なので、やりやすい高さ(弦高)を追求するといいかもしれない
んが、コマの長さの調整は倍音とかハーモニクスに影響するなんて話しを聞いたことがあるので、信頼のおけるリペアのプロに一度見てもらいところ

 

ま、とにかく、ふぃーりんぐなんでしょうけれどね…………….

フレットレスでスラップも楽しいしw 

 

 

以上ですが、私はスラッパーではないので感覚やニュアンスだけで書いてみました 

あは♥

 

(パッシブJazz Bass アッシュバデー ライン直アンプなし笑 ↑)
PAの方とサポートメンバーの方によりかかってます笑 ありがとうございますw

 

 

では楽しいチョップライフをば!

しゃらんるあああぁあ♥

 

 

Music Man MUSICMAN/Stingray NAT/M【ミュージックマン スティングレイ】¥242,743  Music Man Sterling by Music Man/ベース Ray34CAFL-VC フレットレス仕様【ミュージックマン スターリン】¥129,600  
   
STERLING by Musicman スターリン スティングレイ ベース RAY34CA/M 3TS ¥120,960   STERLING by Musicman スターリン スティングレイ ベース RAY34CA BK ¥76,937 
   

 

 

スポンサーリンク

チョッパーでチョップするw
(‾ー(‾ー‾) ー‾)v

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + 10 =