音楽理論について


 
音楽理論について……….

 わたしはもともと完全に感覚だけで始まっており、

右も左もわからないし楽器もさわったことない状態のころから

声でラジカセに重ね録りして

オリジナルを作っていました笑

 

スポンサーリンク

 

もちろんとんでもなく変てこな状態ですが楽しんでました笑

 

自由への基礎

 

そのままずっとバンドやる頃も感覚だけでやっていて

当然のようにレベルの高い人と関わると

意志の疎通が出来ないという壁にぶちあたり、

というか相手の曲をコピーするのに

とんでもなく時間がかかった上に間違ってたりするなどなり笑……….

理論的な事も少しはわからないと時間がかかってしょうがないし

迷惑かかるなぁ……….

というところから少しづつ勉強するようになりました

 

きっと感覚が研ぎすまされていて

感覚でがんがんやった方が早い、仕事するにも支障がないって人もいると思う

 

そうゆう人は知識的な理論は必要ないんだと思う
(つまり感覚で身に付いてるってことよね)

 

それと、メンバーがもう決まっていて、変わらないし

今後他のメンバーと演奏することもないし

そのメンバー全員理論での疎通が必要ないって状態なら

やはり必要ないと思う

 

でも当時の私は理論がある程度必要な環境、状態だったので

しぶしぶ勉強し始めました笑

 

んだってコードもなんもかも全部テキトーだったし

楽譜をみると胸焼け小焼けの状態 笑

完璧な理論ゼロ人間でしたので

それはもう大変 笑

 

複雑なベースラインを感覚で覚えて間違えないようになるには

異常なほど反復して叩き込まないとダメだけど
(しかも時がたてばほとんど忘れててリハのたびにまた
やりまくらなければならない笑)

譜面が読めれば 歌詞カードのように見ながら弾ければ

かなり楽じゃない?

って考えるようになり、譜面覚えたいなって発想になりました

 

それで購入したのがこれ↓
(商品写真がリンクされてないのでテキストで失礼)
やさしい楽譜の読み方

当時はネット通販なんてありえなかったので
(いや私だけかな?笑)

本屋さんでソッコー購入しました笑

かなり親切な本で、

音符の長さはなかなか身体に入らなかったけど

“五線譜のこの位置にあるのは指板ではココってのが感覚で
身に付いてくる”ような楽しさがあった
(ドだとかソだとかよりもそれがわかれば見ながら弾ける笑)

 

結果的に言うとこの本を読んだだけではもちろん譜面読めるようには

ならなかったけど、調べればわかるってことと

やれば出来そうってことがわかった笑

 

ただ、だんだんいい感じって感触を得られるようになって来た頃、

環境が変わり、メンバーも変わり、五線譜読める人がメンバーにいないし

必要に迫られることもなくなりサボっていたらあっと言う間に

元通りで忘れてしまった笑

 

でも理論に関する苦手感は以前より薄くなっていたので

その頃必要に感じていた“曲をつくるために最低限必要な知識”

は吸収しようって色々やり始めていました

 

最後には感覚やセンスでしかないのはガッテン承知の介なんですが笑

自分の感覚を現実的に表現するための業務的な作業の力の不足さを

感じていたので

最低でも“自分の想像を現実に表すための理論は吸収したい”

そのためにはやはり基礎の基礎を知りたい

それで役に立った本はこれです↓
(これも商品リンクないんでテキストで失礼)
やさしいギターコード進行パターン

王道のコード進行のなかにヒントが沢山ありました

 

 

そしてこれ

手型入り
見開き
ピアノ
コード

中古価格
¥2,000から
(2014/9/15 12:39時点)

流石に鍵盤でこの型をいちいち拾うことはありませんが

この本の最後の方に“コードの基本的な仕組み、積み上げ方”などが

書いてあり、これがとても解り易く、それまでどれだけテキトーな

不協和音で不快な音を鳴らしていたか解り、かなり勉強になりました

鍵盤の音の並びは弦楽器よりはるかにわかり安い並び方なんで鍵盤でいろいろ

勉強すると楽しいです(まあ、でも奏でるのは大変ですよね笑)

 

 

そしてこれ

ギター・
マガジン
最後まで
読み通せる
音楽理論の本
(CD付き)
(Guitar
Magazine)

新品価格
¥1,944から
(2014/9/15 14:06時点)

これはトータル的な音楽理論の基礎が楽しく学べる本です

何度も読み返したい本です

宮脇俊郎さん著(@miyatankoro)(勝手にリンク貼らせていただきますm(__)m)

 

 

 

Bass的にはこれに結構お世話になりました

これも古すぎて商品画像がありませんのでテキストのみですが笑
ベースライン&コードトレーニングブック

などなど沢山ありますが、

これからどんどん表現していきたいならば

吸収はどのみち必要です

それはたとえば 映画であったり 漫画であったり 本であったり

仕事であったり 恋愛であったり 日常のそこら中に溢れているでしょう

そのなかの一つとして理論書も楽しいですよねってお話でした…….

 なかなか忙しさに流されて進みませんがちまちまねちねちやろう想うです

私もいいかげんスケールスラスラ〜〜ってなりたいな笑

そしてアタマの中で鳴ってる音を瞬時に出せるようになりたいな

瞬時にね笑

 

では よい 音楽人生を!

 

最後にその他お世話になっている本を貼っておきます
レヴューは下記URLを参照ください
音楽理論吸収のための教材・本たちのレビュー

究極のベース練習帳―ズンズン上達! (実践篇) (リットーミュージック・ムック―ベース・マガジン)

新品価格
¥1,728から
(2014/9/15 14:47時点)

たった5音で何でも弾ける!ベーシストのためのペンタ活用術 新開発の“ペンタボックス”で即吸収! (CD付き) (ベース・マガジン)

新品価格
¥1,728から
(2014/9/15 14:49時点)

   

ギター・マガジン スケール活用レシピ 見て・弾いて・覚える!ロックで使えるスケール実用ガイド (CD付き) (リットーミュージック・ムック)

新品価格
¥1,836から
(2014/9/15 14:50時点)

コード作曲法 ~藤巻メソッド~

新品価格
¥2,052から
(2014/9/15 14:51時点)

 

 

 

 

画像加工・イラスト・フライヤー・サイトバナー・サイト立ち上げ補助等のことなら▶︎Rh.jampj

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

 

スポンサーリンク

理論リロードリンリンロン!(‾ー(‾ー‾)ー‾)v


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 5 =