自分の楽器の塗装知ってる?お手入れ大丈夫?


楽器は定期的に磨いたり部品の掃除などのメンテはしないとですよねぃ……

で、結構汚れが取れかなかったりするから

クリーナーやオイル使いたくなりますがラッカーフィニッシュとかはうっかりふぉいふぉい使うと変色しちゃたりするから

自分の楽器の塗装は何なの?とかなりませんくわあぁ?

塗装

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、塗装によって違うアレコレ

❤︎2、購入する前にチェック

❤︎3、音に影響ってあるの?

~~※追記~~~~

❤︎4、どんなお手入れがベストか?

~~~~~~~~~

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 

❤︎1、塗装によって違うアレコレ

楽器の塗装にはいろいろあってうっかりしてられない場合もある笑

結論から言うと、

ラッカーフィニッシュ、オイルフィニッシュは乾拭きメインでオイル等を使いたいなら店員さんが大丈夫と言ったとしても、目立たないとこで試してみてからが良い

ポリフィニッシュは結構大丈夫なので楽です

 

 

*ラッカーフィニッシュ

オールドの楽器なんかに多いのがこれ

・経歴変化しやすくて見かけがシブい感じに変色したりクラックしたりするその味のある感じが人気あったりする

・乾拭きするとなんともいぶし銀なツヤが出ていい感じ

・皮膜が薄く、傷もつきやすいし汗などでも色が変化してしまうので塗装の中では一番うっかりしてられないw(レモンオイルとかでも色が変わる)

見かけはステキだけど楽器を守る力は薄いし繊細で神経使います…..
クリーナーやワックス等は使わず、乾拭きが無難。汗をかかない、色の付きそうな服で演奏しない、とにかくぶつけないなども心がけたいところで結構面倒くさい

 

*ポリフィニッシュ

最近のフェンダーはこれが多い

コーティング力が結構あって傷がつきにくいけど、ぶつけたりするとゲロっと欠けるように剥げたりもする笑

汗にも強いし、変色もしづらいけど経歴変化も薄いので味はない

気を使わなくていいし楽器を守るのにも優れている
新しい感じのとってつけたような光沢感がまたわざとらしくて私はこれ好きw

 

*オイルフィニッシュ

・これも皮膜はかなり薄く、コーティング力はあまりない

・マッドな仕上がりで見かけもしっとりととても自然で美しい

・これも油断してうっかりワックスを使うと表面が曇って白くなったりらしてしまうのでなるべく乾拭きが良い

 

などなど、ポリフィニッシュ以外はめんどくさかったりする……

 

 

 

❤︎2、購入する前にチェック

見かけ的にもなんとなくわかるのですが

*ラッカーフィニッシュ(ツヤがギラギラしてないのに深く、クラックの仕方が独特だし、汗かくとすぐ曇る)

*ポリフィニッシュ(すんごいピカピカしててコーティングが厚く変色したりしない)

*オイルフィニッシュ(ラッカーよりもさらにマッドな仕上がりでツヤがなく、コーティングが薄い)

 

ポリにもラッカーにもオイルにもさらにいろいろあるみたいなのでまずは購入時にクリーナーやワックスが使えるか確認して試してみるメドをつけておくのがいい

ちなみに私のベースはフェンダーはポリが多いようですが、アップライトとアコベフレットレスはオイルフィニッシュっぽい感じ

アップライトはオイルワックスで磨いたら白くなって焦りました

そして汚れも落ちづらいの笑

ポリ塗装はその点楽です

 

オレンジオイル、レモンオイル等は、ラッカーでも大丈夫だったり、あっという間に曇ったりして判断が難しいので

目立たないとこで試してからがいい

私はポリフィニッシュは少し湿したクロスで汚れを取り、ケンスミスのポリッシュで仕上げてますが、オイルフィニッシュの楽器は乾拭きのみにしてます

 

Ken Smith ケンスミス Pro Formula Polish

新品価格
¥1,080から
(2016/8/29 10:56時点)

HOWARD Orange Oil OR0008 オレンジオイル

