売れる音楽とは?音楽で対価をいただくとは?


 

売れる音楽とは?音楽で対価をいただくとは?

これって音楽活動をしていると必ず立ちはだかる壁でありましょうう

音楽人、音楽民の皆さん どう思いますか?

 

対価

 

大きく、3種類あると思うんです

❶アーティスト自身がみんなに欲せられるような価値のある商品である

❷曲自体になんらかの吸引力がある

❸音楽に関わることで活動の補助ができる

もちろんこれらが入り混じっていたりもするのでしょうけれども…..

 

スポンサーリンク

 

 

で、今、『音楽は戦略がないと無理』『アーティスト自身が戦略できないと無理』

な時代だと言われていますよね

 

まずは知られないとしょうがないですからね………

 

それでみんな戦略や宣伝に躍起になっているように見える…………………………

 

 

でも、やっぱり根底にあるものがダメなら いくら戦略立てたって宣伝したってダメだと思うんです………………………………

というかやっぱりそこが一番大事なとこなんじゃないかな、とつくづく思う

 

根底にあるものが良ければ、やり続けていれば伝わるとは言わないけれど、

根底にあるものが響かないものであればいくら戦略を立てたって続きはしないように思う

 

じゃ響くものっって何さ?ってなるけれど

さぁ それはわからない笑

 

わからないけれど、きっと生き方なんだろうなぁと思う

かけ方 振り切って生きられるのかどうか?

 

薄っぺらいものがダメだとかそういうことじゃない

薄っぺらい?薄っぺらさにまっしぐらで最大限だったり、ダメオ、ダメ子がダメなりに発したありったけの音はうっかり響いてしまったりもするもの…..

つまりそういった生き様が響くのかな想う

 

それと、

直接的、間接的に誰かのために何かできることがあるということはとてつもなく強みになると思う

誰かに必要とされる曲を作れる

誰かに必要とされるトラックを作れる

誰かに喜んでもらえるアレンジをしてあげられる

誰かに喜んでもらえる歌詞をかける

誰かに喜んでもらえるレコーディング、ミックスマスタリングができる

誰かに喜んでもらえるライブセッティングができる

誰かに喜んでもらえるライブ音響を設定してあげられる

などなど…

 

誰かのためになり、誰かに喜んでもらえる技術があることは本当に素晴らしい

 

誰かに100%答えられるためにスキルを磨き、エキスパートになることは本当にステキだ

誰かの力になれる力を持っていることは ステキだ

 

それと同時に、

誰かに何かを委ねられる立場、発注できる立場にのし上がれることはそれだけで他者を豊かにできる鍵を持っていることになる

 

私は今、別の角度から音楽民のためになれる 誰かのためになれる力を磨いている

今更何ができましょうか?笑

 

でも やれるだけやってみる

それまで音楽自体はややお預け気味になっている

 

そして誰かに何かを発注できるおばあさんになりたい笑

 

私にとって音楽はやめるとかやめないとかそういった次元のものではない

全てであり 逃れられないものだ

 

どちらにしてもまたどっぷりと向き合う時は必ず来るとおもっている

それまでは中途半端にしといてやる笑

 

それによってご迷惑をかけたりもしてますがそれはもう宿命的内部事情として受け入れてもらうしかない

ってことで音楽自体では誰のためにもなれそうにない宿命のようだ笑

 

ま、もともと私にとっての音楽は誰のためでもない

ヘタすると自分のためでもない,,,,

このあたりの感覚はきっとどこかおかしいのかもしれない笑

 

 そうだ 私はきっと変態だ 笑

音楽という面倒くさいもの参照

 

これからは少しづつでも誰かのためにもなりうる仕事に力を集中しよう

変態だけど笑

 

音楽で生きている人に言いたい きっと生き様の響きは伝わるよ

いいものはいい いいものはいい

 

ってことで

しゃらんるわああぁあああぁああ❤︎

 

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

画像加工・イラスト・サイトバナー・アイキャッチは▶︎Rh.jampj

 

スポンサーリンク

\(`^`)b


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =