音楽の場・個人の場、フィールド作りについて


 

今、ネット上ではそれぞれの “場作り” を提供しているサービスが無数にある

それぞれの活動の助けになり、複雑なシステム作りや、より多くの人に伝わりやすく、広げやすくするための何らかのものを代行してくれるサービスが無数にある

私も数多く色々登録して実際活用してみたりしている

今回はそれらについてと、それらについて “考えさせられた本” を紹介したいと思う

そう、この頃読書モードを取り戻しておりますw

頭の体操、思考回路の整理、アイディアの養分には読書はかなりよい〜

 

フィールド

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、これからも増え続けていく”場を提供するサービス”

❤︎2 、”停滞・低迷”  から “過渡期” へ

❤︎3、”レイヤー化する世界” を読んでみて

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 

❤︎1、これからも増え続けていく”場を提供するサービス”

つまりは、自分の能力を最大限活用できる自分にマッチしたサービスを嗅ぎ分け、渡り歩けるスタミナを今からつけておいた方がこれから断然楽しいのでは?ということです

と言うより、その嗅覚が思った以上に必要になってくると感じる

 

音楽の場・個人の場の作り方はそれぞれですが、ネット上での窓口作り、ネット上でのサービス活用力はこれから生きる上で重要じゃないけど重要ですよね………

外に対する自分フィールド作りが必要になってきている

 

今、無数に “場となるサービス” が存在しますよね

それは twitter, Facebook, YouTube, SoundCloud, instagram, Audiostock, note, などその他、きりがないほど無数にある

音楽分野だけ見たとしても無数にある

今までは企業や組織と契約できなければより多くへ発信することなんてできなかったけれど、今ではそれが個人の単位で全て完結してしまえる時代だと言っていいと思う

そして多分この先、その “場となるサービスにパワー関係がはっきりついてくる” と想う

 

まるでそれらが巨大な宇宙のように,,,,,,,,,,,,

 

それぞれ音楽の分野

イラストや絵の分野

デザインの分野

ライティングの分野

など、ジャンルごとに強い 誰もが知りうる各分野での巨大なサービス

 

今もすでに人気のあるサービスは別れてきてるかもしれないけれど、そんな小さい範囲のことではなく、

それらのサービスが各分野の世界を仕切ってしまえるほど巨大化してくるのかもしれない

 

そのサービス自体が自分たちの国のようなフィールドになってしまうほど、そこに左右される1つの世界のようになっていくのかなとも思う

まるで会社に属するように、国に属するように………

 

今はまだ想像できないようなフィールドを提供するサービスも当然出てくるだろうし,

今すでにあるサービスも化けていくでしょうし………

 

そしてそういったフィールドを無視して生きていくことは難しくなっていき、

何気なく面白そうだからそのサービスに登録するのではなく、

自分が生きるためのフィールドを確保するため、何らかのサービスに登録せざるをえない

ということが普通みたいな…………

 

これらは単に想像でしかないけれど、すでにその方角へ世界は動いているように感じる

そうしたフィールドを提供できる、サービスを提供できる、仕組みを提供できるものの力が支配力を持ち、強い権力を持ってしまう時代はもうすぐそこなのかもしれないと感じる

 

そんなことただ使われているだけの時は考えなかったけれど………..

 

そしてふとそんなことを想像してしまう今は、そういった

“フィールドを提供できる能力” を少しでも育てておくことと、

“フィールドをうまく活用できる能力” を少しでもつけておくこと

を怠ってはもったいないなと,,,,,,,,,

 

忙しさに忙殺されてるスキに システムは勝手に確立して行く

 

そういったIT業界をくぐり抜けて生きている人、その中にいる人、

つまり最先端で生きる人と、

これまでの常識に囚われて他に視野を広げられない人の

強烈な  “思考回路の格差” は “生活の格差” に直結してしまうのではないかしらという寒さも感じる

なんか….槍と波動砲くらいの差がついてしまうような…………..

 

その時にどう適応できるのか これから何を選択して優先するのか 

そのくらいは今、思考しておくべきなのかもしれないとほんのり想う…………

 

サービスを活用出来る適応力や好奇心や遊び心を持つこと

そして実際自分でも自分のフィールドを作る練習をしてみること

は、あながち無駄ではない気がしてならない

 

ブログやサイト作りは少し真面目な遊び心を持って接してみると広告・宣伝・集客・拡散・フィールド作りの勉強になる部分が大きいことに気づく

ただ単に日記を書くためや宣伝のためだけのものではなく、

“自分個人から大きな外の世界へ繋がる窓口で実験できる” ということの面白さがあり、自分にできることを試せる場にもなる

 

ブログやサイトで実験してみるということはかなり面白いし思考の体操になる

そして今あるサービス、場、フィールドを活用しまくってテスト運転することは何もしないよりは感覚のアンテナが磨かれる

私はその辺に興味がある………

 

これから独自ドメインブログやってみたいという方はこちらのページの内容もチェックしてみてください

独自ドメインブログで音楽発信源・個人発信源を強化する

 

 

 

❤︎2 、”停滞・低迷”  から “過渡期” へ

日本の生活水準は上がるところまで上がり、停滞し、現在低迷していると私は感じている

停滞・低迷の中、音楽だけではなく、全ての面で  “過渡期”  に来ているように感じる

 

大きな変動はこれまでもあったけれど、何か根底にあるものから変わり始めている

それはきっと今を生きる皆さんも感じていることと思う

 

普段は今を生きるので精一杯なのでそんなこといちいち考えてないんですが笑

本を読んだりするとふと、思考のスイッチが入ってしまうことがよくある

 

何だか強烈に大きなエネルギーが動き出してるような気配がしてならない,,,,

 

ま、先のことは誰にもわからないし、誰かの想像通りになんて運ばない

だからビジョンとか計画とかはさっさと捨てた方がいいようにも思う

 

ただ、どうしたいのか、死ぬまでにどうなっていたいのかの着地点を描いている方が単純に今を生きやすい

その通りにならなくとも、向かう方角を決めておいた方が進みやすい

と、それだけのことなのですがね笑……………..

 

 

 

❤︎3、”レイヤー化する世界” を読んでみて

そこでさらに、“レイヤー化する世界”

を読んで、ますます

あぁ、きっとものすごい速度でこれからいろんなことが変化していくのだろうなぁ

とひしひしと感じた

 

レイヤー化する世界

(Kindle版 ¥649)

 

私はここに書かれていることが全てだとはもちろん思わないのですが笑

思考の準備として、読んでおいた方がいいような気がした

 

特に今、働き盛りの方や、これからが大事な若い方などは、

この辺りの思考の感覚も “一理あると認識しておけること” は大事なような気がする

 

面白い と言うより、あぁ、やれるだけやっときたいなぁ と

アンテナは張っておきたいなぁ と 感じました…..

 

ってことで楽しい今を!

しゃらんるわああぁあ❤︎

 

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

画像加工・イラスト・広告デザイン等などなど、お気軽にご相談ください▶︎Rh.jampj

 

スポンサーリンク

\(`^`)b


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 2 =