新品価格
¥1,955から
(2016/8/29 10:59時点)

FERNANDES 946&956 フレットクリーニングセット

新品価格
¥2,484から
(2016/8/29 11:00時点)

 

 

 

❤︎3、音にはあまり影響ないみたいよ?

昔は塗装の技術で響きがかなり変わってしまうなんてことが多かったみたいで特にハコモノ楽器は塗装も大事だったりしたみたいですが

最近のポリは進化しててそんなに厚塗りでなくともカバーできる仕上がりになってるものが多いみたいでハコモノじゃない楽器の音に強烈なダメージを与えるとはあまり思えない

オールド楽器を愛する人にとっては邪道とされそうなポリ加工、ポリフィニッシュにも注目できる利点が沢山あるので

トータル的に気に入ればポリフィニッシュの方が私は良いと思ってるくらいです笑

ただポリをべったりばっくり厚塗りするのなら音の振動、響きに何らかの影響はあるのかもしれないとは想像出来る

でもそれを言うなれば指板の材質、ネック、本体の根本的な材質、アンプ、弦などの変化の方がはっきりわかるほど影響ありますよね…

 

 

ってことでやはりどれが良いかは好みの差なんでしょうねぃ

ではステキな楽器との出会いをば!

しゃらんるわああぁあ❤︎

 

 こういうの意外と重宝しますよね笑
普段はこういったダスキン系のしっとりしたクロスやボンボンでふきふきしてます

ダスキン エレクトロンミニ 3色替えモップ(ハンドル無し。計3本)セット

新品価格
¥972から
(2016/8/29 10:53時点)

テラモト ハウスポールアフロクリーン ホコリ取り ブルー

新品価格
¥1,470から
(2016/8/29 10:55時点)

 

 

 

❤︎4、どんなお手入れがベストか?

この記事を見ていただいたfacebookでお世話になっているベース奏者の方にお教えいただいたのですが、

(ありがとうございます<(_ _)>)

“ファイバークロス” を濡らして固く絞り、拭く、乾拭きもする

というのがベストなお手入れのようです

ポリフィニッシュはまた別ですが、繊細な塗装であったり、不明な塗装の場合はこれに限るかなと……

また、私のaria Betaちゃんはラッカーマットフィニッシュらしいです

これもお教えいただきました

 

このように判断が難しい場合はやはりワックス系、クリーナー等は使わず、

“ファイバークロス” を濡らして固く絞り、拭く、乾拭きもする

がベストかなと…

 

調べてみましたがお手入れの仕方などを調べてもクロスを湿し、固く絞って拭いている方は多いようです

単なる乾拭きだけでもかなり綺麗になるようです

余計なことする前にまずはこの基本で十分かもしれません

で、

“ファイバークロス” というのがとても使えるクロスで

お掃除、洗車後の拭き取り、などでも使われている方も多いかもしれません

ものすごく細かい繊維でできているので柔らかく、傷がつきにくいのが特徴

MPJ
クリーニング
クロス
マイクロファイバー
クロス 
超極細繊維 
カメラレンズ・
メガネ・スマホ・
PC・液晶画面・
楽器 14cm x 14cm 24枚入

新品価格
¥1,100から
(2016/8/31 13:47時点)

 

マイクロ
ファイバー
クロス

20枚セット (
スカイブルー・
15cmx
18cm)

新品価格
¥1,000から
(2016/8/31 13:49時点)

 

楽器や車は繊細なので、新しいクロスを使い、古くなったら掃除用にするという流れですかね….

やはり、ポリ以外は余計なことはしないで柔らかいクロスで優しく拭くのが一番良さそうです…

 

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

画像加工・イラスト・フライヤー・サイトバナー等のことなら▶︎Rh.jampj

 

スポンサーリンク

\(`^`)b


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =