アーティストの独自ドメインサイトやブログ構築について


 

ミュージシャン、バンドマン、デザイナー、ライターなどなど、

そういった方々は自分の宣伝や交流、多くの方々とつながるきっかけになる、独自ドメインサイトやブログが必要になってくると思う

でも実際はまだ自分独自の窓口を用意してない方も多いかもしれない

なので、そろそろ持ちたい、立ち上げたい、という方も多いとおもう

今回はそういった方に向けての内容です

 

own-domain-min

 

独自ドメインで運営する場合、

“サーバーをどうするか?”

という問題にあたると思う

 

どれがいいかよくわからないし…てかすべてがなんだかわからない?って最初はそんな状態だと思う

でも調べればある程度はすぐ理解できるようになるのでそんなに構える必要はない

便利なサービスも今はあるので本当にステキな時代だとおもう

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、アーティストが運営するならどこのサーバーがいいのか

❤︎2、予算とスペックで選ぶ

❤︎3、使いやすさで選ぶ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 

 

❤︎1、アーティストが運営するならどこのサーバーがいいのか

その前に独自ドメインですが、これは

” who is 情報代行” をちゃんと意識すれはどこもそんなに違わない
(価格が微妙に違う程度)

それについては

独自ドメイン取得の注意点を参照

 

で、本題のサーバーですが、

まず私がお勧めだなと思うのが、

さくらのレンタルサーバ スタンダード

低価格で高スペックです

下図は比較表です(※左右にスクロールできます)

レンサバ\内容エックスサーバー
ヘテムル
さくらの
レンタルサーバ

チカッパプラン
ミニバード
コアサーバー
100GB
無制限レンタル
サーバー【X2】

初期費用①3,000

②3,950


③953


④1,500

⑤1,500

⑥無料


6,000



月額(1年契約)①1,000X12(12,000)

②1,500X12(18,000


③396.759..X12
(4,761..)


④500X12(6,000)

⑤250X12(3,000)

⑥※397X12(4,762)

⑦1,800X12
(21,600)



転送量①50G/日

②60G/日



80G/日


④10G/日

⑤約4.8G/日

⑥約8G/日


50G/日



マルチドメイン①∞

②∞



20個


④100個

⑤50個

⑥∞





データベース30個 50個に増量!

②100個



20個


④30個

⑤5個

⑥∞





ディスクスペース①200GB

②256GB



100GB


④120GB

⑤50GB

⑥120G


100GB



メモリ①16~24GB

②16GB



18GB


④?

⑤12GB

⑥8GB


16GB



メール①∞

②∞





④∞

⑤500個

⑥∞





サポート①Mail&TEL

②Mail



Mail&TEL


④Mail

⑤Mail

⑥Mail


Mail&TEL



 

ね、さくらのレンタルサーバ良いでしょうう?

 

で、

サーバーに“ワードプレス” というシステムをインストールして自分でも簡単にページを投稿していける土台にしておいた方が良い

 

どういうことかというと、通常、サイトやブログは何らかの枠組みを使うか全て自分でコーディングしてやるのか、という選択になる

“全て自分でコーディングしてやる” ということは “HTML, CSS” というWeb上の言語&指定のようなもので組み立ててサーバーにアップロードしていく

ということ

 

音楽で言うと譜面でガリガリ作曲してくみたいなもの

ワードプレスはDAWソフトみたいな便利でステキな我らの味方的なやつ

 

今の時代、トラックメイク同様、感覚とセンスでいけちゃう自動サービス、便利なシステムを使って誰でもオリジナルなサイトやブログを運営できる

その “便利なシステム” というのが “ワードプレス” 

 

Fc2とか、アメブロなどの無料ブログもそれに近い便利なシステム・サービスだけども、その領域は全て無料の借り物の場として存在させてもらうもので、

つまり自分の所有物ではない、サービスのものってことになる

 

ワードプレスの場合それとは少し違って、自分で別に土地を有料で用意してそこに独自の名前で繰り広げられて、価値は自分の所有物になる

さらに、ワードプレスは独自性を保てる 

サーバーを用意するということは、ステキなシステムを借りられる土地を買うというイメージに近い

その代わり、セキュリティやそういった “諸々の管理”自分でしなければいけないけど….

 

 

 

❤︎2、予算とスペックで選ぶ

サーバーの中で、さくらインタネットのスタンダードは転送量やサポート体制、メモリとかも充実している

なぜ転送量などのスペックが大事なのかはもう現代の皆さんならわかるかと思うけれど、

転送量が低いと、宣伝のために綺麗な画像情報を掲載したり大きなアクセスがあれば落ちたり制限がかかったり、表示速度がガタ落ちしたりしてしまう

なので最初に転送量やスペックは意識しておいた方がいい

 

例えば、転送量 200GB/月 などの表示には注意

6.66..GB/ってことですよね笑

さくらだと80GB/日 ですからね…

 

そんなに必要なの?って思います?

結構必要ですyo

さらに詳しくは、、
レンタルサーバー選びのポイント&注意点も参照ください

 

 

ただ単に安い価格のものを求めて契約してしまわず、先々引っ越すなんて面倒なことにならないようにしとく方が楽だと割り切った方がいい

低価格すぎるサーバーにはご注意をば 笑

 

でも、

さくらのレンタルサーバ スタンダード 

であれば転送量などのスペック的な要素はかなり安心

そしてこの価格なんで本当に助かってます笑

 

 

 

❤︎3、使いやすさで選ぶ

ただ、さくらサーバは設定というか、上記で出て来た活用するであろうワードプレスの自動インストールが初心者にはややハードルが高い

私も最初は何回か意味不明なことになったりした 笑
(何じゃこりゃあ!?何このURL!?的な笑)

あと管理画面やメール受信箱なんかも開くのがややだるい笑

 

その辺も万全で文句なしに使いやすいのが、

エックスサーバー

これはもう本当に使いやすくてわかりやすい

 

さくらよりは料金は高いけど表示速度の安定感も良いし、管理画面もわかりやすい

何より、

立ち上げ最初のキーポイントになるワードプレスのインストールがワンタッチ的に簡単でなおかつ内容が高スペック

 

私はエックスサーバーもさくらインターネットも使ってるけれど、どっちも良い
(色々実験したいので両方使ってみてます…)

 

あとは使う用途、目的の違いなんだと思う

 

通常の運営をする場合、ある程度の “転送量” が必要で、

それと、“価格のバランス” で決めることが望ましい

このポイントと、自分の目的で選んでみてください

 

しっかりアーティストサイト、ブログを構築したいけど何としてもコストを抑えたいというならさくらのレンタルサーバ スタンダード 

先々アフィリエイトサイトもガンガン作りたいし、本気でサイト作りしたい、でもまだ全然よくわからないという方には断然エックスサーバー 

私みたいに実験くんであるなら両方ね 笑

 

がお勧めであります

 

最後に宣伝ですが、

私はRh.jam project としてワードプレスサイト立ち上げ、構築業務などもお受けしておりますので、

補助してほしい、自分で初期設定するのが面倒だわ、などありましたらお気軽にご相談ください

 

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

画像加工・イラスト・フライヤー・サイトバナー等のことなら▶︎Rh.jampj

 

スポンサーリンク

\(`^`)b


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − 4 =