ワイヤレス(Bluetooth対応)イヤホンを選ぶポイントをチェックしてみました


 

iPhoneはイヤホンジャックなしになるという噂がありますよね

まだアダプタジャック的なもので対応可能になるのかもしれないみたいですが、、、、

トータル的なニュアンスではいずれイヤホンジャックはなくなるっぽいですね,,

 

そこでいずれワイヤレスイヤホンが必要になってくるのかなぁと思いますよね,,

Bluetooth対応のイヤホンってどう選べばいいのかな?

というのをこれからのためにチェックしてみた…

 

ワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホン

 

 

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、Bluetooth対応イヤホンを選ぶ際のチェックポイントは?

1-❶Bluetoothバージョン(互換性)

1-❷プロファイル(イヤホンの性能の種)

1-❸コーデック(音質)

1-❹クラス(電波が届く範囲)

❤︎2、どんなBluetooth対応イヤホンが良さげ?

2-❶iPhoneなら(AAC)

2-❷アンドロイド系なら(apt-X)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 

❤︎1、Bluetooth対応イヤホンを選ぶ際のチェックポイントは?

ワイヤレスなので、最低限、互換性をチェックしないと使えない可能性もあるので、

まずは互換性、そしてできる動作や音質などチェゲラにございます

 

1-❶Bluetoothバージョン(互換性)

で、まずはこのBluetoothバージョン(互換性)です

これは例えばスマホでワイヤレスホンを使いたいなどの場合、同じバージョンであるか、スマホ側が上位バージョンでなければならないみたい

ただ、Bluetoothバージョン4.0には、Bluetooth SmartBluetooth Smart Ready(デュアルモード)かいうのがあって4.0は注意がある

 

==Bluetoothバージョン4.0の注意点==

使う機器>イヤホン に下位互換性がある→ただし、低いバージョンに合わさる
Bluetooth Smart Ready(デュアルモード)の方は他のバージョンとの下位互換性があるけど、Bluetooth Smartは同じのとでなければ互換性がないそうなのでここ注意ですねぃ…..

==============

Bluetoothのバージョンについて知っておいた方が良いこと参照

 

で、バージョン自体は、1.1〜4.2まである

そこでまずは、

そのイヤホンを使う機器のBluetoothバージョンは何か?をチェックする必要がある

 

例えばiPhon5sで使うならそのBluetoothバージョンは何か?

iPhone6、6sでのBluetoothバージョンは何か?

iPadのBluetoothバージョンは何か?

などですね,,,

バージョンによって転送速度や、消費電力などが違う

バージョン2.1以上であれば問題はほとんど無いでしょうけれど転送速度や、消費電力などが違いがある

できれば上位バージョンの方がいい

 

で、例えばiPhone5sだとBluetoothバージョンは4.0Bluetooth Smart Ready(デュアルモード)なので、

これに対して基本的には、Bluetoothバージョンは4.0Smart Ready以下のバージョンのイヤホンを探せばいいということになる

ただし、やはりバージョン4.0の場合は、Bluetooth SmartBluetooth Smart Readyをチェックです

Bluetoothマークのロゴの部分にSmartかSmart Readyか書いてあるので、パッケージや、仕様を確認すればOK
iosアプデに伴い、微妙な不具合などもあるようで互換性があるとされていてもうまくいかないこともあるようですが…

 

5s以降のiPhoneだと、互換性は下位互換性があるということですね..

