ProTools AudioLoops がかなり使える件


リズムトラックも色々な作り込み方がありますが、

とりあえず仮リズムトラックでいいからワンタッチでループさせておきたい

なんて場面ありますよね?

ガレバンとかもループ集がいい感じのあってそのまま使えそう!なんてなりますが

ProToolsもやっぱりイイ感じ

そう、“ProTools AudioLoops” ですがコレがかなり便利でに音の臨場感もステキ!

使わない手はないですよ♥

 

ProTools Audio Loops

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♥1、ProTools AudioLoops 使い方

♥2、使いどころ

♥3、デモ曲録音してみますたよ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 

♥1、ProTools AudioLoops 使い方

 

ProToolsのワークスペースを開く

ウィンドウ>ワークスペース

 

 

Audio Loops を保存してる場所を開く

データ保管場所選択

 

 

ループ素材のジャンルを選択

ループ素材ジャンル

 

 

ループ素材の各パートを選択

ループ素材各パート

 

 

ProTools内のテンポに合わせる場合、ワークスペースの右上にあるメトロノームみたいな三角のタブをクリックして、“Rhythmic” にしておく

Rhythmic

 

 

 

スピーカーみたいなアイコンをクリックすると試聴出来るので、スキなのを選んでProToolsのセッション内のトラック外にドラッグするとテンポを勝手に合わせてくれます(上記のように “Rhythmic” にしておいて)

ファイルをドラッグ

 

 

ProTools内の左上の “GRIDタブ” を選択しておき、グリッドにぴたっと来るようにしておくProtools の活用したい便利な機能参照)

GRIDにする

 

 

で、リージョンを頭に移動させる

トラック完成

 

 

それをループさせる

ループさせる

 

ループさせる回数設定

 

 

ドラムトラック出来上がり

ループリージョン-2

 

 

ベースやギターも同じように作成し、抜き差しして終わり!

ちょ〜〜〜簡単!!!

 

 

♥2、使いどころ

最初から細かく作り込んで調整したいならオリジナルでやりたいけれど、例えばバンドの曲のデモとかならメンバーに伝わればいいだけだから、これで十分すぎるくらいですよね

あと、曲のアレンジを考える前で、仮スケッチとしても抜群な感じ

あとで差し替えてベースとバスドラの位置をアレンジしたり生楽器にすればいいので仮録には素早く出来て、無駄をなくせる感じ

 

 

♥3、デモ曲録音してみますたよ

てことで、声以外全部 ProTools のAudio Loops を使ってデモを録音してみました〜〜〜

 

 

ではごきげんいよう〜〜

しゃらんるああぁあ♥

 

     

 

 

スポンサーリンク

君の脳裏をループ♡(‾ー(‾ー‾) ー‾)v

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − four =