響いてくる音楽


 

刺さって来て 忍び込んできて 連れて行ってくれる響きってある

 

なんだかそれは 開けてはいけない 扉を開かれたような

 

押すのをガマンしてたスイッチをいとも軽々しくひょうひょうと押されたような

一番厄介なスイッチを押されたような

 

戻ってくるのが困難なというか

戻ってこずに そこに挟まったままでいたくなるというか

 

そんな 響きって ある

 

Music

 

 

そしてその響きに なすがママに パパがきゅうりに

身を委ねていたい時ってあるですねぃ….

 

というか その響きの前では もう抵抗出来ない感じ

 

 

 

全ての執着がどうでもよくなる響き

 

そんな響きが この世には 沢山存在する

 

 

 

クソみたいに 手垢つきまくった 

安いくだらない茶番と想える響きにさえ

 

そこには 私の知らないストーリー….

念、想い、熱、エネルギーが込められているのかもしれない

 

 

 

音楽は 不思議

 

 

 

 

ピアノやベースやグルーヴに

いつも 呼び戻される感じ,,,,,

 

その

 

全ての執着がどうでもよくなる響きに

執着してるのかもしれない……

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

(‾ー(‾ー‾) ー‾)v

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + sixteen =