で、6,6s,はBluetoothバージョン4.2とのことですhttp://9to5mac.com/2015/10/09/bluetooth-4-2-iphone-6-ipad-air-2/

 

 

1-❷プロファイル(イヤホンの性能の種)

次にはイヤホンの性能(プロファイル)です

これは会話用なのか、音楽用なのか、再生、早送りとかもできるのかなどを確認できる

*A2DPは高音質で、ステレオ音楽鑑賞に向く

*AVRCPは、これも音楽鑑賞向けで、再生、ストップ、早送りなどができる
(ポータブルプレイヤーなどの場合はこれできた方がいいかも)

*HSPは通話用(モノラル)

*HFPはこれも通話用で、機器に触れなくとも通話できる

 

 

1-❸コーデック(音質)

そして、音のズレ、音飛びなどの音質 (コーデック)です

*SBCは、全てに搭載されている基本コーデック
(音質は低めで、音ズレや音飛びがしやすく、感度もそんなに良くないとされている)

*AACはapple向けのコーデックで、高音質

*APT-Xは、主にapple以外の機器向けのコーデックで、音質はワイヤレスでは高音質とされている

これらは機器とイヤホンが同じコーデックでなければ低い方に合わさり、意味がなくなってしまう

つまりapple製品だとAACだから、AAC対応のイヤホンにしないとSBCになっちゃうってことみたいですね…

 

 

1-❹クラス(電波が届く範囲)

で、電波が届く距離・範囲(クラス)です

クラス1 は100m

クラス2 は10m

クラス3 は1m

くらいとされているようです

 

 

 

❤︎2、どんなBluetooth対応イヤホンが良さげ?

2-❶iPhoneなら(AAC)

apple製品はAAC対応を選んだ方が音は良くなるようなんですがなかなかAAC対応のって少ない笑

試聴してきたらやはりApple製品で再生する場合AAC対応の方が断然音がクリーンだった
下記の “SONY MDR-EX31BN” はかなり忠実に再生してくれた
感度も良く、違和感全然なかった
(そういえばMIXモニター用のSONY超定番ヘッドフォンもMDRって着きますよね笑なんか関係あるのかな?音が忠実で聴きやすくビックリした)
これオススメです
      ↓

SONY  

カナル型

ワイヤレス

イヤホン

 ノイズ

キャンセリング

 Bluetooth対応  

リモコン・マイク付  

ブラック  

MDR-EX31BN/B

新品価格
¥8,950から
(2016/7/8 20:07時点)

Bluetooth バージョン3.0
(接続簡単wワンタッチ接続”NFC機能搭載)
コーデック:(aptX/AACに対応
デジタルノイズキャンセリング機能付き
プロファイル:A2DP,AVRCP,HFP,HSP
(ハンンズフリー通話)
クラス:10m

 

 

 

オーディオテクニカ
SOLID BASS
Bluetooth
ワイヤレス
ステレオ
ヘッドセット
ATH-CKS77XBT

新品価格
¥9,780から
(2016/7/7 01:12時点)

再生遅延が生じにくい高音質aptXRや音質劣化の少ないAACコーデックに対応
*Bluetooth3.0
*プロファイル:A2DP・AVRCP・HFP・HSP
クラス:記載なし
マルチペアリング対応により最大8台までの機器登録

 

 

Logitec ロジテック
iPhone6 iPhone6 Plus
対応Bluetooth
ステレオ
ヘッドホン
カナルタイプ
高音質aptX/AAC対応
SpecialEdition
ブラック LBT-AVHP06SEBK

新品価格
¥17,800から
(2016/7/7 01:13時点)

*Bluetooth性能 : 4.0 (Smartの記載がないのと、iPhone6でも互換性あるという記載はあるのでSmart Readyと思われる….)
コーデック:apt-x,AAC対応
対応プロファイル : A3DP/AVRCP/HFP/HSP
通信距離(クラス) : 最大半径10m(障害物なきこと)
同時ペアリング数 : 音楽1、通話1

 

 

 

2-❷アンドロイド系なら(apt-X)

Apple意外のAPT-X対応のはわりと結構ある…..

Bluetooth 4.1
ステレオイヤホン、
マグネティックヘッドホン、
イヤーバッド
イヤーフック付け、
内蔵式マイク
TaoTronics
TT-BH07 改良版

新品価格
¥2,799から
(2016/7/7 01:16時点)

*Bluetooth 4.1バージョン
コーデック:aptX 
プロファイル:記載なし
これは結構人気あるみたい

 

 

Mpow Magneto
Bluetooth4.1
スポーツイヤホン
ワイヤレス
ステレオヘッドセット
ノイズ低減の仕組み
iPhone&Android
スマートフォンに対応(ゴールド)

新品価格
¥2,399から
(2016/7/7 01:18時点)

ブルートゥース規格:Bluetooth V4.1
コーデック:aptX対応
プロファイル:ハンズフリー/A2DP/AVRCP
操作範囲(クラス):10mまで
通話/放送時間:8Hまで
デザインかっこいい

 

 

ワイヤレス
イヤホン
スポーツ
SoundPEATS
Bluetooth 4.1
apt-Xコーデック採用
高音質 Bluetooth
イヤホン
黒白2色 防汗 防滴
スポーツイヤホン
ハンズフリー通話
CVC6.0 ノイズ
キャンセリング搭載
ワイヤレス ヘッドセット
【メーカー直販/
1年保証付】 Q20 (ブラック)

新品価格
¥3,378から
(2016/7/7 01:19時点)

*Bluetooth 4.1 CSR 8645チップ採用
対応プロファイル :HFP、A2DP、HSP、AVRCP
高音質なAPT-X(aptX)コーデックに対応
マイク内蔵!スマホでのハンズフリー通話ができます。
10メートルまで離れても通話可能
これもデザイン良い

 

 

というところでした….

 

コーデックは基本的にはAAC対応でなくともSBCで対応できるので、Bluetoothバージョンの互換性が大丈夫であれば聴けないということはないし、いろんな方のレヴューをチェックすると、iPhoneでAAC非対応であっても違和感ない的なものが結構ありました

後日追記〜〜〜〜〜〜〜
試聴してきましたらSBCで聴かざるをえない状態での音の悪さにびっくらしました
Apple機器で再生する場合、AAC対応を選択した方が良さそうです

AAC対応のものを試聴したらかなり音は良かったです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ですが、やはりワイヤレスということで、有線で高品質なイヤホンで聴くよりかは音質はどのみち劣化するんじゃないかなと思う

なので、音質を徹底的に追及したいと思うのであればワイヤレスではない方が無難かと思う

ただ、ワイヤレスの快適さ、自由さを強く求める方も多いようですし、何より、これからはいずれワイヤレスがあたり前になってくると思う

なので、まずは選択のポイントを把握した上で探っていくのがいいのかなと感じました

さらに、今回私も色々調べてみたのですが、スペックの記載の仕方がどのメーカーもバラバラで、大事な互換性なども非常にわかりづらい

本当にわざとわかりづらくしてるんじゃないの!?ってくらいわかりづらい笑

単にiPhon対応とか書いてあるけどAAC対応って記載がないのが無数にあるってかそればっかり笑

多分SBCで対応できるからってことなんでしょうけれど、それって音質的にどうなの!?ってなります笑

 

後日追記〜〜〜〜〜〜〜
私が後日試聴した環境ではSBCで聴かざるをえない音は感度がワルすぎてがっかりしました笑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ま、実際聴き比べられるのがいいんでしょうけれど、ネットでポチりたい場合は確かめられませんからね,,,,,,

なんにしても、あまり音の品質に神経質にならない方が良さそうですね..

 

そんなところでした

では楽しい音楽ライフをば!

しゃらんるああぁあ❤︎

 

REACH_rh // Discography (CD アルバム解説ページ)

REACH_rh //楽曲使用権が購入できるページ(AudioStock)         

❤Twitter, Facebook, G+, Feedly にて当サイト更新情報配信中です
宜しくどうぞ御贔屓に<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 Twitter   asset.f.logo.lg   btn_g_red_normal.png-34

follow us in feedly

▶︎Rh.jampjもどうぞ宜しくです

 

スポンサーリンク

\(`^`)b


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − 3 =