宅録〜フレットレスベース、アップライトベースの設定〜


 

みなさんこんにちは

宅録の際、ベースを録音するときみなさんはどんな工夫をしてますか?

 

ライン直、プリアンプを使う、アンプからマイクで録る、ラインとマイクをブレンドする、リアンプで録る…….などなど様々ですかね?

今日はフレットレスベース、アップライトベースの設定についてです〜〜〜〜

 

 

TECNASβ-20CL

 

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♥1、エレクトリックアップライトベース宅録&LIVE時の設定 

♥2、フレットレスベース宅録&LIVE時の設定

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

 

♥1、エレクトリックアップライトベース宅録&LIVE時の設定

最近はどうしてるか言うと、

宅録時は

ライン直ですw  がぼ〜〜ん笑

あと、YAMAHAデジタルMTRのAW自体をプリアンプ代わりに使ったりします

基本的にはEQとCOMPの設定で、
ローをやや削り、中域を膨よかにしてます
そうすると、フレットレスやアップライトの、
”テュワア〜ン” ”ビィワアァ〜〜ン”
というニュアンスを出しやすくなります
(ややカタい設定です)

アップライトベースはアンプからそれ用のマイクで拾って

空気感を出せるのがいいかなとも想う

でもマイクやアンプ自体でかな〜り変わるので

私は本体のピエゾ中心の設定でライン録りにしている

 

LIVEでも……わりと硬めの音に設定してボワーって感じにならないようにしてます

ほとんどアンプ直です

 

 

 

 

 

♥2、フレットレスベース宅録&LIVE時の設定 

フレットレスは単体のCOMPを使ったりもします

例えば  “Maxon RCP660 Comp”

チューブコンプで、
あたたかいサスティーンが得られて、
フレットレスに合う感じがします
かなり音のノビや存在感を作り込めるし
録音でもライブでも結構使ってます
音ヌケも断然よくなります
ただ、ややローが足りなくなるので、EQと合わせて
好みのポイントを見つけると楽しいです

Maxon RCP660COMP

SENSITIVITY(センシティヴィティコントロール)
感度を調節

ATTACK(アタックコントロール)
音の立ち上がり調整

MASTER(マスターレベルコントロール)
出力レベル調整

SUSTAIN(サスティンコントロール)
音の持続レベル調整
コンプレッション効果の調整

 

MAXON RCP660

新品価格
¥14,580から
(2014/8/2 22:15時点)

MAXON RCP 660 チューブコンプを使った音源↓

 

あと、コンボアンプをプリアンプ代わりによく使ってました

それは以前、というか20年以上前にバンドの友人から

”捨てるけどいる?”

”うん いる”

ってことでやって来たコンボアンプなんですが笑

※上記の写真のコンボアンプですw
(TECNAS β-20CL)もう販売されてないようです笑

大きな音出すと バリバリ〜〜〜!って歪むんで大きな音は出せません笑

 

ですがこれに内蔵されてるCOMPがたまらなくいい味をだしてて、

それからCOMPに対する考え方が変わり、COMPの面白さに気づくのですが

そしてギターにもかなりあうんです笑

軟らかくファットになり、ヌケがよくなるんです!
(あくまでもライン直でクリン設定よりいいということですがしかも私的に…)

 

 

というように、

好きなアンプやプリアンプ、設定を見つけること
が一番ですよね………

ですが、私の場合、このアンプは流石にライブでは使えないので、
録音でも最近はわざと使ってません笑
(音のニュアンスを再現出来ないので……)

 

そして余談ですが、私のソロCDの1曲目(記憶)はベースとギターが
やはりTECNAS β-20CLで録音してます笑 一応宣伝しておきますw
“SHORT HOPE” NAW ON SALE

 

コンプ、プリアンプはきっと強い味方になってくれたり

いい遊び相手になってくれますyo

 

 

AVALON DESIGN(アバロンデザイン) U5 / Class A DI Preamp

新品価格
¥56,160から
(2014/8/2 18:09時点)

ALBIT Cranetortioise(クレイントータス) GREAT COMPRESSOR コンプレッサー・エフェクター GC-1

新品価格
¥21,911から
(2014/8/2 18:14時点)

DigiTech デジテック ベース用エフェクター コンプレッサー X-Series Bass Squeeze ベーススクイ―ズ

新品価格
¥6,980から
(2014/8/2 18:19時点)

 

 

スポンサーリンク

(‾ー(‾ー‾) ー‾)v

 


宅録〜フレットレスベース、アップライトベースの設定〜” への3件のコメント

  1. ピンバック: フレットレスベースの音作りについて | REACH_rh.com

  2. ピンバック: maxon RCP660 Real COMP の拡張と抑圧画像 | imagegen7.net

  3. ピンバック: コンプはオリジナルプリセット作成・デフォルト設定しとくと便利 | REACH_rh.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + 5 =