グルーヴがかっこいいオススメな10曲


 私は
グルーヴィーでノリ一発とか、
サビ一発とか、言ってることはただ1つとか….
そんな単純な中に刺さる何かがある音楽が大好きです

なのでメロディアスで展開もしっかりあって歌詞もグタグタ恋愛日常的なモノはわりと聴きたくない人です笑

だから邦楽はほんとに限られた人たちの本当に聴きたいと想える音しか聴きたくない

邦楽ってどうしても歌詞が聴こえてしまうからね
キライな歌詞の表現者だと音楽云々の前に聴きたくないし、その表現者自体もキライになる笑

どちらかというと他人の歌詞の流れとか日常の内容なんて知りたくもないのかもしれない笑

ま、これは私の単なる固定概念ですね笑

そんなこんなで今日は、気分を上げたい時などに聴いてきた

響きが全てのグルーヴィーな曲オススメベスト10をここに貼ってみますので、

是非感覚的に軽々しくチェックしてみて下さひw

れっつぐる〜〜〜ぶぅ!!!

 

GROOVE ON

 

 

スマホの場合iTunesリンクをタップまたは長押し、PCの場合はクリックで開き、各曲のNoを押すと▶になり、再生&試聴出来ます)

 

 

 

♥GROOVE ON NO.10!

DEEP FORESTで
“Computer Machine”

アルバムMusic Detected収録のM4です
このアルバムはボーカルもステキ!
M10は元ちとせさんとハスキーな方の声のコラボもすんごい!!!

 

 

 

♥GROOVE ON NO.09!

Sinead O’connor(シニード・オコナー)の

“I Am Stretched On Your Gtave”

I Do Not Want What I Haven’t Got 収録M2です
JBのFunky Drummerのリズムトラックをループさせてロンググルーヴを打ち出していて、けっこうトリップ出来ます。クセになるトリップグルーヴ

 

 

 

♥GROOVE ON NO.08!

James Brownの

”Give It Up or Turnit a Loose”

In the Jungle Groove 収録のM3 まさにグルーヴって感じでノセられてしまいます
One のグルーヴ(頭にアクセントのあるJBグルーヴ)

 

 

 

♥GROOVE ON NO.07!

Stevie Wonder の “I Wish”

Original Musiquariumy 収録M6(I Wishの方ね♥)です
これ、友人のLIVEでカバーしてるの観たことあるのですが、もんのすんごいかっちょいかった
BASSの方がすごいグルーヴィーでノセられました
永遠回り続けてくノリノリグルーヴ

 

 

 

♥GROOVE ON NO.06!

Chuck Brown & The Soul Searchersの

“It Don’t Mean A Thing – If it Don’t Have The Go Go”

Go Go Swing Live収録のM1です
これこのGO GO のグルーヴ感とメロ感がたまらなくスキです
ゆるくハネるこのグルーヴ感ってマシンじゃなかなか出ないよねw

 

 

 

♥GROOVE ON NO.05!

Meshell Ndegeocello
(ミシェル・ンデゲオチェロ)の

If That’s Your Boyfriend

Plantation LullabiesのM3に収録でこの頃から驚異的なグルーヴ感。なんでしょうBASSだけでここまでアプローチの幅があるとほんと心地よい
この人の場合、フレージング自体が独特で存在感あって魅力的

 

 

 

♥GROOVE ON NO.04!

Sly & The Family Stone の “THANK YOU”

The Essential Sly & The Family Stone収録のM18  (M8の方ではありません)に収録されてますが
私はアルバム ANTHOLOGY で持ってます(iTunesにはないようです)
このベーシストラリー・グラハムはスラップてかチョッパーの起源と言われてますよね、、、んでスラップって本来ロカビリー系の奏法でコントラバスでバチバチ叩く奏法のことを言うらしいのですが、ま、呼び名や起源なんてどうでもいいですよね笑

 

 

 

 

NO.3です!

 

 

 

♥GROOVE ON ON.03
Prince の “Melody Cool”

Graffiti Bridge のM14収録で歌は Mavis Staples

何でしょう?このビートが持つノセる力
グルーヴィーというより四角いビート感といいますか….
曲全体の組み合わせで異様なほどノセられてしまいます

プリンスのパッケージされた曲ってグルーヴィーというより全体のビート感で連れてかれる感じで気分を上げたいときによく聴いてました

ライブでは超絶グルーヴィーでまたゼンゼン違うのがカッコイイ

 

 

 

♥GROOVE ON NO.02!

Terence Trent D’Arbyの”Super Model Sandwich W/Cheese”

TTD’s Vibrator 収録M11(M2の方もかっこいいけどM11がサイコー!)
これはもうBASSが最強でしょうこのグルーヴ
文句ナシすぎ!!!

 

 

 

♥GROOVE ON NO.01!!!

Red Hot Chili Peppers の”Aeroplane”

One Hot Minute 収録M2です

このリズム隊サイコー!!!
フリーのスラップ、チャドのDrがドンピシャでもうどうなのコレ!って感じですねぃ
フリーの存在が現代のスラッパー達に与えた影響って多大だよね

 

 

とにかくこの10曲は絶対的にスキな曲です

 

ではよいグルーヴィライフをば!

しゃらんるああぁあ♥

 

     

 

 

とりあえず踊り狂っとけば間違いないって笑
(‾ー(‾ー‾) ー‾)b

 

 

rhjampj_v-min

 

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

 

スポンサーリンク

\(`^`)b


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − one =