ProTools の活用したい基本的な便利機能


 

ProTools の機能をフルに使えればかなり作業時間を短縮出来るはずなんですが。。。。

ですが…..実際私は半分もそのすんばらしい機能を使いこなせてません笑

 

少しは機能の素晴らしさの恩恵を受けようとなるべく機能を使って作業してみようと今更思い出したので、

備忘録メモしておこうとおもいますw

 

Quantaize and Editing in ProTools 2

 

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♥ProTools は編集する際のモード選択で作業をスムーズにする
・コマンドキーボードフォーカスモード
・グリッドモードの切り替え

♥Protools 最低限知っておきたいショートカットキー
・ショートカットキー
・タブトランジェントでリージョンの編集

♥ProTools クオンタイズ
・クオンタイズ
・リアルタイムプロパティで自動クオンタイズ
・ループトラックの作成

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 


♥ ProTools は編集する際のモード選択で作業をスムーズにする

これは無数にあるので編集時に使う最低限のことを書いておこうと思います

リージョン “クリップ” (録音したトラックのデータ)をカットしたり

くっつけたり分割したり ループさせたりなどなど..そういった編集作業は

ショートカットキーやツールを上手く使うことで

いとも簡単な魔法のように瞬時に出来てしまえることが多々ありますが、

その作業ベースのモードを切り替えることによって、スムーズになります

 

まずショートカットキーを更に単純化させてくれる機能を有効化させます
ProTools の各編集画面右上あたりにある  “az” のタブをクリックして

コマンドキーボードフォーカスモード
にしておく(黄色くなる)
コマンドキーボードフォーカスモード

 

グループでの編集、中央のタイムラインで各トラックの内容の編集、クリップボックス内での編集、ごとに切り替えて活用するようになっている

キーボードフォーカスタブ-min

 

で、クリップを編集する上で

“グリッド” を適切に切り替えて作業しやすくすることも重要

グリッドモードの切り替え
スリップ・グリット

SLIP (スリップモード) :
自由な位置で細かい編集をしたい時のモード

GRID ( グリッドモード) :

グリッドに合わせて編集したい時のモード
青で絶対グリッドで、グリッドの位置にしか範囲選択、編集挿入位置指定などができなくなる
紫で相対グリッドで、グリッドサイズで指定した単位でしか編集できなくなる

と説明書に書かれていたので実際やってみましたが、絶対グリッドと相対グリッドの違いは私にはよくわかりませんでした笑

絶対というからには孤立した他の環境に左右されない結果が出るということと想像できます。これはその通りでした。で、相対というからには結果が相対的なもので、環境に左右される結果が出る変化なんでしょうけれど…….絶対グリッドと同じような結果でした笑

SHUFFLE (シャッフルモード) :

リージョン同士をぴったりつけて配置したいときのモード

SPOT (スポット) : 

スポットダイアログに数値を設定してグリットの位置を指定したいときのモード

 

で、グリッドは

何のグリッドの単位を基準にするかも設定できます

メインウィンドウの右上部に、“グリッド” という設定出来るタブがあります
そこから、小節ごとのグリッドなのか、時間軸のグリッドなのかなどを選択できる

グリットの基準設定-min

小節ごとに編集したいとか、八分音符ごと、秒単位で、などで編集できるということですねぃ…

項目へ戻る▲

 

 

♥ProTools 最低限知っておきたいショートカットキー

上記のように、
各編集するエリアで “コマンドキーボードフォーカスモード”にしておき、
作業内容に合わせて “グリッドモードを変えて作業する” と便利w

 

enter : 始めに戻る

space : 再生、停止

command ( control ) +R:縮小
<キーボードフォーカスモード時ではRでOK>

command ( control ) +T:拡大
<キーボードフォーカスモード時ではTでOK>

command ( control ) + C : コピー
<キーボードフォーカスモード時ではCでOK>

command ( control ) + V : ペースト
<キーボードフォーカスモード時ではVでOK>

command ( control ) + Z : 取り消し
<キーボードフォーカスモード時ではZでOK>

command ( control ) +A:全選択

command ( control )+ E :
リージョンの選択範囲を分割

command ( control )+ H
:
リージョンを統合

command ( control )+T

選択範囲をトリム(選択した以外のリージョンをカット)

command ( control ) +G:
グループ化

グループ化の保留や、削除は左下のグループボックスの▼タブから選択できる

グループの編集など-min

 

グループ化を削除してもクリップはもちろん削除されないけれど、グループごとに編集した内容も削除されるようですアクティブグループ削除-min

 

削除してもいいの?-min

 

ProToolsショートカットキーを覚えられる、
“ProToolsショートカットキーララバイ” 
という唄を作りましたので是非聴いてみてくださいw

 

項目へ戻る▲

で、

タブトゥトランジェントとかいうのが便利

何ですか?必殺技ですか?って感じ?笑 それをONにして。。。。
(ブルーになっていればONの状態)

タブトゥトランジェントON

 

 これ便利〜〜

pc の tabキー を押すと、リージョンの音の立ち上がり毎に進み
shiftキーを押しながら pc の tab キーを押すと選択しながら前進します
立ち上がりにグリップ

 

立ち上がりにグリップ②

 

 タブトゥトランジェントをOFF にしてpc の tabキーを押すと、分割したリージョンの先頭にカーソルをあわせられます

項目へ戻る▲

 

 

♥ ProTools クオンタイズ

上記をふまえた上でProToolsでは、クオンタイズ編集ループトラック作成するとやりやすいです

 

クオンタイズ

単純に自分でリアルタイムレコーディングで2小節くらいパタンを打ち込んで、

選択して、

リージョンを選択

 

 

イベント>イベント操作>クオンタイズで、リズム修正します

イベント>イベント操作>クオンタイズ-2

 

クオンタイズグリッドを設定し、ジャストにしたり、スィングさせたりも出来ます
基本的にはグリッドがゆるすぎるとそのままに近くなり、狭めると最初に打ち込んだタイミングがズレてればズレてるほど変な感じに修正されます笑
なのでガチガチのジャストに整えてからスィング値をはかるのも手かなと…

クオンタイズ設定

項目へ戻る▲

 

リアルタイムプロパティ

で、いちいちこうやってクオンタイズするのも面倒なので、
私は最初から設定しておき、録音すれば自動でクオンタイズされるようにしてます

トラックの左上あたりに、下記のようなタブがあります
それをクリックし、

自動クオンタイズ設定①

 

“リアルタイムプロパティ” をクリック

自動クオンタイズ②

 

すると下図のような項目が表示されます
クオンタイズグリッド、スウィング値などもサクッと設定しておけます

自動クオンタイズ③

 

 

それでだいたいいいかな、、となったら、

リージョンをダブルクリックし、
MIDIエディタで視覚的にチェックし、ズレ気味で気になるのをドラッグして揃えます

MIDIエディタで編集-2

 

 

あとは試聴して気になるとこをテキトーに修正 です笑

 

で、私は 例えば曲のサイズがもうかたまってる場合は、それに合わせて

A,B,C と流れに沿ってリアルタイムで録音して編集していきます

項目へ戻る▲

 

ループトラック作成

単なるループの場合は、2小節くらいを作って編集します
command ( control )+E でリージョンの選択範囲を分割
command ( control )+T でリージョンのトリム(選択以外のリージョンをカット)
などして、ループネタを2小節とか4小節作り、
スマートツールのループタブを選択しておき、
リージョンにカーソルを合わせて右にドラッグするとループ出来ます

スマートツールのループタブ

 

ループドラッグ

 

 

他にもまだ便利な機能盛りだくさんです

私は原始的な使い方ばかりしているので笑 

少しづつでも覚えていきたいなと思ってます

 

では ハイテク時代 ステキな時代 をば

しゃるあんるああぁあ♥

項目へ戻る▲

 

ProToolsの各ウィンドウの内容と基礎操作〜まずはここからvol.1〜

ProToolsの基本的な編集ツールの内容を把握してしまおう〜まずはここからvol.2

も参照ください

 

 

rhjampj_v-min

 

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

 

\(`^`)b

 

 

Avid アビット Mbox 3 and Pro Tools Express Educational【並行輸入品】

新品価格
¥59,000から
(2016/6/18 10:00時点)

 

【国内正規品】Annual Upgrade Plan Reinstatement for Pro Tools (Pro Tools 12 アップグレードプラン再加入用) 9935-66087-00

新品価格
¥40,284から
(2016/6/18 10:04時点)

 

Pro Tools 11徹底入門ガイド

新品価格
¥3,974から
(2016/6/18 10:08時点)

 

Pro Tools 11 Software徹底操作ガイド (THE BEST REFERENCE BOOKS EXTREME)

新品価格
¥3,780から
(2016/6/18 10:09時点)

 

(ProTools オーディオインターフェイス選びについてはこちらを参照)

 

スポンサーリンク

プロツールスって素敵❤︎(‾ー(‾ー‾) ー‾)v

 


ProTools の活用したい基本的な便利機能” への2件のコメント

  1. ピンバック: MIDIキーボードでProToolsのドラム音源を録音するには | REACH_rh.com

  2. ピンバック: ProTools AudioLoops がかなり使える件 | REACH_rh.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × one =