ProToolsオーディオインターフェース Avid Mboxの接続設定


 

ProToolsのオーディオインターフェースの1つである、

Avid  Mbox を私は使っています

で、あまり面倒なことを考えずに済んでるし、使いやすいと思ってるので、

その簡単接続をメモしておきます

 

Mbox接続設定

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1 、Mbox 接続の手順

❶、ドライバーのインストールをしておく

❷、PCサウンドの設定

❸、Audio MIDI設定

❹、ProTools ハードウェア設定

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 

❤︎1 、Mbox 接続の手順

ProTools は購入したアクティベートカードNOをAvid マスターアカウントに登録してDLし、iLokにライセンスをインストールしてiLokをPCに接続した状態で起動するので、iLokにライセンスがあれば、他のPCにインストールできるようになっています

ただ、PCのOSをアプデしたら起動しなくなった、不具合が起きたなどがあるので互換性チェックは先に済ませておいた方が良い

 

❶、ドライバーのインストールをしておく

 Mboxを接続するには、互換性のあるドライバーをAvidからDLしてインストールしておく必要がある

ProToolsとMac OS X互換性実験結果を参照ください

で、上記のことを先に済ませたとして次に進みます

 

 

❷、PCサウンドの設定

まず USBだったりファイヤーワイヤーだったりでMboxとPCを繋いでおく

環境設定>サウンド

環境設定>サウンド

 

サウンドでAvid Mboxを出力、入力設定しておく

サウンド

 

 

❸、Audio MIDI設定

Launchpad>その他>Audio MIDI設定

Launchpad>その他>Audio MIDI設定

 

オーディオ設定でAvid Mboxにする

Launchpad>その他>Audio MIDI設定>オーディオ装置

 

 

MIDIスタジオ設定では、認識されているか見る

MIDIスタジオ

 

 

❹、ProTools ハードウェア設定

あとはProtoolsで調整できる
設定>ハードウェア

ProToolsの設定>ハードウェア-

 

Avid Mboxが認識されているのを確認し、コントロールパネルを開く

ハードウェア設定

 

するとMboxのコントロールパネルが立ち上がるので、調整してモニターしてみる

Mboxでモニター設定

詳しくは
Avid Mbox で低レイテンシ〜を参照

 

そんな感じでドライバーのDL、インストールをすればあとは普通通り簡単に低レイテンシーでモニターできちゃいます

コンパネで空間系のエフェクターをつけたりソフトリミッターも軽くついてるので、やはり低価格のオーディオインターフェースより断然使いやすい

ただ、かけ録り用のリミッターとしては効力が柔らかすぎるのと、EQ調整も出来ないので、あくまでもモニターしやすくする程度の調整かなと…..

音はクリーンであたたかく、素直でいい感じ

これで効くコンプがついてたら文句なしな感じw

 

ProTools でのオーディオインターフェイス選びも参照ください

 

 

オーディオインターフェースは本当に沢山選択肢があるので迷いますが、

Mboxは安価とは言えませんが良い商品であると思う

 

 

ってとこでした  では楽しいDTMライフ、宅録ライフをば!

しゃらんるわああぁあ❤︎

 

 

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

画像加工・イラスト・フライヤー・サイトバナー等のことなら▶︎Rh.jampj

 

スポンサーリンク

\(`^`)b


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =